PwCコンサルティング、“モノ売り”から“コト売り”へ ビジネスモデルの変革を後押しする、XaaSソリューションを提供開始【PR】

【PR:PwCあらた監査法人様】

PwCあらた有限責任監査法人_ロゴ_記事トップ_202007_new

新しいカスタマーエクスペリエンスを早期に提供し、持続的な改善・成長を実現

2020年11月4日
PwCコンサルティング合同会社

PwCコンサルティング合同会社(東京都千代田区、代表執行役CEO:大竹 伸明)は11月4日、“モノ売り”から“コト売り”へビジネスモデルを転換し、顧客生涯価値(Life Time Value)の向上を図る、XaaS(Anything as a Service)ソリューションの提供を開始しました。

昨今、消費者の視点はモノの「所有」から、プロダクトやサービスを通して得られる「体験価値」へと急速にシフトしています。デジタル時代にフィットした新たなカスタマージャーニーを設計し、顧客生涯価値を向上させることが、企業が持続的に成長するための喫緊の課題となっています。

本ソリューションは、モノ売りからコト売りへとビジネスモデルを転換するための戦略やビジョンを具体化し、業界をリードするサブスクリプションプラットフォームなども活用することで早期のサービス提供開始を目指します。当社がこれまで数々の大規模変革プロジェクトを手掛けた経験に加え、PwCグローバルネットワークで蓄積したXaaSソリューションのベストプラクティスを活用することで、事業構想の具体化、最適なビジネスモデル・組織体制の検討、それを支えるデジタルプラットフォームの設計と構築、さらに本番運用への迅速な移行など、戦略から実行まで一貫して支援します。

さらに、PwC Japanグループ横断のデータ&アナリティクスチームの専門家が、XaaSのデジタルプラットフォームから取得できる様々なデータの分析も支援します。デジタル化されたプロセスの中で、クライアント企業の顧客にとって重要なポイントを把握し、顧客が求めるシームレスなデジタルエクスペリエンスをオムニチャネルで提供することで、顧客生涯価値の向上を目指します。

PwCのXaaSソリューションの特長

デジタルカスタマーエクスペリエンス

顧客一人ひとりに向けてパーソナライズされたインタラクションやコンテンツ提供などを通じて、エクスペリエンスの最大化を目指します。

PwC独自のAIと機械学習モデル

AIや機械学習、データ分析の専門性を活用し、事業の拡大に寄与するターゲット顧客への効果的なサービス提案、最適な価格設定、クロスセルとアップセルによる収益の拡大、リピート率の最大化、解約の最小化などを支援します。

Lead to Cash(L2C)の実現

複雑な商品構成、契約、見積、注文の自動化機能を駆使し、シームレスかつ拡張性があるL2Cオペレーションと、顧客とのより親密な関係を構築できるスピーディーなサービスフローを実現します。

ゼロタッチトランザクションを想定したマスターデータの設計と実装

顧客と会計、品目、最小管理単位(SKU)、価格と割引率、販売契約などのマスターを整備することで、顧客の興味・関心に応じた提案や弾力ある価格設定を可能にします。

Zuora社と協業を開始

当社は、本ソリューションの提供に際して、サブスクリプション型プラットフォームのリーディングプロバイダーであるZuora, Inc.(本社:米国カリフォルニア州レッドウッドシティ、日本法人 Zuora Japan株式会社:東京都千代田区、代表取締役社長 桑野 順一郎、以下Zuora)との協業を開始します。

サブスクリプションビジネスの収益化を迅速に実現するZuoraプロダクトポートフォリオは、上流から下流までの全ての業務を1つのプラットフォーム上でカバーし、ERPやCRMとも連携可能で、グローバルで1000社超の導入実績を有しています。

Zuoraが提供するプラットフォームと、当社が保有する知見を組み合わせることにより、クライアント企業のビジネスモデル変革の早期実現を目指します。

以上

PwCコンサルティング合同会社について

PwCコンサルティング合同会社は、経営戦略の策定から実行まで総合的なコンサルティングサービスを提供しています。PwCグローバルネットワークと連携しながら、クライアントが直面する複雑で困難な経営課題の解決に取り組み、グローバル市場で競争力を高めることを支援します。

詳細はこちら

PwCについて

PwCは、社会における信頼を築き、重要な課題を解決することをPurpose(存在意義)としています。私たちは、世界155カ国に及ぶグローバルネットワークに284,000人以上のスタッフを有し、高品質な監査、税務、アドバイザリーサービスを提供しています。詳細はwww.pwc.com をご覧ください。

詳細はこちら

PwC Japanグループについて

PwC Japanグループは、日本におけるPwCグローバルネットワークのメンバーファームおよびそれらの関連会社の総称です。各法人は独立した別法人として事業を行っています。

複雑化・多様化する企業の経営課題に対し、PwC Japanグループでは、監査およびアシュアランス、コンサルティング、ディールアドバイザリー、税務、そして法務における卓越した専門性を結集し、それらを有機的に協働させる体制を整えています。また、公認会計士、税理士、弁護士、その他専門スタッフ約9,000人を擁するプロフェッショナル・サービス・ネットワークとして、クライアントニーズにより的確に対応したサービスの提供に努めています。

詳細はこちら

引用元:PwCコンサルティング、”モノ売り”から”コト売り”へ ビジネスモデルの変革を後押しする、XaaSソリューションを提供開始 | PwC Japanグループ

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


南青山グループ


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


太陽有限責任監査法人

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

税理士法人令和会計社


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー


英語コーチングのプログリット


会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


企業の持続的成長を支援するエスネットワークス


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. 川口 達也氏_株式会社Loco Partners_経営管理部_部長/川勇商店_三代目/公認会計士

    【会計士の副業】日本酒×会計士で理想の働き方を実現する会計士が語…

  2. onlive5_第5回_公認会計ナビonLive!!

    “世界最強の外資系企業”で活躍する会計士が東京を選んだ理由-東京…

  3. 全自動のクラウド型会計ソフト freee(フリー)の衝撃【シリーズ:…

  4. 汐留パートナーズ_PKF_サムネイル

    会計業界の勢力図が変わるか!?汐留パートナーズが創業わずか10年…

  5. 公認会計士のリアル_11_川口達也氏_サムネイル_後編

    【後編】実家の酒屋を売却し、日本酒の未来をスタートアップに託し…

  6. 2013年・公認会計士ナビで売れた本 TOP10

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント