ビーブレイクシステムズのクラウドERP「MA-EYES」が経済産業省の「IT導入補助金」対象ITツールに認定 ~補助金の活用で中小企業の生産性向上を支援~:ビーブレイクシステムズ【PR】

【本記事はビーブレイクシステムズ様からのプレスリリースです】

株式会社ビーブレイクシステムズ_ロゴ_top

株式会社 ビーブレイクシステムズ(本社:東京都品川区、代表取締役:白岩次郎、東証マザーズ上場:証券コード3986 以下「ビーブレイクシステムズ」)は、経済産業省が推進する「サービス等生産性向上IT 導入支援事業(以下「IT導入補助金」)」の対象ITツールに認定されたことをお知らせいたします。

「MA-EYES」は、2005年の発売以来IT業界や広告業界などのサービス業企業を中心に多くのお客様に好評をいただいております。経営層からの視点を意識したクラウドERP製品で、プロジェクト管理、販売管理、在庫管理、購買・経費管理や作業実績管理、分析・レポート、ワークフローなど豊富な標準機能を予め搭載しプロジェクト型企業の業務全般をトータルにカバーします。 

中小企業・小規模事業者は、この「IT導入補助金」制度を利用して「MA-EYES」を導入する場合、導入時にIT導入補助金を申請することで、採択されれば補助金を経済産業省より受け取ることができます。補助金は導入費用の2分の1以下、1社あたり最大で50万円、下限額は15万円と定められています。 

IT導入補助金とは

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等がITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費の一部を補助することで、中小企業・小規模事業者等の生産性向上の実現を図ることを目的としています。(IT導入補助金 ホームページ:https://www.it-hojo.jp) 

なお、IT導入補助金の一次公募は、2018年6月4日(月)(予定)までに申請を済ませる必要があります。予算には限りがありますので、ご利用のお申し込みはお早めにお願いいたします。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社ビーブレイクシステムズ 担当:岡部
電話:03-5487-7855 メール:pr@bbreak.co.jp

引用元:ビーブレイクシステムズのクラウドERP「MA-EYES」が経済産業省の「IT導入補助金」対象ITツールに認定 ~補助金の活用で中小企業の生産性向上を支援~

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


南青山グループ


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


太陽有限責任監査法人

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

税理士法人令和会計社


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー


英語コーチングのプログリット


会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


企業の持続的成長を支援するエスネットワークス


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. Googleで比較する監査法人 その1:検索数で比較

  2. 東京共同会計事務所 公認会計士・原田昌平氏

    第5回:証券化マーケットの拡大とビジネス起ち上げへのチャレンジ【…

  3. 弥生PAPカンファレンス2019春会場写真

    消費税法改正に際して会計事務所は顧問先をどう支援すべきか?:弥…

  4. 公認会計士への税理士資格付与について考える

  5. 四大監査法人の決算比較!業績(売上・利益)、クライアント数、人…

  6. 会計税務のデジタル化はどこへ向かう?弥生の代表が語った会計業務の未来図とは?:弥生PAPカンファレンス2019秋・東京レポート(前編)

    会計税務のデジタル化はどこへ向かう?弥生の代表が語った会計業務…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント