PwCコンサルティング、知財起点のアライアンス戦略を支援するコンサルティングサービスを提供開始【PR】

【PR:PwCあらた監査法人様】

PwCあらた有限責任監査法人_ロゴ_記事トップ_202007_new

AIツール活用により、網羅的かつ高速でバリューチェーン全体を俯瞰し、パートナーを選定

2021年3月15日
PwCコンサルティング合同会社

PwCコンサルティング合同会社(東京都千代田区、代表執行役CEO:大竹 伸明)は3月15日、知財を起点としたアライアンス戦略による新規事業開発を支援するコンサルティングサービスの提供を開始しました。独自開発したAIツールを活用し、バリューチェーン分析による進出市場の特定から、最適なエコシステム構築のためのアライアンス戦略の策定、実行まで支援します。

企業が保有する知財の価値を最大限に活用した事業開発を行ううえで、アライアンス戦略の重要性が高まっています。一方で、進出市場やアライアンスパートナーの選定にはメガトレンド分析、マーケット分析、競合分析、バリューチェーン分析、重点分野特定、法規制分析など多くのステップがあり、さまざまな情報を収集し、遅滞なく確認することが大きな課題です。こうした背景を踏まえ、当社は、AIを活用して網羅的かつ高速で情報を収集、分析するツール「Intelligent Business Analytics」を開発しました。

本サービスは、「Intelligent Business Analytics」を駆使してバリューチェーン分析による進出市場の特定、保有する知財の技術性・事業性評価、パートナー候補のリストアップなどを迅速に実施し、新規事業の構想を短期間で具体化することを目指します。その後は、当社がこれまでに培った各業界や規制に対する知見、経験をもとに、新製品・サービス実現までのロードマップ作成、垂直統合・水平分業の観点での最適なアライアンスなど、知財を活用した新規事業開発の戦略から実行まで支援します。

日本企業はこれまで自社単独もしくはグループ内での事業開発を行う傾向にありましたが、顧客ニーズの複雑化やテクノロジーの急速な進歩により、従来のアプローチでは競争力維持は難しくなっています。近年はエコシステム構築を前提としたビジネスモデルが主流で、知財戦略においても他者と共創・協創を促進することで、技術開発・事業開発における価値の最大化を見定め、実効性を高めることが求められています。

当社は本サービスを通じて、日本企業が知財を最大限に活用し、グローバル市場において持続的成長を実現することへの貢献を目指します。

なお、本サービスの核となるAIツール「Intelligent Business Analytics」は、4月以降にサブスクリプション(定額課金)モデルでの提供を予定しています。

Intelligent Business Analytics利用イメージ

以上

PwCコンサルティング合同会社について

PwCコンサルティング合同会社は、経営戦略の策定から実行まで総合的なコンサルティングサービスを提供しています。PwCグローバルネットワークと連携しながら、クライアントが直面する複雑で困難な経営課題の解決に取り組み、グローバル市場で競争力を高めることを支援します。

詳細はこちら

PwCについて

PwCは、社会における信頼を構築し、重要な課題を解決することをPurpose(存在意義)としています。私たちは、世界155カ国に及ぶグローバルネットワークに284,000人以上のスタッフを擁し、高品質な監査、税務、アドバイザリーサービスを提供しています。詳細はwww.pwc.com をご覧ください。

詳細はこちら

PwC Japanグループについて

PwC Japanグループは、日本におけるPwCグローバルネットワークのメンバーファームおよびそれらの関連会社の総称です。各法人は独立した別法人として事業を行っています。

複雑化・多様化する企業の経営課題に対し、PwC Japanグループでは、監査およびアシュアランス、コンサルティング、ディールアドバイザリー、税務、そして法務における卓越した専門性を結集し、それらを有機的に協働させる体制を整えています。また、公認会計士、税理士、弁護士、その他専門スタッフ約9,000人を擁するプロフェッショナル・サービス・ネットワークとして、クライアントニーズにより的確に対応したサービスの提供に努めています。

詳細はこちら

引用元:PwCコンサルティング、知財起点のアライアンス戦略を支援するコンサルティングサービスを提供開始 | PwC Japanグループ

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


南青山アドバイザリーグループ


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


太陽有限責任監査法人

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

令和アカウンティング・ホールディングス


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー


会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. 第9回公認会計士ナビonLive!!レポートサムネイル_菅沼氏

    監査法人にいたら見られなかった世界があった、会計士・弁護士が語…

  2. 公認会計士が経営コンサルティングファームで働くということ:山田…

  3. 20年分の公認会計士試験の受験者数と合格率

    実は人気復活してる!?過去20年の公認会計士試験の受験者数や合格…

  4. 今年の公認会計士試験合格者は数年後のキャリアをどう考えればよい…

  5. 東京共同会計事務所 公認会計士・原田昌平氏

    最終回(第7回):崩壊に向かって突き進んだ証券化市場、そして、こ…

  6. 公認会計士業界時事ニュース

    2017年度の監査報酬が増加、トーマツが監査イノベーションを体験で…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント