監査改革へ議論加熱!?など3件まとめ:今月の会計士業界ニュース(2017年9月その1)

  • 2017/9/28

9月7日から24日にかけて、監査改革に関連したニュースが複数リリースされています。企業会計審議会による会計監査制度の見直し、監査報告書の改正に関する記事をご紹介します。

監査法人と企業のなれ合い排除。制度変更求める

「なれ合い監査」見直し始まる 金融庁、東芝問題契機に (日本経済新聞 2017年9月8日付)

平成15年改正公認会計士法で、監査人の独立性を確保するためにローテーション制度が取り入れられましたよね。導入当初は、監査法人と企業のなれ合いが排除できる画期的な制度として、実効性が期待されていました。

ですが最近の東芝事件などを受け、同一監査法人内でローテーションを行っても、効果が上がらないという見方が出てきたようです。

企業会計審議会の会計監査の見直し議論に関する記事が、日経新聞より出ています。

 会計監査の見直し議論が8日、始まった。金融庁は同日午前、企業会計審議会(金融庁長官の諮問機関)を開き、監査基準の改定や監査法人の交代制を今年度の議題とすることを公表した。会計監査の質を高め、企業とのなれ合いを排除して監査法人の独立性を高めることを目指す。相次ぐ会計不祥事をきっかけに始まった会計監査改革が実行段階を迎える。

引用元:「なれ合い監査」見直し始まる 金融庁、東芝問題契機に (日本経済新聞 2017年9月8日付)

記事によると、企業会計審議会は「監査法人の交代制」の導入を検討しているようです。

もし監査法人ローテンション制度が導入されると、前任の監査法人と被監査会社の間では会計事象の発生タイミングや会計基準の解釈など合意が出ていたものも、後任の監査法人がみたときに問題となる可能性があります。

監査法人があからさまに反対することはないとしても、リスクやコスト面から産業界からの抵抗は必至です。 

監査は誰のためのものか問う

監査改革に投資家の視点を(日本経済新聞 2017年9月24日付)

特別な問題がなければ、監査報告書はどれも同じ文言が書かれています。企業の財務内容を詳しく知りたい投資家には、監査報告書は投資の判断材料としては不親切ですよね。

そんな投資家の方に朗報です。従来の「情報提供は被監査会社が行い監査法人は判断だけ」という制度に、改革が起きようとしています。

企業会計審議会の会計監査の見直し議論で、監査報告書の抜本的な改正が議題になっていることが、日経新聞の記事で出ています。

ひとつは監査報告書の内容を充実させることだ。現在は監査法人が報告書に「適正」や「不適正」といった結論だけを記載する。企業買収から生じる「のれん」の減損や、訴訟で抱えうる賠償の負担といったリスクに関する言及はなく、投資家は監査の実態がつかみにくかった。

引用元:監査改革に投資家の視点を(日本経済新聞 2017年9月24日付)

記事では、日本の監査制度が国際的に見劣りがしない水準になるために、見直しには市場関係者や世界中の様々な投資家らの幅広い意見を反映させるべきだとしています。

監査法人にとっては責任重大ですが、日本の監査制度が信頼性を取り戻す最後のチャンスかもしれません。徹底的に議論して市場の期待に応えてもらいたいところです。

監査法人の意見が投資情報に。

監査報告プロセス開示へ 相次ぐ会計不祥事 20年めど、投資家に判断材料(日本経済新聞 2017年9月7日付)

監査報告書は結論だけが記載されていますが、そこに至るまでに無数の監査証拠の評価や判断が繰り返されていますよね。「結論に至るまでの過程や監査法人の意見も知りたい」という投資家の希望がかなえられることになりそうです。

企業会計審議会が行う会計監査改革のうち監査報告書の改正に関する記事が、日本経済新聞より出ています。

監査法人が企業の財務諸表にお墨付きを与える監査報告書が変わる。現在は財務諸表がルールに合っているかを4段階で評価するだけだが、2020年3月期をめどに監査プロセスの開示や会計士の意見を加える。会計不祥事が相次ぐなか、「監査の見える化」を進め、投資家が受け取る情報の信頼性を高める狙い。

引用元:監査報告プロセス開示へ 相次ぐ会計不祥事 20年めど、投資家に判断材料(日本経済新聞 2017年9月7日付)

記事によると、細かいルール作りはこの秋から始まるとのことです。早ければ2年後に導入されるかもしれないこの制度。投資家の判断材料として有用な情報開示はされるのでしょうか。

金融庁が考える会計監査改革とは

金融庁は、9月8日に行われた企業会計審議会総会の配布資料を、報道発表資料として公表しています。今回、日本経済新聞の記事で取り上げている会計監査改革に関する資料はこちらです。

企業会計審議会総会資料の公表について(金融庁 2017年9月8日付)

資料によれば、監査法人ローテンション制度は、EUが2016年6月から先行実施しているものの導入による混乱は見られていないという調査報告がされています。今後は、監査法人・企業・機関投資家等の関係者からのヒアリング等を実施しながら、調査・検討が進められていくことになりそうです。

また、監査報告書の透明化については、先行しているイギリス・EU・アメリカ等諸外国の導入状況について報告されています。国際水準の開示をするのか、実務上の課題を含めて検討が進められます。

(ライター 大津留ぐみ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公認会計士ナビが転職をサポート!

公認会計士のための転職エージェント

過去の注目記事

  1. 平成29年度_修了考査_2017_thumb
    本日、平成29年度修了考査の合格発表が行われました。 合格された皆様、おめでとうございます! こ…
  2. ここ数年の会計業界での最も大きなトレンドのひとつに「クラウド会計ソフト」の躍進が挙げられるだろう。 …
  3. 来る2015年3月21日(土)に第3回・公認会計士ナビonLive!!(テーマ:ベンチャーキャピ…
  4. このコーナーでは、“くわえもん”こと高桑昌也氏が、厳しく、優しく、ユーモラスに公認会計士のみなさ…
  5. 公認会計士はどのように英語力を高めているのか? PwC出身の宮地俊充氏が起ち上げたオンライン英会話…
  6. ERP講座導入事例編_サムネイル
    本記事は、東証マザーズ上場の株式会社ビーブレイクシステムズ様のご提供で、クラウドERPパッケージ…

更新情報

公認会計士ナビの更新情報は下記よりご購読頂けます。

follow us in feedly

公認会計士ナビをフォロー
公認会計士ナビ RSS

公式サービス

公認会計士のための転職エージェント

公認会計士ナビの人材紹介サービス

公認会計士ナビのスポンサー募集

会計事務所求人名鑑

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサーにサポート頂いております。

[プラチナスポンサー様]

あらた監査法人

株式会社エッサム

弥生会計

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

青山綜合会計事務所

太陽有限責任監査法人

税理士法人平成会計社

ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷

企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ

[ゴールドスポンサー様]

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ

企業の持続的成長を支援するエスネットワークス

海外進出支援のCaN International

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

レアジョブ英会話・本気塾

→スポンサー企業一覧

→スポンサープラン詳細

会計士の独立に!:PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■クラウド・Eラーニング

会計士の税務スキル習得にクラウド・Eラーニング

■JCBの法人・事業者カード

会計士の独立にJCB法人カード

ページ上部へ戻る