監査契約長期化の実態が判明、KPMGジャパンが日本ブラインドサッカー協会とスポンサー契約、東芝再び不適切会計発覚で1部復帰に暗雲など3件:今月の会計士業界ニュース(2020年1月その2)

2020年1月の監査法人関連ニュースをまとめました。

2020年1月18日、19日、15日にリリースされた「監査契約長期化の実態が判明」「東芝、再び不適切会計発覚で1部復帰に暗雲」「KPMGジャパンが日本ブラインドサッカー協会とスポンサー契約」の3件のニュースをご紹介します。

監査契約長期化の実態が判明

数日前に、監査法人ローテーション制度見送りのニュースが配信されました。監査法人を交代した場合の監査品質の低下を懸念する意見が多く、このニュースを見て安堵した方も多かったと思います。

一方で、自主的に監査法人を変更するケースも増えつつあります。上場企業の監査契約期間はどのぐらいなのでしょうか。

今回、7割の企業が10年以上監査法人を変えていないという記事が、日本経済新聞よりリリースされています。

上場企業のうち、監査法人を10年以上変えていない企業が、継続年数を開示した企業の中で7割にのぼることがわかった。味の素は68年、三井不動産は58年と超長期にわたるケースも多い。

引用元:監査法人、10年超継続が7割 交代で質の低下を懸念 味の素68年、三井不58年(日本経済新聞 2020年1月18日付)

記事で紹介されている税務研究会の調べによると、19年3月期の有価証券報告書で監査人が継続して監査している期間を開示した83社のうち、57社が10年以上監査人を変えておらず、40年以上の企業も10社あったということです。

この調査から、監査法人の交代にリスクを感じている企業が多い現状が読み取れます。監査法人ローテーション制度は今後も継続して議論が続けられますが、企業と監査法人双方の負担が軽くなるような交代方法を考えない限り、実現は難しそうです。記事では詳細が述べられていますので、ご参照ください。

東芝、再び不適切会計発覚で1部復帰に暗雲

東証の1部市場への移行基準見直しで、早ければ2020年中にも東芝が1部市場へと復帰すると目されていた最中に、再び不適切会計が発覚してしまいました。

今回、東芝子会社である東芝ITサービスの売上過大計上に関する記事が、日本経済新聞よりリリースされています。

東芝で再び不適切会計が発覚し、企業統治に疑念が生じている。18日、連結子会社が2019年4~9月期に売上高で約200億円を過大計上していたと発表した。

引用元:東芝、東証1部復帰に影 子会社で不適切会計発覚(日本経済新聞 2020年1月19日付)

記事によると、東証が20年2月から1部への移行基準を緩和するため、2年分の適正意見を得ている東芝は年数についての移行基準をクリアできることになりました。ところが子会社の会計不祥事の発覚で、企業統治の改善実績が十分でないことが浮き彫りになってしまい、今後の審査に悪影響を及ぼす可能性が出てきたということです。

1部復帰を目前に控えての今回の会計不祥事発覚に、投資家の冷ややかな反応が予想されます。記事では詳細が述べられていますので、ご参照ください。

KPMGジャパンが日本ブラインドサッカー協会とスポンサー契約

あずさ監査法人といえば「スポーツアドバイザリー室」という専門部署を設置し、スポーツ科学修士を持つ公認会計士が経営コンサルティングを行うなど、スポーツチームと繋がりが深いイメージがあります。

今回、KPMGジャパンとNPO法人日本ブラインドサッカー協会のスポンサー契約に関するニュースが、KPMG Webサイトよりリリースされています。

KPMGジャパンは2020年1月1日に、ブラインドサッカー男子日本代表のスポンサー契約をNPO法人日本ブラインドサッカー協会(以下、JBFA)と締結しましたので、お知らせします。

引用元:KPMG、ブラインドサッカー男子日本代表をスポンサー支援(KPMG Webサイト 2020年1月15日付)

記事によると、KPMGメンバーファームのあずさ監査法人が2014年9月から経理ボランティアとして社員を派遣したり、2016年からJBFAとパートナーシップ契約を締結するなど、ブラインドサッカー普及発展のために支援を続けてきたそうです。

アイマスクを着用した選手、転がると音が出るボール、ガイドによる声での伝達を邪魔しないように静かにプレーを見守る観客たち。普段のサッカー観戦との違いに最初は戸惑うかもしれませんが、ハンデがありながらも自由にピッチを走りドリブルする姿に、新たなサッカーの魅力が見つけられそうです記事では詳細が述べられていますので、ご参照ください。

(著者:大津留ぐみ / 大津留ぐみの記事一覧

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


南青山グループ


あらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


青山綜合会計事務所


太陽有限責任監査法人

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

税理士法人令和会計社


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー


英語コーチングのプログリット


全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!


自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


企業の持続的成長を支援するエスネットワークス


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. 公認会計士試験合格発表・2018年

    会計士試験の合格者は1,305名!平成30年(2018年)公認会計士試験合…

  2. 東京共同会計事務所 公認会計士・原田昌平氏

    第3回:金融危機の日本への帰国【連載:不動産金融の勃興の中で】

  3. くわえもんの「会計士の悩みは俺に聞け!」

    将来は独立したい!アドバイザリーと国際部のどちらがいいですか?…

  4. 長田 新太氏_グローウィン・パートナーズ株式会社_第8回 公認会計士ナビonLive!!

    監査法人から転職して感じた開放感とは!?若手会計士が語ったFAや…

  5. IKP税理士法人・公認会計士・細田将秀/Misoca・代表取締役・豊吉隆一郎

    地方のスタートアップの成功とそれを支えた東京の公認会計士の話 ~…

  6. 宮本 翔氏 Fanatics Japan G.K. Financial Controller/公認会計士

    好きなことを仕事にした会計士 -スポーツビジネスを本業にした会計…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント