freee finance labと三井住友カードと富士通、「借りられる」が事前に分かるスモールビジネス向け融資サービスを提供開始【PR】

【PR:freee様】

freee株式会社

freee株式会社
三井住友カード株式会社
富士通株式会社

freee finance lab株式会社(freee株式会社の100%子会社、以下、freee finance lab)は、事前に融資可否、融資可能額が確認できる新たな融資サービス「オファー型融資」を開始しました。本サービスを通じ、三井住友カード株式会社(以下、三井住友カード)は、ビジネスローンの審査(注1)に申し込みのあったお客様の会計データを活用し、富士通株式会社(以下、富士通)は、「Cloud Lending(注2)」の機能を活用することで本サービスの早期実現を可能としました。

本サービス開発の背景と狙い

日本では企業全体の99%以上が中小企業であり、日本の経済はスモールビジネスによって支えられています。スモールビジネスにおいては、事業の安定化、成長のための資金確保は大きな経営課題の一つと言えますが、金融機関から融資を受けるための手続きは煩雑で、審査結果が判明するまで時間を要する場合も多く、融資を申し込むことを躊躇する企業が多いのが現状です。
freee finance labは、このような課題に対し、今回、「借りられる」ことが事前に分かる融資サービスを提供することで、スモールビジネスの資金調達における課題を解決し、ビジネスの成長を支援します。
三井住友カードは、企業の経費精算業務の効率化や福利厚生促進のため、法人カード及び付帯サービスの導入を積極的に推進しています。本スキームでは、ビジネスローンの審査において、従来の与信ノウハウに加え、審査申し込みのあった法人の会計データを活用していきます。

富士通は、「オファー型融資」を通じて提供される「ビジネスローン」の申し込みから審査までの一連のサービスを、融資サービス向けクラウド型パッケージソフトウェアでグローバルに高いシェアを持つ「Cloud Lending」を用いて構築し、サービス化に貢献しました。「Cloud Lending」は、高い開発効率、優れた運用性と柔軟な拡張性を備えたSalesforce Platformをベースとしており、一連の手続きをクラウド上で実施できる仕組みを短期間で開発しました。

今回、ベンチャー企業、金融事業者、ICTベンダーという異業種の共創により、それぞれの事業、ノウハウ、テクノロジーを持ち寄り、新たなビジネスモデルを実現しています。

サービス概要

「オファー型融資」は、freee株式会社の「クラウド会計ソフトfreee(以下、会計freee)」に蓄積された財務データの分析により、事前に融資可否、融資条件の試算結果(融資可能額等)が確認できるスモールビジネス向けの融資サービスです。freee finance labが提供を開始する、スモールビジネスに向けた資金繰り改善の様々な手段を提案する「資金繰り改善ナビ(注3)」の中で利用できます。
融資を希望するお客様は、「会計freee」からfreee finance labの「オファー型融資」を通して、連携している金融機関への融資の申し込みや、返済状況の確認などのサービスを受けることができます。

お客様は、一般的な融資の申請に必要な資料作成や手続きなど、煩雑な作業をすることなく融資の可否がわかるため、事業計画や投資計画が立てやすくスピーディーな経営が可能になります。

関連Webサイト

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

<注釈>
(注1)ビジネスローンの審査:融資実行にあたり、三井住友カードとの取引状況等によっては融資を見合わせる場合があります。
(注2)Cloud Lending:米シリコンバレー発のクラウド型レンディングパッケージ。全世界で100社におよぶ導入実績をもつ。富士通は本ソリューションの国内における唯一の販売、導入パートナー。
(注3)資金繰り改善ナビ:関連プレスリリース「freee finance lab、スモールビジネスの資金繰りを改善する総合的な金融サービスの提供を開始」(https://corp.freee.co.jp/news/kaizen-navi-9205.html

以上

引用元:freee finance labと三井住友カードと富士通、「借りられる」が事前に分かるスモールビジネス向け融資サービスを提供開始 | プレスリリース | freee株式会社

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


あらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

青山綜合会計事務所


太陽有限責任監査法人

税理士法人平成会計社


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


企業の持続的成長を支援するエスネットワークス


海外進出支援のCaN International


全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!


自動型クラウド会計ソフト MFクラウド


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. 東京共同会計事務所 公認会計士・原田昌平氏

    最終回(第7回):崩壊に向かって突き進んだ証券化市場、そして、こ…

  2. 公認会計士業界時事ニュース

    会計士の現行犯逮捕、会計士起業家の新サービス、論文盗用事件など6…

  3. 東京共同会計事務所FASパートナー編サムネイル

    会計士が最も成長できるFAS系ファームはどこか?外資系投資銀行の手…

  4. 経営共創基盤マネジャー・公認会計士・鈴木 博史氏

    会計以外にどれだけ自分の世界を広げられるか-経営共創基盤のマネ…

  5. 今年の合格者は1,051人!平成27年(2015年)公認会計士試験合格発表…

  6. 公認会計士のための独立・開業勉強会【第1回】

    会計士の独立を成功させるには!?第1回・公認会計士のための独立・…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■クラウド・Eラーニング

会計士の税務スキル習得にクラウド・Eラーニング

お知らせ

第11回 公認会計士ナビonLive!!フローティングバナーPC表示用