英語コーチング「プログリット(PROGRIT)」が社会人になってからの英語学習経験を調査【PR】

【PR:プログリット様】

英語コーチングのプログリット_ロゴ_記事top

英語コーチング「プログリット(PROGRIT)」が社会人になってからの英語学習経験を調査

73%が英語学習で目的達成に至っていない現状が浮き彫りに

英語コーチング「プログリット(PROGRIT)」を展開している株式会社プログリット(本社:東京都千代田区有楽町、代表取締役社長:岡田 祥吾)は、社会人になってからの英語学習経験についてのウェブアンケートを行ったことをお知らせいたします。

調査概要

調査テーマ:社会人になってからの英語学習経験調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年12月9日(水)~11日(金)
有効回答数:20代~50代男女の有職者1,000名
実施機関:株式会社クロス・マーケティング

調査結果のポイント

  • 全体の65%が社会人になってから「英語学習経験がある」
  • 世帯年収が高いほど英語学習経験がある割合が高くなる傾向
  • 社会人になってからの英語学習経験がある人のうち、44%がビジネス・仕事目的で英語学習を行っている。
  • 社会人になってからの英語学習経験がある人のうち、73%が英語学習の目的を達成できていない。

調査結果および考察

 社会人になってから英語学習経験はありますか?というヒアリングをしたところ、65%の人が「社会人になってからの英語学習経験がある」と回答(図1)。学校を卒業してから、何らかの形で英語学習を経験している人が多くいることがわかりました。

 さらに、社会人になってから英語学習を行った経験のある人に、英語学習をどのような目的で行ったかをヒアリングしました。すると、44%がビジネス・仕事目的、43%が趣味目的、13%が資格試験目的であると回答しました(図2)。ビジネスにおける高い英語力が、グローバル化に伴って要求されているだけでなく、社会人になってから英語の重要性を意識し、ビジネス目的で英語学習を実践する人が多いと考えられます。

 また、世帯年収別で社会人になってからの英語学習経験について見てみると、世帯年収が高いほど英語学習の経験がある傾向が見られました(図3)。年収の高い職業には高い英語力が要求される仕事が多いため、ビジネス目的で社会人になってから英語学習を経験されている人が多いと考えられます。実際に、社会人になってから英語学習の経験があると回答した人の英語学習の目的を世帯年収別で見ると、世帯年収が上がるごとにビジネス・仕事目的で英語学習を行う人の割合が高くなる傾向がみられました(図4)。このように、年収が高い仕事ほどビジネスにおいて英語が要求される場面が多いことから、社会人になってから自身の英語力を磨かれる人が増加すると考えられます。

 最後に、社会人になってから英語学習を行った経験のある人に対し、英語学習の目的は達成できたかをヒアリングいたしました。すると、実に73%の人が「目的を達成できていない」と回答(図5)。非常に多くの人が英語学習を社会人になってから実践したにもかかわらず、目的達成に至っていないということが分かりました。この背景としては、正しい方法で英語学習を行っていない、目的の設定が定性的であった、英語学習の継続の仕方や秘訣が分からない、本を買うだけで満足してしまった、などが挙げられます。
学習目的別で見ると、ビジネス目的では66.6%、資格試験目的では71.6%、その他目的では80.9%の人が目的を達成できていないと回答しました(図6)。その他目的は海外旅行などの趣味目的での英語学習を指しており、英語学習を行うにあたって目的があいまいになってしまうこと、進捗状況や自身の成長を数値化せずに学習を行うことで、途中で諦めてしまう人が多いことが、割合の高さの要因となっていると考えられます。
 プログリットでは、英語学習を最後までやり抜けるように、コンサルタントが専任で受講者を担当。一人一人に合ったカリキュラムを提案し、無理のない目標設定と定量的な進捗管理を行います。多くの方が達成できていないと回答した英語学習を「達成できた」に変え、世界で自由に活躍できるための礎となる英語力を向上させてまいります。

英語コーチング「プログリット(PROGRIT)」とは

英語コーチングのプログリット_ロゴ_記事top

 英語コーチング「プログリット(PROGRIT)」は、2016年9月よりスタートした、短期間で圧倒的に英語力を伸ばす英語コーチングプログラムです。今まで10,000名を超える方々にご利用いただき、2021年1月現在、有楽町、新橋、新宿センタービル、新宿南口、渋谷、神田秋葉原、六本木、池袋、横浜、名古屋、西梅田、阪急梅田の12校舎を展開している他、校舎の無い地域や海外からの受講にも対応するためにオンラインコースを開講しています。
 プログリットは生徒様一人一人を専任のコンサルタントが担当し、チャットアプリを活用した徹底的なスケジュール管理やチャットによる学習フォローを実施。従来の英語教室のように「英語を教える」のではなく、英語を学ぶための効率的な学習法を提案すると同時に、そのために必要な時間を作り出すためのコーチングを行います。毎日のやりとりや週に1回の振り返りの面談を通して、英語学習を途中で投げ出さず、最後までやり遂げられるように様々な角度から生徒様を徹底サポートしています。英語力だけではなく、最後まで「やり抜く力」を身に付けることもできる。これが英語コーチングであるプログリットの強みです。

会社概要

株式会社プログリット

 元マッキンゼーの岡田(代表取締役社長)と元リクルートの山碕(取締役副社長)が創業し、短期間で実践的なビジネス英語を習得する英語コーチング「プログリット(PROGRIT)」を提供。前職で、英語力がネックとなりスピード感を持ったビジネスができていない企業やグローバルで活躍するチャンスを逃しているビジネスパーソンを目の当たりにし、現在の日本の英語教育サービスではこの状況を改善することはできないと考えたことから本サービスを企画・提供。「世界で自由に活躍できる人を増やす」をミッションに、サービスを通じてあらゆる方々にスキルや自信を提供し、一人でも多くの方が世界で自由に活躍できるよう後押ししたい、という想いを込めています。また、ミッションを実現するために5つの大事にすべき価値観である「FIVE GRIT」を決め、社員全員がそれら5つの価値観を大事にしながら毎日成長しています。

本気の英語学習ならプログリット

英語コーチングのプログリット_広告バナー

まずは無料カウンセリングへ

英語の初級者・中級者・上級者などのレベルに関わらず、あなたの英語学習の状況や課題をヒアリングさせて頂き、最適な学習プログラムを設計いたします。

無料カウンセリングのお申し込みはこちら

引用元:英語コーチング「プログリット(PROGRIT)」が社会人になってからの英語学習経験を調査|株式会社プログリットのプレスリリース

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


南青山アドバイザリーグループ


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


太陽有限責任監査法人

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

税理士法人令和会計社


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー


英語コーチングのプログリット


会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


企業の持続的成長を支援するエスネットワークス


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. TACの業績を分析してみた_全社編_サムネイル画像

    会計士なら気になる!?TACの業績を分析してみた:資格の学校TACを…

  2. 渡邉孝江が食べてきた!サムネイル画像

    汐留のオシャレなハワイアンカフェのオーナーは会計士!?:会計士…

  3. 東京共同会計事務所 進化するFSビジネス thumb

    第1回:投資ファンドのバックオフィスをフルアウトソーシングで受託…

  4. 平成30年度公認会計士試験修了考査合格発表サムネイル

    838名合格も合格率激減!平成30年度・修了考査合格発表に関する速報…

  5. 第10回公認会計士ナビonLive!!登壇者

    【開催報告】第10回 公認会計士ナビonLive!! が開催されました!

  6. 石倉 壱彦氏_株式会社3ミニッツ_第8回 公認会計士ナビonLive!!

    スタートアップに行くならインチャージを経験すべき?CFO会計士でエ…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント