freee がHR事業の軸となる新サービス「人事労務 freee」を発表 人事労務に関する業務をクラウド上一気通貫で対応しHRtechを推進【PR】

  • 2017/3/23

【本記事はfreee株式会社様からのプレスリリースです】

freee 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:佐々木 大輔、以下 freee )は、HR分野における新サービス「人事労務 freee」を2017年初夏より提供開始します。これまで提供してきた「クラウド給与計算ソフト freee」「マイナンバー管理 freee」は中小企業の給与事務業務を効率化するプロダクトとして、10万事業所以上に利用されてきました。

今回、「クラウド給与計算ソフト freee」の機能を大幅に追加し、クラウドで労務管理を一気通貫できる新サービスとして「人事労務 freee」をリリースします。これにより企業は複雑に分断された人事・労務に関する業務を一気通貫させ、従業員データを一元管理、大きく効率化された労務管理が可能となります。

jinjiroumu

高まる労務管理への関心と、HR領域における業務課題について

長時間労働の是正や残業代の未払い、社会保険の加入範囲拡大など、人事労務に求められる役割が広がっています。freee が実施した調査によると、人事労務担当は労務リスクへの対応を一番の課題と感じています。しかし、そのような本来やりたい業務に時間を割けている企業はわずか35%しかいません。その大きな原因の1つが業務フローの複雑さです。50~500名の企業では人事労務に平均3名の担当者が平均4個のシステムを紙と組み合わせて利用しており、その結果、業務に大きな非効率性や労務リスクが生まれています。

※調査結果は、2017年2月に freee が実施したインターネット調査より算出
※調査対象:法人の人事労務業務担当者265サンプル

クラウド上で一気通貫、労務管理を効率化する「人事労務 freee」

「人事労務 freee」を利用することで、クラウド上で労務管理を一気通貫し、ヒトのデータの一元管理が可能となります。勤怠情報や従業員情報を始めとした入力業務をおこなうことで、人事労務業務の核となる計算作業を自動化します。さらには入退社手続きや法定三調簿などの労務手続きを始めとした書類を自動出力し、そのまま電子申請することが可能になります。「人事労務 freee」を利用し、最新のヒトのデータを一元管理することで、必要な人事・労務管理業務が自動で完了することができます。

jinjiroumu2

「人事労務 freee」は以下のような昨機能を揃えて、2017年初夏よりサービス提供開始を予定しております。
詳しい内容やお問い合わせはこちらです。

  • 労務に必要な行政手続の強化
  • 勤怠管理機能の拡充
  • 人事マスタとして活用できる機能の追加

「人事労務 freee」に対するコメント

ラクスル株式会社

給与・勤怠・労務・マイナンバーをクラウドで完結させることで、多重業務の削減、結果としてメンバーのリソースを個人・事業両面の成長領域に注力させられそうです。従業員情報などを一元化することを考えて、従業員全員にとって使いやすいfreeeを選びました。これまで外注によりコストがかさんでいた業務も内製化できそうです。raksul_logo_top

リノベる株式会社

従業員情報の変更も内容によっては、紙・ワークフローシステム等、申請手段が混在しており、また拠点が複数ある中で、管理に苦労している現状がありました。統一的な申請方法が図れ、かつペーパーレス化にも資するfreeeの導入により、人的・経済的コストの削減ができると考えています。さらなる機能拡充を期待しています。
renoveru

株式会社前田組

freee導入以前は給与計算、入退社手続きともに表計算ソフトに頼り、ファイル間・部門間におけるデータの一元化ができておらず不安感がありました。今ではそうした不安もなくシームレスに情報を管理できています。今後、人事労務freeeとして勤怠管理やスタッフ管理もさらに強化されていくということで、期待しています。
maedagumi

ポライト社会保険労務士法人

人事労務freeeは私たち社労士にとっても革命的なツールだと思います。 「情報収集⇒手続・給与計算代行⇒納品」のシームレスな完結、 助成金申請や労基署調査に対応できる法定3帳簿の自動作成、 住民税や年末調整で税理士との連携強化等が期待できます。既存業務の効率化の結果、より付加価値の高いサービスの提供にも取組めるでしょう。 そういった意味で freee 株式会社様が目指すプロダクトの世界観に賛同しております。
polite

freee 株式会社について

「スモールビジネスに携わる全ての人が創造的な活動にフォーカスできるよう」をビジョンに掲げ、人工知能(AI)技術を使った最先端の機能開発や金融機関との連携により、バックオフィス業務効率化のソリューションを提供している。

<会社概要>
会社名  freee 株式会社(登記名:フリー株式会社)
代表者  代表取締役 佐々木大輔
設立   2012 年 7 月 9 日
資本金  96億603万円(資本準備金等含む)
所在地  東京都品川区西五反田2-8-1 ファーストビル9F

<提供サービス>
「クラウド会計ソフト freee」                    https://www.freee.co.jp
「クラウド給与計算ソフト freee」            https://www.freee.co.jp/payroll
「マイナンバー管理 freee」                        https://www.freee.co.jp/my-number
「会社設立 freee」                                         https://www.freee.co.jp/launch/
「開業 freee」                                                 https://www.freee.co.jp/kaigyou
「経営ハッカー」                                          https://keiei.freee.co.jp/
「起業ハッカー」                                          https://kigyo.freee.co.jp

引用元:freee がHR事業の軸となる新サービス「人事労務 freee」を発表 人事労務に関する業務をクラウド上一気通貫で対応しHRtechを推進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公認会計士ナビが転職をサポート!

公認会計士のための転職エージェント

過去の注目記事

  1. 公認会計士の多くが所属し、会計士試験合格者の大半の就職先にもなるBIG4と呼ばれる4大監査法人(…
  2. 税理士や公認会計士の増加、日本経済の停滞などの影響から会計業界の停滞や閉塞感が叫ばれる中、それを切り…
  3. もし、ある日突然、あなたが所属している組織が事業を撤退することとなったらどうするだろう? かつて業…
  4. ラオスの日系企業子会社が経理役職者を募集しています。日系大企業が出資する企業です。 ご興味のあ…
  5. 様々な公認会計士にスポットライトを当てるシリーズ企画 公認会計士のリアル。 日本経済が成熟し、公認…
  6. 様々な公認会計士にスポットライトを当てるシリーズ企画 公認会計士のリアル。 日本経済が成熟し、公認…

更新情報

公認会計士ナビの更新情報は下記よりご購読頂けます。

follow us in feedly

公認会計士ナビをフォロー
公認会計士ナビ RSS

公式サービス

公認会計士のための転職エージェント

公認会計士ナビの人材紹介サービス

公認会計士ナビのスポンサー募集

会計事務所求人名鑑

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサーにサポート頂いております。

あらた監査法人

株式会社エッサム

弥生会計

税理士法人平成会計社

ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷

企業の経営支援コンサルティングは山田ビジネスコンサルティング

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

企業の持続的成長を支援するエスネットワークス

海外進出支援のCaN International

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

無料で使える請求書・見積書管理サービスmisoca

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

→スポンサー企業一覧

→スポンサープラン詳細

PR:会計士の独立に!

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■JCBの法人・事業者カード

会計士の独立にJCB法人カード

ページ上部へ戻る