freeeが三菱東京UFJ銀行の法人向けインターネットバンキングとAPI連携。国内初、会計ソフトから更新系APIを利用した振込申請機能を提供【PR】

  • 2017/5/22

【本記事はfreee株式会社様からのプレスリリースです】

freee 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:佐々木大輔、以下 freee )は、株式会社三菱東京UFJ銀行(本社:東京都千代田区、頭取:小山田隆、以下「三菱東京UFJ銀行」)が提供する「BizSTATION」との更新系および参照系のAPI※1を活用したシステム連携を本日開始したことをお知らせします。これにより、「BizSTATION」への振込申請が「クラウド会計ソフト freee」上でワンクリックで完結します。なお、会計ソフトから更新系APIを利用した振込申請機能の提供は国内初※2の取組みです。

btmu_summary_2

ご留意事項

  • 本サービスを利用するには、BizSTATION上でのAPIサービス申込みが必要です
  • 振込申請に対する承認(振込実行)が「BizSTATION」上で別途必要です

三菱東京UFJ銀行とのAPI連携の背景

今回のAPI連携については、三菱東京UFJ銀行が主催する「Fintech Challenge 2015」でfreee が大賞を受賞したことが背景の1つにあります。同イベントにて、当社は「銀行振込を利用した新たなモバイル決済プラットフォーム」を提案しました。これは具体的には「『クラウド会計ソフト freee』を活用して請求書を撮影するだけで振込依頼までがシームレスに行えるサービス」という、まさに今回の連携の根幹につながるアイデアでした。

また、昨今の銀行法改正の背景として、金融機関とフィンテック企業との「オープン・イノベーション」の推進が挙げられます。フィンテック企業と金融機関間での「支払・送金の指示」や「口座情報の取得」等が、システム上、安全に接続できるようにオープンAPIに対応することが求められています。freeeとしては、今回の連携に続き、スムーズで利便性が高く、スモールビジネスに携わる方々の経営課題の解決に直結する革新的な金融サービスが数多く生み出されるよう尽力していきます。

ユーザーの振込作業にかかる業務負担や煩雑さを軽減する更新系API連携

従来の振込手続きでは、会計ソフト上で生成された振込データのファイルをダウンロードし、別途ログインしたインターネットバンキングでファイルをアップロードし、振込依頼を行う作業が発生していました。

今回の更新系API連携は、「振込申請」機能自体のAPI連携をクラウド会計ソフトと銀行間で、国内初で実現したケースになります。今回の連携により、「クラウド会計ソフト freee」上で自動的に生成された立替経費や買掛金等の支払いに関するすべての振込データが振込依頼元である「BizSTATION」に自動連携されるため、「BizSTATION」にログインすることなく「クラウド会計ソフト freee」から振込先への振込申請が可能になり、ファイルのダウンロードやアップロードといった作業が不要になります。

ユーザーに、より安定的に残高や入出金情報をご利用いただける参照系API連携

API連携以前は、インターネットバンキングへのログインID/パスワードを「クラウド会計ソフト freee」上に保存していただくことで、その情報を用いてシステムが機械的にインターネットバンキングへログインし、残高及び入出金の明細を「クラウド会計ソフト freee」に取り込んでいました。

今回の連携により、「BizSTATION」のユーザーは「クラウド会計ソフト freee」にログインID/パスワードを保存することなく、「BizSTATION」にある残高及び入出金の明細を「クラウド会計ソフト freee」に自動で取り込むことができるようになり、インターネットバンキング口座を連携するメリットをより安定的に享受いただけるようになります。

  • ※1 銀行の口座情報を外部連携するAPI には、更新系APIと参照系APIの2種類あります。更新系APIは外部サービス内から振込に係る情報連携を実現するAPIであり、参照系APIは金融機関の入出明細や残高情報等を外部サービスに情報連携するAPIです
  • ※2 2017年5月22日現在。当社調べ

freee 株式会社について

「スモールビジネスに携わる全ての人が創造的な活動にフォーカスできるよう」をビジョンに掲げ、人工知能(AI)技術を使った最先端の機能開発や金融機関との連携により、バックオフィス業務効率化のソリューションを提供している。

<会社概要>
会社名  freee 株式会社(登記名:フリー株式会社)
代表者  代表取締役 佐々木大輔
設立   2012 年 7 月 9 日
資本金  96億603万円(資本準備金等含む)
所在地  東京都品川区西五反田2-8-1 ファーストビル9F

<提供サービス>
「クラウド会計ソフト freee」   https://www.freee.co.jp
「クラウド給与計算ソフト freee」 https://www.freee.co.jp/hr
「マイナンバー管理 freee」    https://www.freee.co.jp/my-number
「会社設立 freee」        https://www.freee.co.jp/launch/
「開業 freee」          https://www.freee.co.jp/kaigyou
「経営ハッカー」          https://keiei.freee.co.jp/

引用元:freeeが三菱東京UFJ銀行の法人向けインターネットバンキングとAPI連携。国内初、会計ソフトから更新系APIを利用した振込申請機能を提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公認会計士ナビが転職をサポート!

公認会計士のための転職エージェント

過去の注目記事

  1. 監査法人が処分を受けた理由は?TOP・サムネイル画像
    最近、金融庁の監査法人に対する行政処分が厳しくなっているような気がしませんか?金融庁対応に時間を…
  2. 来る7月5日(土)に「独立・開業」「海外・グローバル!」をテーマにした第2回・公認会計士ナビon…
  3. 弥生株式会社 代表取締役社長 岡本浩一郎 氏
    本日より、弥生株式会社より弥生 19 シリーズが発売となりました。 本記事では、去る201…
  4. CPA_CONCIERGE_サムネイル画像
    みなさんこんにちは。公認会計士ナビ編集部です。 ここ数年、大きく成長を遂げている東南アジア地域。経…
  5. 弥生PAPカンファレンス講演会場
    独立されている公認会計士や税理士の方々は業界の情報をどのようにアップデートしているでしょうか? 「…
  6. IPO市場が活況だ。gumiショックなどの影響もあり上場承認のハードルは上がりつつも、アベノミクスに…

更新情報

公認会計士ナビの更新情報は下記よりご購読頂けます。

follow us in feedly

公認会計士ナビをフォロー
公認会計士ナビ RSS

公式サービス

公認会計士のための転職エージェント

公認会計士ナビの人材紹介サービス

公認会計士ナビのスポンサー募集

会計事務所求人名鑑

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサーにサポート頂いております。

[プラチナスポンサー様]

あらた監査法人

株式会社エッサム

弥生会計

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

青山綜合会計事務所

太陽有限責任監査法人

税理士法人平成会計社

ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷

企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ

[ゴールドスポンサー様]

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ

企業の持続的成長を支援するエスネットワークス

海外進出支援のCaN International

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

レアジョブ英会話・本気塾

→スポンサー企業一覧

→スポンサープラン詳細

会計士の独立に!:PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■クラウド・Eラーニング

会計士の税務スキル習得にクラウド・Eラーニング

■JCBの法人・事業者カード

会計士の独立にJCB法人カード

ページ上部へ戻る