PwCあらた、被監査会社のERP(統合基幹業務システム)から会計データを自動抽出する取り組みを開始【PR】

【PR:PwCあらた監査法人様】

PwCあらた有限責任監査法人_ロゴ_記事トップ_202007_new

2020年7月17日
PwCあらた有限責任監査法人

PwCあらた有限責任監査法人(東京都千代田区、代表執行役:井野 貴章、以下「PwCあらた」)は、2020年7月より、PwCが開発した「Extract」を用い、被監査会社のERP(統合基幹業務システム)から会計データを自動抽出し、PwCのセキュアなデータプラットフォームにデータを連携する取り組みを開始しました。約20社が導入を検討し、既に導入中・導入済みの6社を含め、10数社と秋までの導入を見据えて準備を進めています。

これまで、被監査会社においては、PwCあらたからのデータ提出依頼を受け取った後、依頼に基づいた抽出条件をもとに手動でデータ抽出を行い、PwCあらたの依頼フォーマットに加工してデータをPwCあらたに送信する必要がありました。

PwCのExtractはこれらのプロセスを自動化することができます。既に導入済みの被監査会社ではExtractを用いて一部のプロセスの自動化を実現しています。

接続方法については、PwCあらたのPCにExtractをインストールして被監査会社のERPからVPN接続でデータを取得する方法や、被監査会社のPCにExtractをインストールして被監査会社のシステム/DBにVPN接続してデータを取得する方法など、被監査会社の状況に応じて6つのインストールオプションを用意しており、いずれも安全なデータ抽出を行うためのさまざまなセキュリティ対応を行っています。

Extractを用いて監査チームは被監査会社のシステムに接続し、必要なデータを安全に取得し、セキュアな環境であるPwCのデータレイクに安全に格納することができます。これまでデータの取得は手作業で実施されていた上、監査チームによってそのやり方もさまざまであったため、PwCあらたと被監査会社の双方にとって膨大な時間を要する複雑な作業となっていました。

Extractはデータの抽出プロセスを自動化します。また、被監査会社のデータに対して一定水準以上のセキュリティを担保し、抽出のプロセスを最初から最後まで保護します。読み取り専用の接続方法によって、データは暗号化・圧縮され、データは安全なデータパッケージに書き込まれます。抽出時の暗号化に加えて、業界標準の安全な転送プロトコルを使用して、PwCのデータセンターのストレージを保護する暗号化が送信中も継続されます。

Extractのイメージ動画を、「Tomorrow’s audit, today――次世代監査への取り組み」内でご覧いただけます。

PwCあらたは2018年に、PwCのPurpose(存在意義)である「社会における信頼を築き、重要な課題を解決する」を実現し、社会から必要とされる存在であり続けるために、2025年における私たちを取り巻く環境を概観し、今後の法人の在り方を構想した「Vision 2025 “デジタル社会に信頼を築くリーディングファーム”」※を発表しています。

Vision 2025 デジタル社会に信頼を築くリーディングファーム

世の中のあらゆる情報がデジタル化、ビッグデータ化され、それらをAIが解析して人間に付加価値のある情報として提供するデジタル社会の到来を見据え、PwCあらたは引き続き、被監査会社に本取り組みの導入を提案していきます。そして将来的には、会計以外のデータも取得して会計データと照合する仕組みの構築や、AIを用いた全量検査、リアルタイム監査にもつなげていきたいと考えています。

以上

PwCあらた有限責任監査法人について

PwCあらた有限責任監査法人は、卓越したプロフェッショナルサービスとしての監査を提供することをミッションとし、世界最大級の会計事務所であるPwCの手法と実務を、わが国の市場環境に適した形で提供しています。さらに、国際財務報告基準(IFRS)の導入、財務報告に係る内部統制、また株式公開に関する助言など、幅広い分野でクライアントを支援しています。

詳細はこちら

PwCについて

PwCは、社会における信頼を築き、重要な課題を解決することをPurpose(存在意義)としています。私たちは、世界157カ国に及ぶグローバルネットワークに276,000人以上のスタッフを有し、高品質な監査、税務、アドバイザリーサービスを提供しています。

詳細はこちら

Tomorrow’s audit, today――次世代監査への取り組み

PwCあらたは、市場をリードするプロフェッショナルのスキル、堅実な監査アプローチ、人工知能(AI)をはじめとするテクノロジーを融合した新時代の監査を通じて、デジタル社会に信頼を築くプロフェッショナルファームを目指します。

詳細はこちら

引用元:PwCあらた、被監査会社のERP(統合基幹業務システム)から会計データを自動抽出する取り組みを開始 | PwC Japanグループ

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


南青山グループ


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


太陽有限責任監査法人

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

税理士法人令和会計社


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー


英語コーチングのプログリット


会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


企業の持続的成長を支援するエスネットワークス


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. 会計士のキャリア小六法_第5回サムネイル

    【第5回】転職市場では何が公認会計士の評価を決めるのか?:会計士…

  2. 会計士のキャリア小六法_第4回サムネイル

    【第4回】過去から学ぶ公認会計士の転職適齢期:会計士のキャリア小…

  3. 第6回 公認会計士ナビonLive!!サムネイル

    会計士がスタートアップに飛び込むのは5年目が良い!?スタートアッ…

  4. 第6回 公認会計士ナビonLive!!サムネイル

    監査を真剣にやってきた会計士なら、FASでもそのスキルが活きる-会…

  5. 会計税務のデジタル化はどこへ向かう?弥生の代表が語った会計業務の未来図とは?:弥生PAPカンファレンス2019秋・東京レポート(前編)

    会計税務のデジタル化はどこへ向かう?弥生の代表が語った会計業務…

  6. 武地 健太氏_freee株式会社_第8回 公認会計士ナビonLive!!

    監査はなくならないがテクノロジーは高速で進化している、会計士が…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント