TOEIC®900点でも苦手だった「スピーキング」を8週間で克服できた秘訣とは:英語コーチングのプログリット【PR】

プログリット_利用者インタビュー転載_サムネイル_thumb

本コーナーでは、英語学習に興味のある公認会計士の皆様に向けて、英語コーチングのプログリットを利用頂いた方々へのインタビューをお届けします

TOEIC®900点でも苦手だった「スピーキング」を8週間で克服できた秘訣とは。

H.T

短期間で英語力を飛躍的に伸ばす。それを可能にするのが、英語コーチングのプログリット。今回は、海外取引先とスムーズなディスカッションができず悩んでいらっしゃった、H.Tさんにお話を伺いました。

2 ヶ月でVersant7点アップ!素晴らしいですね!本日はどうぞよろしくお願いします。

ありがとうございます!どうぞよろしくお願いします。

※Versantは、仕事で使える実践的な英語力を測るスピーキングテストのことです。高度な自動言語認識システムを利用しており、国内外の大手グローバル企業や政府機関でも採用されている信頼性の高いスピーキングテストです。

まずはじめに、H.Tさんが英語学習しようと思ったきっかけを教えてください。

アメリカでの学会発表と、そのタイミングでお客様とディスカッションすることが決まっていたことがきっかけです。

スムーズな質疑応答とディスカッションをしっかりとできるようになりたいと思っていました。

プログリットを始められる前は、どれくらいの英語力をお持ちだったんですか?

TOEICは900点くらいでしたね。ただ、リスニングやスピーキングが苦手で。

一度、アメリカからお客様が来日されてディスカッションをしたことがあったんですが、その時は言うことを事前に頭の中で考えて、文章をゆっくり組み立ててから発言していました。

考えることに集中してしまっていたので、会話になっていませんでしたね。

当時、ご自身で学習を進めたりしていましたか?

MBAの講習や模擬テストを複数回繰り返すことでTOEICの点数は伸びましたが、リスニングとスピーキングがやはり課題だったので、対面のマンツーマンの英会話教室に半年~1年ほど通いました。

ただ、トピックが定まっていなかったのと、雑談をほんの少し深堀りしたくらいのクオリティーだったので、目的と効果が見えずに辞めてしまいました。

英会話スクールで効果がでなかった。そんな時プログリットと出会ったんですね。

はい。たまたま、とある本を読んで「英語コーチング」という存在を知りました。その後、英語コーチングについてインターネットで調べていた時、プログリットに出会ったんです。

プログリット受講の決め手は何でしたか?

実際の受講生の声で、TOEICの点数が高くても英語が話せなかったような人が、プログリットを受けて話せるようになったというコメントを見たことですね。「自分に近い状況の人がいる」ということが決め手になりました。

また、カウンセリングでは現在の英語力を分析するんですが、単に英語力を分析するだけではなく、課題やそれに対する効果的なアプローチもしっかりと教えてくれて。「確かにそれをやったら結果がでそう」と納得感を得られましたね。

実際にプログラムを受けた感想をお聞かせください。

プログラム中、日々の学習の積み重ねがしっかり結果に出ているという実感を得ることができました!

英語学習は筋トレみたいなもので、簡単に身につくものではない。ただ、繰り返しやっていくことで自分でもわかるくらいの成果を得られたんです。

あとは、学習に迷いなく集中できるというのが良かったです。自分一人でやると、色々な教材に手を出したりしてPDCAの「Do」がおろそかになってしまう。プログリットだと、それがないんです。

選択と集中で結果を出すことができました。

具体的に結果を感じたのはどのような瞬間ですか?

アメリカで参加した学会で、スムーズにプレゼンができただけでなく、ディスカッションもスムーズに行うことができたときですね。

タイムラグのないディスカッションや会話ができるようになった時に、「かなり変わったな」という実感を得られました。

プログラム中に工夫されたことはありますか?

私の場合、通勤時間が長いので、電車の中や歩いている時間を有効活用していました。

家にいるときは、お風呂の時間や食事の時間も、「ながら」でできることをやっていました。

また、週に1回の面談の際には、学習の優先順位をコンサルタントの方に教えていただいて、やり方だけではなく自分に合わせた学習カリキュラムを立てていただきました。

受講後のVersantが50点から57点に7点アップしていらっしゃいますが、特に「流暢さ」の項目の上り幅が大きいですね。

課題の一つだった「やり取りでのタイムラグ」が解決されたんだと思います。

英作文や単語のトレーニングでは、中途半端ではなく本当に瞬間的にできるようになるまで妥協しませんでした。英語を脳内から引き出す作業をどんどんスムーズにすることで、実際の現場でもタイムラグのないディスカッションができるようになりました。

ありがとうございます。最後に、受講を考えていらっしゃる方にメッセージをお願いします。

プログリットは、明確な目標があって、短期で英語力を伸ばしたいという方には最適だと思います。

カリキュラムも「絶対やるべし!」という必要最低限のエッセンスが濃縮されているので、それを素直にやっていくと結果がついてきます。

カウンセリングでも毎週の面談でも、カリキュラムの細かい部分に対して納得感を持つことができるので、今までの英語学習とは比べ物にならないほど、学習に集中して取り組むことができます。目標がある方は是非やってみてください!

→他のインタビューを見る

本気の英語学習ならプログリット

英語コーチングのプログリット_広告バナー

まずは無料カウンセリングへ

公認会計士の受講者も多数!英語の初級者・中級者・上級者などのレベルに関わらず、あなたの英語学習の状況や課題をヒアリングさせて頂き、最適な学習プログラムを設計いたします。

無料カウンセリングのお申し込みはこちら

引用元:TOEIC®900点でも苦手だった「スピーキング」を8週間で克服できた秘訣とは。 | 短期で伸びる英語コーチング プログリット(PROGRIT)

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


南青山グループ


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


太陽有限責任監査法人

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

税理士法人令和会計社


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー


英語コーチングのプログリット


会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


企業の持続的成長を支援するエスネットワークス


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. 弥生会計×クラウド請求書サービスMisoca

    会計ソフト最大手がスタートアップ買収を決断した理由:弥生がMisoc…

  2. 次世代のキャリアモデル、グローバルで活躍する公認会計士 前編-Ca…

  3. くわえもんの「会計士の悩みは俺に聞け!」

    独立を成功させたい!富裕層や資産家との人脈を作るにはどうしたら…

  4. 東京共同会計事務所 公認会計士・原田昌平氏

    第1回:金融専門の公認会計士、ロンドンへ行く【連載:不動産金融の…

  5. 公認会計士のリアル_5_渡辺匡章氏_サムネイル

    エスネットでのアツいIPO支援の話(公認会計士のリアル 第5回:渡辺…

  6. 【開催報告】第2回・公認会計士ナビonLive!! が開催されました!

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント