フリーランス協会が「freee カード」を会員向けベネフィットプランに採択。キャッシュレス化と経理自動化を促進、フリーランスの働き方改革を共同支援【PR】

  • 2017/9/8

【本記事はfreee株式会社様からのプレスリリースです】

freeeが9月15日に発行を予定している事業用クレジットカード「freee カード」が、「一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会」の一般会員向けベネフィットプランとして採択されたことをお知らせいたします。今後、同協会員の希望者に対して、「freeeカード」の申込みと発行を自動化いたします。また同協会経由でお申し込みいただき、「freeeカード」が発行された場合、オンラインのプリペイドカードを特典として提供いたします。freeeは、フリーランスの方々のキャッシュレス化と経理業務の自動化を実現することで、同協会と共に「フリーランスの働き方改革」に一層尽力してまいります。

170904_summary

フリーランスにとって、事業用クレジットカードの利用は一般的ではない

一般的にフリーランスは「社会的信用を得るのが難しい」(注1立場であり、事業用クレジットカードの発行が容易ではありません。またフリーランスが多く含まれると思われる従業員10人未満の組織において、業務用の支払いに対する事業用クレジットカードの利用率は16%(注2に留まっており、事業用クレジットカード市場の認知度とカードの申込みルートの改善も必要(注2とされています。

そこでfreeeは、本年9月15日から発行を予定している「freee カード」を通じて、フリーランスでも免許証などの身分証の提示でカードの発行が可能であることに加え、「クラウド会計ソフト freee」と「freee カード」を同時に使うことで、「freee カード」の使用実績から決済限度額を拡大することも可能といった特典も採り入れ、業務用支払いにおけるキャッシュレス化を推進してまいります。

フリーランス協会との連携を通じて、「freee カード」の導入推進を加速

freee はフリーランス協会の幹事会員として、本年1月の設立当初から支援を行い、「クラウド会計ソフト freee」の優待プラン等を提供するなど(注3、フリーランスの方々の経理業務の自動化も推進してまいりました。この度、2017年度中に1万人の一般会員入会を見込んでいるフリーランス協会のベネフィットプランに採択されることにより、「クラウド会計ソフト freee」に続き、「freee カード」の導入推進を加速させてまいります。

具体的な施策として、フリーランス協会会員で「freee カード」の発行希望者に対して、申込みと発行の手続きを自動化します。またフリーランス協会から申し込みいただき、「freee カード」が発行された会員には、特典として2,000円のオンラインプリペイドカードをfreee から提供させていただきます。

今後、フリーランスの方々に「freee カード」と「クラウド会計ソフト freee」をご利用いただくことで、経理知識に乏しい場合でも、経費精算や請求書の発行等の経理業務が自動化され、かつフリーランスにとって義務であるにもかかわらず、煩雑で複雑な確定申告作業までも自動化することが可能です。freeeは、日本国内に約1,100万人いる(注4と言われるフリーランスの方々が本業にフォーカスできる社会の実現、「働き方改革」の推進を目指して、フリーランス協会と共同で取り組んでまいります。

一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会について

個人と企業が連携した非営利のフリーランス支援組織。①互助の場づくり(コミュニティ形成、スキル&キャリアアップ支援)、②共助の仕組みづくり(ベネフィットプランの提供)、③公助への働きかけ(実態調査に基づく政策提言、官民連携施策)を活動の柱とする。一人ひとりが自分らしい働き方を選択できる社会を実現することを目指す。メルマガ会員数3000名、賛助企業57社。(7月末現在)

法人名称   一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会
代表理事   平田麻莉
設立日    2017年1月26日(同年4月20日に一般社団法人化)
事業内容   フリーランスおよびパラレルワーカーの支援活動全般
ホームページ https://www.freelance-jp.org

freee 株式会社について

「スモールビジネスに携わるすべての人が創造的な活動にフォーカスできるよう」をミッションに掲げ、人工知能(AI)技術を使った最先端の機能開発や金融機関との連携により、バックオフィス業務効率化のソリューションを提供している。

<会社概要>
会社名  freee 株式会社(登記名:フリー株式会社)
代表者  代表取締役 佐々木大輔
設立   2012 年 7 月 9 日
資本金  96億603万円(資本準備金等含む)
所在地  東京都品川区西五反田2-8-1 ファーストビル9F

<提供サービス>
「クラウド会計ソフト freee」   https://www.freee.co.jp
「人事労務 freee」                      https://www.freee.co.jp/hr
「マイナンバー管理 freee」    https://www.freee.co.jp/my-number
「会社設立 freee」        https://www.freee.co.jp/launch/
「開業 freee」          https://www.freee.co.jp/kaigyou
「経営ハッカー」            https://keiei.freee.co.jp/
「パラキャリ」                           https://parallelcareer.freee.co.jp/

引用元:フリーランス協会が「freee カード」を会員向けベネフィットプランに採択。キャッシュレス化と経理自動化を促進、フリーランスの働き方改革を共同支援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公認会計士ナビが転職をサポート!

公認会計士のための転職エージェント

過去の注目記事

  1. 汐留パートナーズ_PKF_サムネイル
    2018年6月1日、37歳の若手会計士である前川研吾氏が代表を務める汐留パートナーズグループが、…
  2. IPO・株式公開 求人情報_画像_求人用thumb
    2014年1月1日~12月31日までの監査法人IPOランキングをまとめました。 2014年のI…
  3. 今回は、今、最も注目されているスタートアップのひとつであり、公認会計士ナビのスポンサーでもあるクラウ…
  4. 様々な公認会計士にスポットライトを当てるシリーズ企画 公認会計士のリアル。 日本経済が成熟し、公認…
  5. 様々な公認会計士にスポットライトを当てるシリーズ企画 公認会計士のリアル。 日本経済が成熟し、公認…
  6. BridgeConsulting 取締役COO・公認会計士・税理士・大庭 崇彦
    来る2018年1月27日(土)に東京・日本橋にて「公認会計士が活躍できるのは事業会社かコンサルか!?…

更新情報

公認会計士ナビの更新情報は下記よりご購読頂けます。

follow us in feedly

公認会計士ナビをフォロー
公認会計士ナビ RSS

公式サービス

公認会計士のための転職エージェント

公認会計士ナビの人材紹介サービス

公認会計士ナビのスポンサー募集

会計事務所求人名鑑

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサーにサポート頂いております。

[プラチナスポンサー様]

あらた監査法人

株式会社エッサム

弥生会計

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

青山綜合会計事務所

税理士法人平成会計社

ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷

企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ

[ゴールドスポンサー様]

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ

企業の持続的成長を支援するエスネットワークス

海外進出支援のCaN International

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

レアジョブ英会話・本気塾

→スポンサー企業一覧

→スポンサープラン詳細

会計士の独立に!:PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■クラウド・Eラーニング

会計士の税務スキル習得にクラウド・Eラーニング

■JCBの法人・事業者カード

会計士の独立にJCB法人カード

ページ上部へ戻る