PwCコンサルティング、ユーザー起点のプライバシー対応推進に向け、プライバシーに関するUXの高度化支援サービスを提供開始【PR】

【PR:PwCあらた監査法人様】

PwCあらた有限責任監査法人_ロゴ_記事トップ_202007_new

調査・分析からプライバシー管理の統合基盤構築まで一気通貫で支援

2020年8月18日
PwCコンサルティング合同会社

PwCコンサルティング合同会社(東京都千代田区、代表執行役CEO:大竹 伸明)は8月18日、企業によるユーザー起点のプライバシー対応支援強化に向け、プライバシーに関するユーザーエクスペリエンス(UX)の調査・分析およびプライバシー管理の統合基盤構築を支援するサービスの提供を開始しました。

ユーザー起点のプライバシー対応が求められる背景

企業活動や顧客体験のデジタル化の進展により、企業によって収集できるユーザーのデータはますます多様化し、人々のプライバシーに対する意識も変化しています。また、欧州では2018年にEU一般データ保護規則(GDPR)施行、日本では2020年6月に個人情報保護法改正法案が成立するなどプライバシー関連法規が厳格化されたことで、パーソナルデータはユーザー自身で管理するものになってきています。同時に、テクノロジーの進化によりプライバシー対応の仕組みをより高度化できるようになったことから、プライバシーへの対応状況が企業の競争優位を作り出すようになっています。一方で、従来、企業によるプライバシーや個人情報保護は、法令への準拠や情報漏えい防止に向けた対応が主であったことから、プライバシーに対するユーザー意識の高まりを踏まえた対応は遅れており、企業による個人情報の取り扱いや説明責任などに関するユーザーの不安や不満に応えられていないという課題がありました。

これらの背景や課題を踏まえ、当社は、ユーザー起点でのプライバシー対応状況を把握するためのプライバシーに関するUXの調査・分析、そして、現状を踏まえた上で、パーソナルデータ管理におけるUXおよびデータ管理の高度化を実現するプライバシー管理統合基盤構築を支援します。

プライバシーに関するUXの調査・分析

ユーザー起点のプライバシー観点から、ウェブサイトやモバイルアプリケーション、コンタクトセンターといった顧客接点におけるUXを評価し、改善施策を提示します。プライバシーポリシー公開、プライバシー設定、個人データ管理の3つの機能に関し、コミュニケーションの平易さ、顧客から期待されるレスポンス提供の可否などを調査・分析します。評価は、サービス単体もしくはサービス横断(企業や組織単位)で実施可能です。また、PwCが他社・業界調査結果から作成したベンチマークとの比較も可能です。

プライバシー管理統合基盤構築支援

「プライバシーに関するUXの調査・分析」を通じて把握した現状を踏まえ、各企業に最適なプライバシー管理統合基盤構築を支援します。同基盤により、ユーザー側では、自身による提供データの管理、オプトイン/オプトアウトに対する柔軟な情報連携が可能になります。企業においては、ユーザーより連携された個人情報やコンセントマネジメント、そして各種設定情報などの各種データの集中管理、および用途ごとに整備されたAPIを通じた同データの簡便な活用ができるようになります。

当社は、プライバシーに対するユーザー意識の高まりに対応し、企業がユーザーの信頼を獲得できるようなパーソナルデータ管理基盤を構築し、ユーザーとの関係強化および適切なデータ利活用を推進していくことを支援します。

以上

PwCコンサルティング合同会社について

PwCコンサルティング合同会社は、経営戦略の策定から実行まで総合的なコンサルティングサービスを提供しています。PwCグローバルネットワークと連携しながら、クライアントが直面する複雑で困難な経営課題の解決に取り組み、グローバル市場で競争力を高めることを支援します。

詳細はこちら

PwCについて

PwCは、社会における信頼を築き、重要な課題を解決することをPurpose(存在意義)としています。私たちは、世界157カ国に及ぶグローバルネットワークに276,000人以上のスタッフを有し、高品質な監査、税務、アドバイザリーサービスを提供しています。

詳細はこちら

PwC Japanグループについて

PwC Japanグループは、日本におけるPwCグローバルネットワークのメンバーファームおよびそれらの関連会社の総称です。各法人は独立した別法人として事業を行っています。

複雑化・多様化する企業の経営課題に対し、PwC Japanグループでは、監査およびアシュアランス、コンサルティング、ディールアドバイザリー、税務、そして法務における卓越した専門性を結集し、それらを有機的に協働させる体制を整えています。また、公認会計士、税理士、弁護士、その他専門スタッフ約9,000人を擁するプロフェッショナル・サービス・ネットワークとして、クライアントニーズにより的確に対応したサービスの提供に努めています。

詳細はこちら

引用元:PwCコンサルティング、ユーザー起点のプライバシー対応推進に向け、プライバシーに関するUXの高度化支援サービスを提供開始 | PwC Japanグループ

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


南青山グループ


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


太陽有限責任監査法人

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

税理士法人令和会計社


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー


英語コーチングのプログリット


会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


企業の持続的成長を支援するエスネットワークス


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. onlive5_第5回_公認会計ナビonLive!!

    監査法人の中には実はライバルは少ない!?20代でPwCのマネージャー…

  2. 従業員満足度No.1チーム!PwCあらた監査法人の若手マネージャーが語…

  3. 公認会計士試験合格発表2019年

    【速報】令和初の会計士試験の合格者は1,337名!令和元年(2019年)…

  4. 弥生会計 代表 岡本氏 クラウド請求書サービスMisoca 代表 豊吉氏 その1

    会計ソフトは消え、コマースソフトへと進化する!?会計士や税理士…

  5. 株式会社Stand by C_ロゴ_thumb

    株式会社Stand by C 様にゴールドスポンサーにご協賛頂きました【公…

  6. あずさ監査法人の業績ってどうなの?過去6年間の決算書を分析!

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント