監査法人との違いはビジョン!?会計士が語ったスタートアップで感じた魅力【第8回・公認会計士ナビonLive!!(1)】

  • 2018/8/17

来る2018年9月1日(土)に東京・茅場町にて「会計士とスタートアップの関わり方」「“フリーランス会計士”というキャリア」をテーマに第9回・公認会計士ナビonLive!!が開催されます。 

本記事では第9回の開催に向けて、今年1月に開催された第8回・公認会計士ナビonLive!!の内容を振り返ります。 

第8回 公認会計士ナビonLive!!のトークセッションでは、「公認会計士が活躍できるのは事業会社かコンサルか!?」をテーマに、事業会社とコンサルティングファームで活躍する5名の公認会計士と、会計業界に精通した転職エージェントでもある公認会計士ナビ編集長が、公認会計士のキャリアについて語りました。 

※本記事はセッションでの発言を一部補足・編集した記事となっております。

第8回 公認会計士ナビ on Live!!

~公認会計士が活躍できるのは事業会社かコンサルか!?~

【日時】 2018年1月27日(土)13:30~16:30
【場所】 野村コンファレンスプラザ日本橋6階
【トークセッション テーマ】公認会計士が活躍できるのは事業会社かコンサルか!?
【登壇者】
・東 陽亮(株式会社GameWith 取締役管理部長 公認会計士)
・石倉 壱彦(株式会社3ミニッツ 取締役CFO 公認会計士)
・長田 新太(グローウィン・パートナーズ株式会社 シニアヴァイスプレジデント 公認会計士)
・武地 健太(freee株式会社 専務執行役員CPO(Chief Partner Officer) 公認会計士)
・渡辺 匡章(株式会社エスネットワークス マネージャー 公認会計士)
【モデレーター】
・手塚 佳彦(公認会計士ナビ編集長/株式会社ワイズアライアンス 代表取締役 CEO)

※登壇者の役職、肩書等はイベント開催時のものです。

本記事では、トークセッション「公認会計士が活躍できるのは事業会社かコンサルか!?」より、株式会社GameWith 取締役管理部長 東 陽亮 氏(公認会計士)のコメントをご紹介します。

登壇者

株式会社GameWith取締役管理部長/公認会計士 東 陽亮氏

東 陽亮
株式会社GameWith 取締役管理部長/公認会計士

2006年、公認会計士試験合格。監査法人トーマツに入所し、トータルサービス部にて法定監査、内部統制監査、IPO支援などに従事。その後、株式会社サイバーエージェントに転職し、単体決算、連結決算、開示業務と一連の経理業務等に従事。サイバーエージェント退職後、フリーコンサルタントとして上場会社の決算支援や上場準備会社のIPO関連業務などに従事した後、2015年の夏、株式会社GameWithへ参画。

【参考記事】

※所属企業・役職等はイベント登壇時のものです。

 

監査法人と事業会社の違いは“ビジョン”、同じベクトルに向かって進む

サイバーエージェントで叩き込まれた“勝ちマインド”

監査法人トーマツのトータルサービス部で上場支援に従事する中で、事業会社で働きたいという思いを強くしていった東氏。

サイバーエージェントやGameWithなど著名な成長企業に転職してみて、良かったと思うところはどのようなことだったのだろうか。まずサイバーエージェントで感じたことを聞いてみた。

サイバーエージェント、また、GameWithにも共通することなのですが、会社のミッションに共感して同じベクトルでコミットするというのは、監査法人では経験したことがない感覚でした。

また、サイバーエージェントでは、“勝ちマインド”を徹底して叩き込まれました。勝ちマインドとは、バックオフィス部門の業務を最小化し、残りのリソースを事業部貢献の時間に充てることで「事業部ファースト」を徹底させることです。

転職活動をした時、会社選びのポイントは2つありました。動きが激しくてもどんどん成長していることと、経理実務が経験できる上場会社であることという2点です。

そこにぴったり合致したのがサイバーエージェントで、実際に転職してみたら思った通りの会社でした。

GameWithというスタートアップ、社長のビジョンを達成するために多様なメンバーがまとまる感覚

株式会社GameWith取締役管理部長/公認会計士 東 陽亮氏

その後、上場企業のサイバーエージェントから、スタートアップであるGameWithに転職する。上場企業とベンチャーの両方を経験してみて、両者にはどのような違いを感じたのだろうか。

GameWithはゲームの開発をやっているわけではありませんが、その周辺領域の成長産業ということに魅力を感じて転職しました。何より『ゲームをより楽しむ世界を作る』という社長の今泉のビジョンに共感しました。

サッカーも野球もゲームなのに、デジタルゲームの地位はすごく低い。サッカーや野球をやると親は喜ぶけど、テレビゲームをやると嫌がられる。なぜかというと、ゲーマーという職業ではお金が稼げないからだと思うのです。

弊社は、職業としてのゲーマーの地位を上げていきたいと思っていて、遠くない未来に実現しようとしています。

企業理念として掲げ、自分一人ではできないことを会社一丸でやっていくというところに、事業会社の魅力を感じました。

監査法人と事業会社の違いは、“ビジョン”

事業会社には独自の企業理念がある一方で、監査法人でビジョンを身近に感じることはないだろう。

トーマツでは多くのクライアントに行きましたので、愛社精神という感覚よりも、クライアント愛みたいなものがありました。

一方で、弊社の場合はアルバイトの方も多数いて、各ゲームの上位0.1%くらいのトップゲーマーの方がゲームの攻略法などをライティングしていたりもします。

アルバイトの方の中には、ゲームと関連のないお仕事を辞めてこられた方や学生の方もいたり、職業はバラバラです。ですが、ゲームが大好きというところは振り切れている人ばかり集まっています。

その人たちが社長のビジョンに共感して、ゲーム好きというところでつながっています。自由で、振り切れていて、とにかく面白い会社です。

そういったいろいろなバックグラウンドの人がビジョンに向かって同じ方向に進むというのは、事業会社だからこそ体験できることだとも思います。

事業会社で求められる管理部長のマネジメント力とは?

多種多様な人を統括する難しさ

株式会社GameWith取締役管理部長/公認会計士 東 陽亮氏

監査法人から上場企業の経理部門、そしてベンチャー企業の管理部長としてマネジメントする立場になった東氏だが、事業会社でマネジメントをすることについて、どのように感じているのだろうか。

管理部長として、経理・法務・総務などを管轄しています。事業会社ですからいろんな人がいます。

多様な人が一体になる面白さがある一方で、多様な人をまとめていく難しさもあります。

監査法人のように同じような人の集団だとすぐに話が通じると思うのですが、男性女性がいて年齢もいろいろ、バックグラウンドもいろいろで、今でも難しさを感じています。

管理部の課題、それにどう取り組むべきか

管理部をマネジメントするなかで、どんな課題があるのだろうか。また、それらに対してどのように取り組んでいるのだろうか。

管理部の存在意義として、事業サイドにどれだけ貢献できるかが重要です。決算が締められることは当たり前で、社内の相談にも対応していかなければなりません。

現状は、私と女性の会計士の方と上場会社にいたマネージャーの方の3人体制で実務をこなしていますが、自分が手を動かすのではなく、仕事を任せられるチームを早く作らなければいけないと思っています。

また、メンバーには、テクノロジーを利用してルーティンは極力減らすようにと言っています。今はまだ完全にはできていませんが、事業部への貢献を行う業務や突発的な業務に取り組めるように、メンバーのキャパの2、3割は空けておくようにしたいと思っています。

管理部は、社内からくる相談に対応し、想定されるリスクを最小化しながら事業を推進していかなければなりません。そのために、自分たちが成長ドライバーになっていかないといけないと思っています。ルーティンが足かせになって相談に乗れないようでは、管理部として十分ではありませんので。

このように、今は自分のドメインも会計というよりも、組織やメンバーが成長するということにマインドをセットして、マネジメントをしています。面白さと難しさの両方を感じています。

スタートアップで重要なのは社長とビジョン、転職を考える会計士へのメッセージ

興味があるなら“まず行動”

セッションの最後に、東氏は、監査法人を出て事業会社への転職を考えている会計士の方に対して、以下のようなメッセージを送った。

私はとりあえず行動するタイプで、ずっと考えて行動しないよりも、一歩でも踏み出したほうがいいと思っています。そして、動いたことや自分が決めたことを正解にしていくプロセスが、一番いいのかなと思います。

不安に感じるかもしれませんが、会計士ならだいたい何とかなります。心配いりません。

向いているスタートアップの見極め方

株式会社GameWith取締役管理部長/公認会計士 東 陽亮氏
事業会社の中でもGameWithのようなスタートアップを目指したいと思っている人は、どのように会社を選ぶべきなのだろうか。

特にスタートアップの場合は、社長のビジョンをみんなで実現していく要素が強いと感じます。

自分の場合は、社長が何を考えているのか、信じられる人なのかというところを知りたくて、社長の考え方をものすごく聞きました。

自分に合っている会社なのかどうかの見極めですが、ベンチャーで一番重要なのはやはり社長との相性だと思います。

事業会社にチャレンジしようとする人にとって、その会社に共感できるかどうか、やりがいを感じられる仕事ができるかどうかは、大事な転職のポイントになるだろう。

会社の成長を喜んでくれるステークホルダーのため、そして、より多くのユーザーの方に使ってもらえる喜びを軸に、ベンチャー企業で奔走する東氏。そんな仕事に熱くなれる人がいる会社に出会えたら、それは事業会社に転職するチャンスかもしれない。

公認会計士ナビの転職エージェントサービス

公認会計士に専門特化した転職エージェント

公認会計士ナビを運営するワイズアライアンスでは、公認会計士を専門とした転職エージェントサービスを行っております。業界屈指のノウハウをもとに、転職を希望する業界や職種についてわかりやすく解説。転職活動やキャリアプランの作成を親身に、かつ、論理的にサポートします。

本格的に転職やキャリアアップをされたい方はもちろん、まずは転職するか相談されたい方までどなたでもご利用可能です。ご希望の方は下記よりお申込みください。

転職エージェントサービスを見る


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公認会計士ナビが転職をサポート!

公認会計士のための転職エージェント

過去の注目記事

  1. 本日、平成27年度修了考査の合格発表が行われました。 本年のこの「平成27年度修了考査」は、平成1…
  2. 去る2013年11月23日(土)、山田ビジネスコンサルティグ(以下、YBC)様主催、公認会計士ナビ共…
  3. レアジョブ英会話・本気塾ロゴ_thumb
    平素より公認会計士ナビをご覧頂きありがとうございます。公認会計士ナビ運営事務局です。 この度、レア…
  4. ERP講座導入事例編_サムネイル
    本記事は、東証マザーズ上場の株式会社ビーブレイクシステムズ様のご提供で、クラウドERPパッケージ…
  5. みなさま、新年明けましておめでとうございます。公認会計士ナビ運営事務局です。 公認会計士ナビでは公…
  6. もし、ある日突然、あなたが所属している組織が事業を撤退することとなったらどうするだろう? かつて業…

更新情報

公認会計士ナビの更新情報は下記よりご購読頂けます。

follow us in feedly

公認会計士ナビをフォロー
公認会計士ナビ RSS

公式サービス

公認会計士のための転職エージェント

公認会計士ナビの人材紹介サービス

公認会計士ナビのスポンサー募集

会計事務所求人名鑑

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサーにサポート頂いております。

[プラチナスポンサー様]

あらた監査法人

株式会社エッサム

弥生会計

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

青山綜合会計事務所

太陽有限責任監査法人

税理士法人平成会計社

ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷

企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ

[ゴールドスポンサー様]

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ

企業の持続的成長を支援するエスネットワークス

海外進出支援のCaN International

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

レアジョブ英会話・本気塾

→スポンサー企業一覧

→スポンサープラン詳細

会計士の独立に!:PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■クラウド・Eラーニング

会計士の税務スキル習得にクラウド・Eラーニング

■JCBの法人・事業者カード

会計士の独立にJCB法人カード

ページ上部へ戻る