短期間の英語学習で海外駐在への道をつかめた秘訣とは?:英語コーチングのプログリット【PR】

プログリット_利用者インタビュー転載_サムネイル_thumb

本コーナーでは、英語学習に興味のある公認会計士の皆様に向けて、英語コーチングのプログリットを利用頂いた方々へのインタビューをお届けします

短期間の英語学習で海外駐在への道をつかめた秘訣とは?

M.N

短期間で英語力を飛躍的に伸ばす。それを可能にするのが、短期で伸びる英語コーチング プログリット。今回は2ヶ月でTOEIC550→850の300点アップを達成したM.Nさんにお話を伺いました。

お忙しい中本日はありがとうございます。よろしくお願い致します。

よろしくお願いします。

まず始めに、どのようなきっかけで英語学習を開始されたのでしょうか?

会社の規定で、一刻も早くTOEIC730点を取る必要があった為です。

昔から海外で仕事をしたいという気持ちが強かったのですが、私の勤務する会社ではTOEIC730点が海外勤務の最低ラインで、至急目標スコアを取得する必要がありました。

数あるスクールの中で、なぜプログリットを選ばれたのでしょうか。

2ヵ月後までに取得する必要があった為、一般的なTOEICスクールや英会話スクールではなく、短期間で集中して学習できるスクールを探していました。

複数のスクールを検討しましたが、説明会で最も納得感のあったプログリットを選びました。

プログリットの説明会では、的確に自分の英語力を分析していただき、その分析を元にどのようにすれば英語力が上がるかを科学的・論理的に示してもらえたので、迷わず入会を決めました。

実際に受講されて、550点から850点へ、TOEIC300点UPに成功されましたが、何が成功のポイントだったのでしょうか。

1番のポイントは、学習法に迷うことなく短期間集中して学習に取り組めたことだと思います。今までは英語学習を始めても「本当にこの学習法で正しいのか?」と疑心暗鬼になり、途中で学習方法を変えたり、やめてしまったりしていました。

ただ、プログリットでは設計していただいたカリキュラムが科学的・論理的に作成されており非常に納得感のあるもので、一切迷いなく続けることができました。

毎週の面談でもそれぞれのトレーニングに対し「なぜ行うのか」「どのように行うのか」など非常に丁寧に分かりやすく説明していただけたことも役に立ちました。

もう一つのポイントは、PDCAのサイクルを毎週回し続けたことだと思います。

プログリットでは毎週学習計画を立て、それを実行し、週間面談でコンサルタントの方と一緒に振り返るというサイクルを回し続けました。

この習慣により、仕事が忙しい中でもいかに学習時間を作ることができるのか、どのように効率的な学習を行えるのかを突き詰めて考えることができ、効果的な学習が行えたと思います。

お仕事が大変お忙しい中でのプログラムでしたが、どのように時間を作られましたか?

まずは、1日の時間の使い方を見直しました。

プログラム開始前は時間を確保できるのか不安でしたが、日常のタスクの優先順位の整理をして、重要度の高い飲み会にしか参加しないようにしたり、無駄な時間の見直しをしました。

その結果、早朝や通勤の時間、お昼休憩の時間を学習に充てることができ、必要な学習量を確保することができました。

また、周囲に学習していることを宣言しました。周囲に学習を宣言していることで、同僚からのプレッシャーを感じたのも時間が確保できた大きな要因です。

受講後、何か変化はありましたか。

1番は、規定のTOEICスコアを超えたことで海外に駐在に行くことが決まったことです。プログリットに通わず自分1人で学習していたら到達できなかったスコアだと思いますので、本当に嬉しく思います。

もう1つは、学習する習慣が身についたことです。周囲からのプレッシャーに応える為にも、プログラム期間中に学んだ学習方法やPDCAを回すことを継続して、今後もよりレベルアップしていきたいと思っています。

ありがとうございます!最後に受講を検討している方々へメッセージをお願いします。

最初の1歩を踏み出せば、あとはプログリットのコンサルタント陣が背中を押してくれます。

プログリットには効果的に英語を学習するメソッドと、それをやり切るための仕組みがあるので、まずはそれを体感するために是非一度説明会に行くことをおすすめします。

→他のインタビューを見る

本気の英語学習ならプログリット

英語コーチングのプログリット_広告バナー

まずは無料カウンセリングへ

公認会計士の受講者も多数!英語の初級者・中級者・上級者などのレベルに関わらず、あなたの英語学習の状況や課題をヒアリングさせて頂き、最適な学習プログラムを設計いたします。

無料カウンセリングのお申し込みはこちら

引用元:短期間の英語学習で海外駐在への道をつかめた秘訣とは? | 短期で伸びる英語コーチング プログリット(PROGRIT)

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


南青山グループ


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


太陽有限責任監査法人

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

税理士法人令和会計社


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー


英語コーチングのプログリット


会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


企業の持続的成長を支援するエスネットワークス


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. 会計士はどの業界を専門にすべきか!?PwCあらた監査法人のディレク…

  2. TACの業績を分析してみた_全社編_サムネイル画像

    会計士なら気になる!?TACの業績を分析してみた:資格の学校TACを…

  3. 公認会計士業界時事ニュース

    2017年度の監査報酬が増加、トーマツが監査イノベーションを体験で…

  4. 監査法人 IPO

    2013年の監査法人IPOランキング(件数・時価総額・騰落率)をまとめ…

  5. 監査経験はFASやコンサルで活きるのか?公認会計士がFASやコンサル…

  6. 最大手の監査法人はどこ?四大監査法人を比較する:人員数・業績編…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント