マネーフォワード、セブン銀行との更新系API連携を開始【PR】

  • 2017/11/9

【本記事は株式会社マネーフォワード様からのプレスリリースです】

クラウド型経費精算システム『MFクラウド経費』からワンクリックで経費の振込依頼が可能に

 お金のプラットフォームを提供する株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO :辻庸介、以下「当社」)は、株式会社セブン銀行(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:二子石 謙輔、以下「セブン銀行」)が提供する法人向けネットバンキング『ビジネスwebサービス』と更新系APIの連携を開始いたしました。本API連携※1により、クラウド型経費精算システム『MFクラウド経費』において、ワンクリックでセブン銀行への振込依頼※2が可能になりました。

 なお、当社は2017年3月より住信SBIネット銀行、みずほ銀行、三井住友銀行とも同様の更新系API※3連携を開始しております。また、セブン銀行とのAPI連携は、2017年1月の法人向けネットバンキング『ビジネスwebサービス』と参照系API※3連携に続き第二弾となります。

Open Bank APIについて

 当社は、セキュリティを担保しながらユーザーに新しい金融サービスを提供する「Open Bank API」を2014年から提唱し、国内のFintechベンチャーにおいて最多※4の9つの銀行とAPI連携を実現してまいりました。
 また、当社は、PFMサービスやクラウド型会計ソフトを提供するFintechの代表的プレーヤーとして、金融庁の金融審議会制度ワーキンググループ、経済産業省のFinTech検討会合、全国銀行協会での検討会、金融情報システムセンター(FISC)での有識者会議などで、金融機関のAPI活用のあり方について、様々な提言を行ってまいりました。政府によるさまざまな議論が行われた結果、2017年5月に参議院本会議で改正銀行法が可決され、政府の未来投資戦略2017※5では、2020年6月までに80以上の銀行にオープンAPIを導入する目標が掲げられています。
 Fintechサービスには、開発生産性と高いセキュリティレベルが求められますが、金融機関のAPIがオープンになることで、これらのAPIを活用した様々なFintechサービスが当社以外にも生まれ、金融業界全体の活性化、ひいてはユーザー利便性の向上に繋がっていくものと考えております。引き続き当社といたしましても、金融機関のAPIを活用し、より一層ユーザー利便性の高いサービスの開発、提供を進めてまいります。

  • ※1『MFクラウド経費』の請求書処理においてもワンクリックでの支払依頼が可能になりました。
      詳細:https://corp.moneyforward.com/news/release/20170711-mf-press/
  • ※2 別途、振込依頼に対する承認が必要です。
  • ※3 銀行の口座情報にアクセスするAPI には、参照系APIと更新系APIの2種が存在します。参照系APIは、金融機関の残高や入出金履歴などを外部サービス内で閲覧できるAPI、更新系APIは、外部サービス内から振込などの更新を可能とするAPIです。
  • ※4当社調べ
  • ※5 未来投資戦略2017(https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/pdf/miraitousi2017_t.pdf

本連携の概要

対象:『MFクラウド経費』をご利用の全法人
内容:提供する法人向けネットバンキング『ビジネスwebサービス』との連携により、『MFクラウド経費』内で下記が可能になります。
①従業員の立替経費精算から振込依頼までを完結できます。
②受領した請求書の申請・承認から支払い(お取引先への支払い)までを完結できます。
*連携には、別途各銀行のネットバンキング利用契約を締結いただく必要があります。

これまでの当社のAPIに関する取り組み(五十音順)

経費精算ソフト『MFクラウド経費』の概要

「完全自動化」、「スマホで完結」、「ペーパーレス」を特長とし、面倒な経費に関する作業を従来の約10分の1で完了させることができるクラウド型の経費精算ソフトです。中小企業の経営者や経理等のご担当者、確定申告の準備中の方から経費精算申請をするビジネスマンまで、経費に関わる全ての方がご利用いただけます。

特長:

  1. 完全自動化
    • クレジットカードや電子マネーの明細の自動取得に対応
    • 『ICカードリーダー by マネーフォワード』でSuicaやPASMOの明細もワンタッチで取込可能
    • 科目は自動学習機能で自動分類
    • 経路を入力するだけで、交通費の自動算出が可能
    • オペレータ入力機能の利用で、撮影した領収書も自動で計上
    • 『MFクラウド会計・確定申告』と自動連携
    • 『MFクラウド給与』と自動連携
  2. スマホで完結
    • 経費申請・承認のワークフローもスマートフォンで完結
  3. ペーパーレス
    • スマートフォンで撮影した領収書は、『MFクラウド経費』内に電子データで保管
    • 電子帳簿保存法にも対応・申請された経費データと添付された領収書の照合がオンライン上で可能

URL:

株式会社マネーフォワードについて

2012年5月の設立以来、自動家計簿・資産管理サービスや、ビジネス向けクラウドサービスなど、お金に関するプラットフォームを開発・提供しています。

提供サービス一覧

本件に関するお問い合わせ先

株式会社マネーフォワード 
広報担当:柏木、稲増 
E-mail:pr@moneyforward.co.jp

引用元:マネーフォワード、セブン銀行との更新系API連携を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公認会計士ナビが転職をサポート!

公認会計士のための転職エージェント

過去の注目記事

  1. ERP講座導入事例編_サムネイル
    本記事は、東証マザーズ上場の株式会社ビーブレイクシステムズ様のご提供で、クラウドERPパッケージ…
  2. 税理士や公認会計士の増加や日本経済の停滞などの影響から会計業界の閉塞感が叫ばれる中、それを切り拓くヒ…
  3. 来る7月5日(土)に「独立・開業」「海外・グローバル!」をテーマにした第2回・公認会計士ナビonLi…
  4. 近年、公認会計士にも英語力が必要とされる時代となってきています。若手会計士のみなさんはどのように英語…
  5. 独立・開業は公認会計士の多くが憧れる夢のある選択肢です。一方で、実際に独立するとなると、資金やオフィ…
  6. 来る7月5日(土)に「独立・開業」「海外・グローバル!」をテーマにした第2回・公認会計士ナビon…

更新情報

公認会計士ナビの更新情報は下記よりご購読頂けます。

follow us in feedly

公認会計士ナビをフォロー
公認会計士ナビ RSS

公式サービス

公認会計士のための転職エージェント

公認会計士ナビの人材紹介サービス

公認会計士ナビのスポンサー募集

会計事務所求人名鑑

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサーにサポート頂いております。

[プラチナスポンサー様]

あらた監査法人

株式会社エッサム

弥生会計

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

青山綜合会計事務所

税理士法人平成会計社

ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷

企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ

[ゴールドスポンサー様]

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ

企業の持続的成長を支援するエスネットワークス

海外進出支援のCaN International

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

レアジョブ英会話・本気塾

→スポンサー企業一覧

→スポンサープラン詳細

会計士の独立に!:PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■クラウド・Eラーニング

会計士の税務スキル習得にクラウド・Eラーニング

■JCBの法人・事業者カード

会計士の独立にJCB法人カード

ページ上部へ戻る