ワイヤカード不正会計疑惑の責任EYの追及へ、コロナ禍の四半期レビュー留意事項公表、PwCジャパングループ3法人のトップ交代など3件:今月の会計士業界ニュース(2020年7月その1)

2020年7月の、監査法人、四半期レビュー関連のニュースをまとめました。

2020年6月27日、7月1日にリリースされた「ワイヤカード不正会計疑惑の責任、EYの追及へ」「コロナ禍の四半期レビュー留意事項公表」「PwCジャパングループ3法人のトップ交代」の3件のニュースをご紹介します。

ワイヤカード不正会計疑惑の責任、EYの追及へ

ドイツのフィンテック企業ワイヤーカードの巨額不正疑惑が連日報道されています。エンロン事件のアーサー・アンダーセン解体を思い出し、監査法人に対して責任追及がされるのか、事件経過を注視している方も多くいらっしゃると思います。

今回、不正会計疑惑に揺れるワイヤーカードの監査を担当するEYに関する記事が、日本経済新聞よりリリースされています。

独フィンテック企業ワイヤーカードの不正会計疑惑で、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は26日、会計監査を担当していたアーンスト・アンド・ヤング(EY)が預金残高の十分な確認を3年間怠っていたと報じた。

引用元:監査、預金確認3年怠る ワイヤーカード不正会計疑惑(日本経済新聞 2020年6月27日付)

記事によると、EYはワイヤーカードのオーバーシー・チャイニーズ銀行の口座(最大10億ユーロ、約1200億円)について、銀行側に直接の確認を取っていなかったということです。ドイツの個人投資家団体SdKは、EYの新旧の担当者3人を刑事告発したと伝えられています。

これほど多額の銀行口座を直接確認しないことは普通はありえず、会計士の方ならこの状態で監査意見を出すことに気持ち悪さを感じるのではないでしょうか。ご興味のある方は以下をご参照ください。

コロナ禍の四半期レビュー留意事項公表

新型コロナウィルス感染に関連して、日本公認会計士協会から監査上の留意事項が続々と公表されていますが、6月30日付けで新たに「新型コロナウイルス感染症に関連する監査上の留意事項(その6)」が発出されました。

今回、これを踏まえて四半期レビューの監査上の留意事項に関する記事が、日本経済新聞よりリリースされています。

日本公認会計士協会は1日までに、監査法人に対して企業の四半期報告書をレビューする際の留意事項を公表した。

引用元:会計士協会「企業のコロナ収束仮定、四半期報告でも」(日本経済新聞 2020年7月1日付)

記事によると、有価証券報告書の段階から新型コロナウイルスの感染拡大や収束の仮定に変更があるかどうかについて、企業が四半期報告書で明示するように、監査法人に対して注意喚起しているということです。また、経営環境の悪化や会計上の見積もりについて、新型コロナウィルスによる影響がないかについても、留意するよう伝えています。

新型コロナウィルスの影響で、今まで良好な経営環境だった企業が、一転して継続企業の前提に疑義が認められるケースも出ており、四半期レビューでも気を緩めることはできません。ご興味のある方は以下をご参照ください。

PwCジャパングループ3法人のトップ交代

新しい期を迎えるこの時期、例年、トップ異動のニュースが報じられています。今回はPwCジャパングループの3法人のトップ交代が発表されました。

今回、PwCジャパングループの3法人のトップ交代に関する記事が、日本経済新聞よりリリースされています。

PwCジャパングループのPwCコンサルティング、PwC弁護士法人、Pwc税理士法人は1日、同日付で3社の新トップが就任したと発表した。

引用元:PwC、日本3法人でトップ交代 コンサル代表は大竹氏(日本経済新聞 2020年7月1日付)

記事によると、PwCコンサルティングの代表執行役に大竹伸明(おおたけ のぶあき)氏、PwC弁護士法人の代表に北村導人(きたむら みちと)氏、PwC税理士法人の代表に高島淳(たかしま じゅん)氏がそれぞれ就任したと伝えられています。

PwC Japanから今回の新体制についてリリースが出ていますので、こちらもご覧ください。

PwC Japan Webサイトによると、大竹氏は、自動車業界を中心に製造業に従事されてきた方で、大規模プロジェクトにおけるプロジェクト管理を得意とされているそうで、今後さらなる活躍が期待されます。

他のBIG4では、7月1日付けで、EYトランザクション・アドバイザリー・サービス(株)の新代表取締役及びEY Japan リージョナルストラテジー・アンド・トランザクションリーダーに梅村秀和(うめむら ひでかず)氏が就任されています。

PwCあらた監査法人はBIG4監査法人の中でも特にアドバイザリー業務に強い印象がありますが、大竹代表のもと新体制となったPwCコンサルティングとの連携で、さらに力を入れていくことになるのでしょうか。ご興味のある方は以下をご参照ください。

(著者:大津留ぐみ / 大津留ぐみの記事一覧

この記事の著者

→記事一覧

【大津留ぐみ:公認会計士・税理士/会計士・税理士専門ライター】 大学在学時にシェイクスピアを学んだことをきっかけに劇作家を目指すも挫折。編集プロダクションで編集やライティング業務に従事した後、公認会計士試験にチャレンジし合格。大手監査法人の東京事務所にて監査業務、財務デューデリジェンスなどに従事。 その後、フリーランスの公認会計士として非常勤監査、税理士法人の社員税理士として税務業務に従事しつつ、大津留ぐみのペンネームでライターとしての執筆活動にも従事。ライターとして、お金、社会保障、会計、税務などに関する記事を執筆。また、2児の母となったことをきっかけに、子どもの貧困や教育格差、子どものイジメに関する記事なども執筆。現在は、株式会社ワイズアライアンスの専属ライターとして会計・税務の記事を執筆しつつ、会計事務所にて内部統制業務にも従事するパラレルワーカー。公認会計士・税理士。

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


Ohwa_banner_應和監査法人_agn INTERNATIONAL_バナー用


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ


令和アカウンティング・ホールディングス



【ゴールドスポンサー様】


南青山アドバイザリーグループ


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー

株式会社アイティーフィット_ロゴ


TKW M&Aファイナンス会計税務事務所_ロゴ


会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. 監査法人が処分を受けた理由は?TOP・サムネイル画像

    監査法人が処分を受けた理由は?金融庁の監査法人への行政処分を流…

  2. 東北から東京へ、ある会計士試験合格者のチャレンジ。-僕が監査法…

  3. 弥生PAPカンファレンス2020秋_KVI税理士法人

    弥生の記帳代行支援を活用し業務の効率化を実現したKVI税理士法人:…

  4. くわえもんの「会計士の悩みは俺に聞け!」

    会計士の仕事に経済学は役立つ?商学部と経済学部のどちらに進学す…

  5. 会計士がスタートアップに転職する際の不安は3つ。経済合理性を考…

  6. 武地 健太氏_freee株式会社_第8回 公認会計士ナビonLive!!

    監査はなくならないがテクノロジーは高速で進化している、会計士が…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント