将来のMBA留学に向けて、「英語力の基礎」を身につけた2ヶ月。TOEIC®は、10分程余裕をもって解き切れるように:英語コーチングのプログリット【PR】

プログリット_利用者インタビュー転載_サムネイル_thumb

本コーナーでは、英語学習に興味のある公認会計士の皆様に向けて、英語コーチングのプログリットを利用頂いた方々へのインタビューをお届けします。

将来のMBA留学に向けて、「英語力の基礎」を身につけた2ヶ月。TOEIC®は、10分程余裕をもって解き切れるように。

吉田 俊

短期間で英語力を飛躍的に伸ばす。それを可能にするのが、短期で伸びる英語コーチング プログリット。今回はTOEIC®コースをご受講された吉田さんにお話を伺いました。

まず最初にプログリットに参加された目的をお聞かいただけますか?

将来のMBA留学を実現するために、継続的に英語力を高める必要がありました。しかし独学では勉強が継続しなかったり、余り効果的でない手法を行ってしまったりして、非効率的だと考えていました。そのため英語力を高めるために優れたコーチングスクールを探していました。コーチングスクールに限定して探していた理由は、それが英語を身に着けるために合理的なアプローチだと考えていたためです。

プログリットに相談に行ったところ、受講生の課題をしっかりと認識し、課題に対してフレキシブルに学習方法を変えていくアプローチが合理的だと感じ、参加することに決めました。

プログリットを受講されて、いかがでしたか?

過去いくつかコーチングスクールに参加してきましたが、その中でも最も成長の手応えを感じました。特に大きく以下3点が他スクールと比較して優れていると感じました。

  • シャドーウィングやリスニングだけではなく、弱点に合わせて様々な学習ができること。
  • 英語のスキルを定量的・客観的に把握し問題解決していくこと。
  • 学習期間の全体的なスケジュールと毎週の学習スケジュールが明確で、学習に対する意欲が上がること。

結果として確かな英語力の上昇を感じるとともに、効率的で自分に合った勉強方法の型を身に着けることができました。

専属コンサルタントの対応はいかがでしたか?

的確なアドバイスにいつも感動していました。LINEで相談や質問をした際には、毎回論理的な分かりやすい回答をしていただきました。また毎週のディスカッションで私の弱点や今後の学習方針を明確に示していただけるので、かなり信頼して学習計画をお任せすることが出来ました。

普段の仕事との両立はどのようにされていたのでしょうか?

主に昼のランチタイムと、仕事終了後から寝るまでの時間を勉強に充てました。数ヶ月間は勉強の優先度を高く設定し、飲み会や遊びの予定などを極力断るようにしました。断りやすくするために、あえて周りの人たちにはプログリットに通っていることを伝えるようにしました。また年末年始や絶対に参加が必要な飲み会がある日などは事前にコンサルタントと相談して、勉強のスケジュールを別日に調整するようにしました。

結果として1日4-5時間程度を勉強時間に充てることができました。独学ではとてもこれだけの量を勉強することはできなかったと思います。

受講後どのような変化がありましたか?

TOEIC®では以下3点の変化が発生しました。

  • 750 点程度だったスコアが、コンスタントに850点程度取得できるようになった。
  • 速読力が上昇し、TOEIC®の試験終了のタイミングで5分~10分程度時間を余らせることが出来るようになった。
  • 苦手な文法の正答率を70%程度から85%程度まで上昇させることができた。

また、TOEIC®のスコアだけではなく、今後の学習に以下3点の変化がありました。

  • 目標を設定し、逆算して勉強計画を作り、定量的・客観的に成果を評価しながら学習する型が身についた。
  • 忙しい時でも勉強を継続させる習慣がついた。
  • 過度のお酒や睡眠など、時間を浪費する活動に罪悪感を抱くようになり、結果として時間を有効活用できるようになった。

プログリットを検討している方にメッセージをお願いします。

英語を身に着けるのはとても大変です。忙しいビジネスマンが英語を身に着けるためには、最も高い効率で、可能な限りの時間を使う必要があると思います。そしてこの2点を独学で満たすのは、かなりハードルが高いと感じています。効率の良い学習方法を見つけていくのに時間がかかりますし、仕事が忙しい時や疲れているときに自身をモチベートして学習を継続するのは誰しも難しいのではないでしょうか。
プログリットではこの2点に対して徹底的にサポートを行ってくれるため、短期間の受講で確実な英語の成果が出ると感じました。英語を本気で身に着けたい方は、ぜひ一度検討されるとよいと思います。

→他のインタビューを見る

本気の英語学習ならプログリット

英語コーチングのプログリット_広告バナー

まずは無料カウンセリングへ

公認会計士の受講者も多数!英語の初級者・中級者・上級者などのレベルに関わらず、あなたの英語学習の状況や課題をヒアリングさせて頂き、最適な学習プログラムを設計いたします。

無料カウンセリングのお申し込みはこちら

引用元:将来のMBA留学に向けて、「英語力の基礎」を身につけた2ヶ月。TOEIC®は、10分程余裕をもって解き切れるように。 | 英語コーチング プログリット(PROGRIT) | 一生モノの、英語学習体質を。

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


南青山グループ


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


太陽有限責任監査法人

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

税理士法人令和会計社


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー


英語コーチングのプログリット


会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


企業の持続的成長を支援するエスネットワークス


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. 令和元年度公認会計士試験修了考査合格発表サムネイル

    過去最低の合格率!修了考査に何が起きた!?令和元年度・修了考査…

  2. 会計士のキャリア小六法_第8回サムネイル

    【第8回】公認会計士はTOEICを何点とれば転職に有利なのか?:会計…

  3. 平成25年(2013年)公認会計士試験合格発表!とその考察

  4. 経営共創基盤マネジャー・公認会計士・鈴木 博史氏

    会計以外にどれだけ自分の世界を広げられるか-経営共創基盤のマネ…

  5. 産休・育休から復帰しやすい監査法人はどこなのか!?女性や若手会…

  6. 【開催報告】 若手公認会計士のための勉強会 第3回:IPO支援(株式…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント