会計ビッグデータを活用したAI与信モデルによる オンラインレンディング事業を立ち上げ:弥生株式会社【PR】

  • 2017/4/14

【本記事は弥生株式会社様からのプレスリリースです】

会計ビッグデータを活用したAI与信モデルによる オンラインレンディング事業を立ち上げ

大手地銀と業務提携し、金融機関での活用も視野に

オリックス株式会社(本社:東京都港区、社長:井上 亮)およびオリックスのグループ会社である弥生株式会社(本社:東京都千代田区、代表者:岡本 浩一郎)は、このたび、会計ビッグデータを活用した新たな金融サービス「オンラインレンディング」の事業立ち上げを決定しましたのでお知らせします。
 
本事業は、オリックスが持つ与信ノウハウ、弥生が持つ会計ビッグデータと協業先であるd.a.t.株式会社のAI技術を活用した新たな与信モデルを開発し、インターネットを通じて小規模事業者向けの融資を行うものです。これまで市場に存在した与信モデルは、そのほとんどが決算書情報など一時点での静的データのみに依拠するものでしたが、本与信モデルでは主として日々の仕訳データなどの動的データを活用することにより、従前よりも精度の高い与信能力を実現します。
 
本事業立ち上げにあたり、弥生は本事業の運営会社、ALT株式会社(本社:東京都千代田区、代表者:岡本 浩一郎)を2017年2月に設立しました。あわせて、株式会社千葉銀行、株式会社福岡銀行、株式会社山口フィナンシャルグループ、株式会社横浜銀行(50音順)と業務提携契約を締結し、金融機関における本与信モデルの活用も視野に入れています。
 
まずは、2017年10月を目処に弥生製品・サービスをご利用中の約150万社のうち、オンライン・サービスをご契約中の約60万社のお客さま注1を対象に試験的融資を開始します。お客さまは、ご利用中の弥生会計のデータに対するアクセス許諾を行うなど、インターネット上の手続きでお申し込みが可能です。
 
ビッグデータとAIを活用し、オンラインでの融資を行うオンラインレンディング市場は米国や中国を中心に急拡大しており、米国市場では2015年に融資額が340億ドルを超えたと言われています。一方、日本においては、まだそれほど拡大していません。注2
弥生のお客さま7,609社を対象とした調査によると、小規模法人のうち85.0%が短期資金ニーズを有するものの、借り入れ事務の煩雑さや、借り入れに時間がかかり過ぎるなどを理由に、36.5%の事業者が借り入れに至っていません。また、個人事業主のうち、短期資金の借り入れを行っている事業者は16.4%に過ぎません。オンラインレンディングの活用により、お客さまは決算書などの資料提出や金融機関窓口への訪問などの煩雑な事務作業が軽減され、また与信審査の時間短縮が可能となり、簡便かつ機動的な資金調達が可能となります。
 
オリックスグループは、これまで培ってきた与信ノウハウや商品・サービス開発力、IT技術などを活用し、引き続きお客さまのニーズを捉えた新たな商品・サービスを提供してまいります。
 
  • 注1:弥生のデスクトップ製品をご利用で、あんしん保守サポートにご加入頂くことにより、弥生のクラウドストレージサービス「弥生ドライブ」をご利用可能なお客さま、および、弥生のクラウド製品をご利用のお客さま。
  • 注2:消費者向け/事業者向けP2Pレンディング、消費者向け/事業者向けバランスシートレンディングの合計値。米国については、”Breaking New Ground: The Americas Alternative Finance Benchmarking Report” by the Cambridge Centre for Alternative Finance and the Polsky Center at the Chicago Booth School of Businessより。日本については、”Harnessing potential: Asia-Pacific Alternative Finance Benchmarking Report” by the Cambridge Centre for Alternative Finance at the University of Cambridge, the Tsinghua University Graduate School at Shenzhen and the University of Sydney Business Schoolより。

本件に関するお問い合わせ

弥生株式会社 カスタマーセンター

電話番号:050-3388-1000(IP電話)
受付時間:9:30~12:00/13:00~17:30
(土・日・祝日、および弊社休業日を除きます)
※「音声ガイド」に従って操作をしてください。

引用元:会計ビッグデータを活用したAI与信モデルによる オンラインレンディング事業を立ち上げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公認会計士ナビが転職をサポート!

公認会計士のための転職エージェント

過去の注目記事

  1. 公認会計士の活躍するフィールドは様々ですが、その中でも特に独自性の高い分野として「フォレンジック」と…
  2. ベンチャーやスタートアップに興味あるけど、業界情報ってどうやって集めたらいいの? IPOマ…
  3. 弥生_30周年企画_後編_サムネイル画像
    弥生会計30周年企画として、1987年と2017年の税理士・会計士の独立を比較する本企画、前編で…
  4. 本日、平成25年の公認会計士試験合格発表が行われました。 合格者のみなさま、まずは合格おめ…
  5. 去る2017年3月25日(土)、「理想のキャリアの見つけ方、会計士にブルーオーシャンはあるのか?」「…
  6. 【本記事の目次】 1.業務効率大幅UP!150以上の事務所が有償利用するマニュアル作成・共有ツ…

更新情報

公認会計士ナビの更新情報は下記よりご購読頂けます。

follow us in feedly

公認会計士ナビをフォロー
公認会計士ナビ RSS

公式サービス

公認会計士のための転職エージェント

公認会計士ナビの人材紹介サービス

公認会計士ナビのスポンサー募集

会計事務所求人名鑑

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサーにサポート頂いております。

あらた監査法人

株式会社エッサム

弥生会計

税理士法人平成会計社

ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷

企業の経営支援コンサルティングは山田ビジネスコンサルティング

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

企業の持続的成長を支援するエスネットワークス

海外進出支援のCaN International

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

無料で使える請求書・見積書管理サービスmisoca

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

レアジョブ英会話・本気塾

→スポンサー企業一覧

→スポンサープラン詳細

PR:会計士の独立に!

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■JCBの法人・事業者カード

会計士の独立にJCB法人カード

ページ上部へ戻る