PwCアドバイザリー、M&Aにおける「ESGデューデリジェンス」を強化【PR】

【PR:PwCあらた監査法人様】

PwCあらた有限責任監査法人_ロゴ_記事トップ_202007_new

サステナビリティの時代に沿った総合的なディール・サービスを提供

2021年8月5日
PwCアドバイザリー合同会社

PwCアドバイザリー合同会社(本社:東京都千代田区、代表執行役:吉田 あかね)は本日より、M&A(ディール)における「ESGデューデリジェンス(ESG DD)」を強化し、サステナビリティの時代に沿った総合的なディール・サービスを提供開始します。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な拡大によりディスラプション(破壊的な変化)が大きく加速するなど、経営者は社会課題に取り組む企業として果たすべき役割の再考を求められています。企業が激しい外部環境変化に適切に対応するためには、これまでのように「財務収益性」のみにフォーカスした対応だけでは十分とは言えず、より広範なステークホルダーを考慮し長期的な目線で「レジリエンス」および「社会」などに係る非財務価値にもフォーカスした、バリュー・エコシステムを意識していく必要があります。

バリュー・エコシステムと ESGデューデリジェンスの関係

バリュー・エコシステムと ESGデューデリジェンスの関係

このような状況の中、企業の成長を目指した経営の選択肢としてのM&A(ディール)においても、対象企業が地球環境や気候変動に適切な対応を行っているかどうか、サプライチェーンにおいて人権への十分な配慮が行われているかなど、考慮すべきESG(Environment, Social and ​Governance: 環境、社会、ガバナンス)課題の範囲とその重要性が拡大してきています。このため、ディール・プロセスにおいても、財務価値をベースとした一般的なデューデリジェンスによるリスク・フォーカスの手続きに加え、非財務価値を含めたバリュー・エコシステム全体にフォーカスしESGリスクと機会の適切な把握を行うことが、企業の社会的存在意義や企業価値の最大化に向けて今後不可欠になると、PwCアドバイザリーは考えます。

PwCアドバイザリーは、PwC Japanグループのサステナビリティ、法務、税務、人事の専門家との協働体制による統合的・包括的なESGデューデリジェンスを提供します。また、従来からの財務デューデリジェンス、ビジネスデューデリジェンス、法務デューデリジェンス、税務デューデリジェンス、人事デューデリジェンスなどを有機的に組み合わせた総合的なディール・サービスを提供します。バリュー・エコシステム全体を対象としてESGリスクと機会の把握を可能とするこれらのサービスにより、PwCアドバイザリーはクライアント企業における財務価値・非財務価値双方を通じた長期的な価値創造の実現を支援してまいります。

ESGデューデリジェンスの概要

  • PwCの知見や非財務情報開示に関する枠組みを活用しながら、対象企業のバリュー・エコシステム全体におけるESGリスクや機会をハイレベルで早期に特定し、重要性の評価を行います。また、対象企業のESG課題への対応の成熟度の評価を行います。
  • デューデリジェンスの目的・ニーズや対象企業の価値創造プロセス・バリューチェーンに応じ、スコープやアプローチが最適となるよう、カスタマイズを行います。
  • 特に重要性の高いESGリスク・課題については、財務・ビジネス・法務・税務・人事を含むその他のデューデリジェンスと連携して更に詳細な調査を行うなど、時間が限られるディール・プロセスにおいて、企業価値の最大化に向けた総合的かつ効率的なサービスを提供します。

ご参考

  • M&A(ディール)におけるESGデューデリジェンスの重要性
    ESGの重要性が増す中、ディールにおいても一般的なデューデリジェンスによるリスク・フォーカスの手続きに加えて、ESGリスクと機会の把握が企業価値の最大化に向けて重要となっています。

ESGリスク・機会を考慮した価値創造 (Value Creation)ESGリスク・機会を考慮した価値創造 (Value Creation)

関連リンク

以上

PwCアドバイザリー合同会社について

PwCアドバイザリー合同会社は、M&A、事業再生・再編、インフラ関連の高い専門性をもって、変化する企業の成長戦略の実現を支援しています。PwCグローバルネットワークと連携しながら、クライアントがグローバル市場で競争優位性をより強固に確立できるよう、最適なサービスを提供します。

詳細はこちら

PwC Japanグループについて

PwC Japanグループは、日本におけるPwCグローバルネットワークのメンバーファームおよびそれらの関連会社の総称です。各法人は独立した別法人として事業を行っています。

複雑化・多様化する企業の経営課題に対し、PwC Japanグループでは、監査およびアシュアランス、コンサルティング、ディールアドバイザリー、税務、そして法務における卓越した専門性を結集し、それらを有機的に協働させる体制を整えています。また、公認会計士、税理士、弁護士、その他専門スタッフ約9,400人を擁するプロフェッショナル・サービス・ネットワークとして、クライアントニーズにより的確に対応したサービスの提供に努めています。

詳細はこちら

引用元:PwCアドバイザリー、M&Aにおける「ESGデューデリジェンス」を強化 | PwC Japanグループ

公認会計士ナビの編集部です。公認会計士や監査法人業界の様々なニュースや情報をお届けしています。

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


Ohwa_banner_應和監査法人_agn INTERNATIONAL_バナー用


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ


令和アカウンティング・ホールディングス



【ゴールドスポンサー様】


南青山アドバイザリーグループ


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー

株式会社アイティーフィット_ロゴ


TKW M&Aファイナンス会計税務事務所_ロゴ


南富士有限責任監査法人グループ

会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. TACの業績を分析してみた_全社編_サムネイル画像

    会計士なら気になる!?TACの業績を分析してみた:資格の学校TACを…

  2. 令和3年度公認会計士試験修了考査合格発表サムネイル

    合格率が大幅回復!令和3年度・修了考査合格発表に関する速報と考察

  3. 監査法人 IPO

    2013年の監査法人IPOランキング(件数・時価総額・騰落率)をまとめ…

  4. エスネットオフィス画像11

    会計コンサルタントってどんなところで働いてるの?エスネットワー…

  5. くわえもんの「会計士の悩みは俺に聞け!」

    本当に会計士になりたいのかわからなくなってしまいました:くわえ…

  6. 求人情報_画像_求人用thumb

    2016年・監査法人IPOランキング!新日本が2年連続の件数トップに!…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント