PwCあらた、日本マイクロソフトと共同で、Azure、O365クラウド利用における政府機関向けセキュリティリファレンスを提供開始【PR】

  • 2017/8/19

【本記事はPwCあらた有限責任監査法人様からのプレスリリースです】

2017年8月8日
PwCあらた有限責任監査法人

PwCあらた有限責任監査法人(東京都中央区、代表執行役:木村 浩一郎)は、日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長:平野 拓也、以下:日本マイクロソフト)と共同で、内閣サイバーセキュリティセンター(以下:NISC)制定の政府統一基準に対応したセキュリティリファレンスを作成し、8月8日より、無償提供を開始しました。本リファレンスは、日本マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Azure」(以下:Azure)「Office365」(以下:O365)環境において、政府統一基準を満たすためのセキュリティ対応策を提示しています。

NISCは2016年8月に「政府機関の情報セキュリティ対策のための統一基準」(以下:政府統一基準)を改定し、クラウドの選定および利用の際のガイドラインやセキュリティ要件などの基準を追加しました。本リファレンスは、国内の政府機関(行政機関および独立行政法人など)に向け、AzureおよびO365クラウド環境における政府統一基準の要件整理の考え方や必要となる情報、項目ごとの詳細な対応策を提供しています。

政府統一基準は、国内の政府機関が実施すべきセキュリティ対策の指針になりますが、その項目は複雑かつ多岐にわたります。さまざまな形態のクラウドサービスがある中、各クラウドを利用する際に政府統一基準にどの程度準拠しているかを個別に確認するのは容易ではなく、非常に多くの労力を要するものになっています。本リファレンスは、AzureおよびO365において政府統一基準に準拠するための手順を具体的に示し、政府機関がより高いレベルの情報セキュリティ対策を実現できるよう支援するものです。

本リファレンスの概要と活用イメージ

政府機関がクラウド利用するにあたっては、以下の2つの観点からの検討が重要です。

【観点1】責任分界点を把握し、対応を検討する。
クラウド利用者とクラウド事業者の管理範囲を明確に把握し、クラウド利用者が管理すべき範囲については、クラウド利用者として適切な対応を実施する。

【観点2】クラウド事業者の対策を把握し、対応を検討する。
クラウド事業者の管理範囲について、その管理状況を確認し、不足する部分があれば、クラウド事業者に追加の対応を要求する、あるいはクラウド利用者で補完する対応を実施するなど、クラウド事業者の管理状況を把握し、その対策の十分性を検討する。

本リファレンスは、上記2つの観点からの検討に有用な以下の構成でまとめられています。

 【図1】リファレンス記載項目

【図1】リファレンス記載項目

【図2】リファレンスイメージ

対象としている政府統一基準とガイドライン

政府機関の情報セキュリティ対策のための統一基準(平成28年度版)[PDF 642KB]
府省庁対策基準策定のためのガイドライン(平成28年度版)[PDF 3,088KB]

本リファレンスのダウンロード方法

AzureおよびOffice365クラウド利用における政府機関向けセキュリティリファレンスは、下記のリンクからダウンロード可能です。

 

日本マイクロソフト株式会社 執行役員 常務 パブリックセクター事業本部長 織田浩義氏は、次のようにコメントしています。

「PwCあらた有限責任監査法人による内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)発行の『政府機関の情報セキュリティ対策のための統一基準』に対するマイクロソフト クラウド サービス(Microsoft Azure, Office 365)の対応リファレンスの提供について心より感謝いたします。公共機関だけでなく民間企業のお客様においても、安全で安心・信頼できるクラウドサービスを利用する上でNISCの提供する基準に合致していることを確認できるのはとても重要なこととなっております。日本マイクロソフトはPwCあらた有限責任監査法人のクラウドセキュリティ監査(CS ゴールド マーク)の外部監査人としての深い知識と経験に基づいた情報提供により、マイクロソフトが提供する製品・サービスの品質を継続的に確保し、官公庁および企業の変革を強力に支援していきます」

本リファレンスのリリースを機に、当法人は日本マイクロソフトと協力し、クラウドサービス導入予定政府機関および企業向けセミナー開催をはじめとする共同ソリューションサービスを展開していく予定です。

※なお、本リファレンスではクラウド事業者の管理状況を「政府統一基準」の観点からまとめています。

※Microsoft AzureおよびOffice365は、日本マイクロソフト株式会社が提供するクラウドサービスです。詳細は下記リンク先をご覧下さい。

PwCあらた有限責任監査法人について

PwCあらた有限責任監査法人は、卓越したプロフェッショナルサービスとしての監査を提供することをミッションとし、世界最大級の会計事務所であるPwCの手法と実務を、わが国の市場環境に適した形で提供しています。さらに、国際財務報告基準(IFRS)の導入、財務報告に係る内部統制、また株式公開に関する助言など、幅広い分野でクライアントを支援しています。

詳細を見る

引用元:PwCあらた、日本マイクロソフトと共同で、Azure、O365クラウド利用における政府機関向けセキュリティリファレンスを提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公認会計士ナビが転職をサポート!

公認会計士のための転職エージェント

過去の注目記事

  1. 本日、平成27年度修了考査の合格発表が行われました。 本年のこの「平成27年度修了考査」は、平成1…
  2. 今回から監査法人や会計事務所、コンサルティングファームにおじゃましてオフィスを見学させて頂く『オフィ…
  3. 税理士や公認会計士の増加、日本経済の停滞などの影響から会計業界の停滞や閉塞感が叫ばれる中、それを切り…
  4. ベンチャーやスタートアップに興味あるけど、業界情報ってどうやって集めたらいいの? IPOマ…
  5.   独立を目指す公認会計士や既に開業している公認会計士にとっては、税務の報酬相場は気になるところで…
  6. 弥生会計×クラウド請求書サービスMisoca
    去る2016年2月26日、会計ソフトシェアNo.1の「弥生」がクラウド請求書サービス「Misoca(…

更新情報

公認会計士ナビの更新情報は下記よりご購読頂けます。

follow us in feedly

公認会計士ナビをフォロー
公認会計士ナビ RSS

公式サービス

公認会計士のための転職エージェント

公認会計士ナビの人材紹介サービス

公認会計士ナビのスポンサー募集

会計事務所求人名鑑

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサーにサポート頂いております。

あらた監査法人

株式会社エッサム

弥生会計

税理士法人平成会計社

ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷

企業の経営支援コンサルティングは山田ビジネスコンサルティング

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

企業の持続的成長を支援するエスネットワークス

海外進出支援のCaN International

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

無料で使える請求書・見積書管理サービスmisoca

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

レアジョブ英会話・本気塾

→スポンサー企業一覧

→スポンサープラン詳細

PR:会計士の独立に!

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■JCBの法人・事業者カード

会計士の独立にJCB法人カード

ページ上部へ戻る