PwC、米国国家安全保障局よりサイバーインシデント対応支援認証を取得【PR】

【本記事はPwCあらた有限責任監査法人様からのプレスリリースです】

サイバーセキュリティインシデント対応に関する全21分野で実力を証明

2016年8月3日
PwC Japanグループ

ワシントンDC (2016年7月8日)―PwC米国法人は本日、米国国家安全保障局(NSA)よりサイバーインシデント対応支援(Cyber Incident Response Assistance: CIRA)認証を取得したことを発表しました。CIRA認証におけるNSAの目的は、迅速なサイバーセキュリティインシデントの対応支援と侵入検知サービスを提供できる資格保有業者を政府として公認することです。

PwCは、11社目のCIRA認証取得企業となりました。この認証を得るにあたって、PwCがサイバーセキュリティインシデント対応全21分野において、人材、技術、方法論を有していることが証明されました。

PwCのサイバーセキュリティ&プライバシーサービス部門担当プリンシパルのシェーン・シムズ(Shane Sims)は次のように述べています。

「NSAから権威あるCIRA認証を取得できたことを名誉に思います。これは、当社のチームが築き上げてきた実績と、クライアントに影響力のあるサイバーセキュリティサービスを提供すべく取り組んできた努力の証です」

PwCのサイバーセキュリティ&プライバシーサービスは、絶えず進化し続ける脅威を理解、正しい戦略を開発・実行、効果ある防御を展開・実施し、セキュリティインシデントを無効化することにより、組織や消費者に及ぼされる影響の軽減に取り組むことで、サイバーセキュリティリスクに対処しています。CIRA認証は、PwCがこの分野において前進し続ける上で、政府機関およびあらゆる業界のクライアントに最高品質のインシデント対応サービスを提供する適性を有していることを示す証左となります。

今回の認証について、PwC JapanグループのPwCサイバーサービス合同会社 最高執行責任者 星澤 裕二は、次のように述べています。

「サイバー攻撃に国境は存在せず、グローバル規模でのインシデント対応が必須となってきています。PwCでは、グローバル規模でサイバーセキュリティインシデント対応支援を実施できる実績と能力を備えており、日本においてもサイバーセキュリティインシデント対応支援サービスとして『インシデントレスポンスアドバイザリーサービス』を展開し、多くの企業・団体に対して提供しています」

PwC Japanグループのサイバーセキュリティインシデント対応サービスの詳細については、当社ウェブサイト(http://www.pwc.com/jp/ja/japan-service/cyber-security/incident-response-advisory-service.html)をご覧ください。

以上

*本プレスリリースは、2016年7月8日にPwC米国法人が発表したプレスリリースの抄訳に、PwC Japanグループの情報を付加したものです。英語の原文と翻訳内容に相違がある場合には原文が優先します。

PwCについて
PwCは、社会における信頼を築き、重要な課題を解決することをPurpose(存在意義)としています。私たちは、世界157カ国に及ぶグローバルネットワークに208,000人以上のスタッフを有し、高品質な監査、税務、アドバイザリーサービスを提供しています。詳細はwww.pwc.com をご覧ください。

PwC Japanグループについて
PwC Japanグループは、日本におけるPwCグローバルネットワークのメンバーファームおよびそれらの関連会社の総称です。各法人は独立した別法人として事業を行っています。
複雑化・多様化する企業の経営課題に対し、PwC Japanグループでは、監査およびアシュアランス、コンサルティング、ディールアドバイザリー、税務、そして法務における卓越した専門性を結集し、それらを有機的に協働させる体制を整えています。また、公認会計士、税理士、弁護士、その他専門スタッフ約5,000人を擁するプロフェッショナル・サービス・ネットワークとして、クライアントニーズにより的確に対応したサービスの提供に努めています。

PwCサイバーサービス合同会社について
PwCサイバーサービス合同会社は、サイバーセキュリティの専門家、研究者を多数擁しており、PwCグローバルネットワークと連携することで、国内外のサイバーセキュリティ動向に精通したサービスを提供しています。従来の防御主体のセキュリティ対策から脱却し、攻撃を受けることを前提に迅速に対応する“レジリエントセキュリティ”を実現します。

引用元:PwC、米国国家安全保障局よりサイバーインシデント対応支援認証を取得

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ


令和アカウンティング・ホールディングス



【ゴールドスポンサー様】


南青山アドバイザリーグループ


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー

株式会社アイティーフィット_ロゴ


南富士有限責任監査法人グループ

会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. 会計士のキャリア小六法_第6回サムネイル

    【第6回】同期や上司とどこで差がつく?会計士の転職に影響する要素…

  2. 税理士や会計士の仕事は明日クラウドやAIに淘汰されるわけではない…

  3. 第10回公認会計士ナビonLive!!_中山 昌則氏

    中小企業支援で大切なことは座学よりも現場経験。若手会計士が語っ…

  4. 弥生会計×クラウド請求書サービスMisoca

    会計ソフト最大手がスタートアップ買収を決断した理由:弥生がMisoc…

  5. 東京共同会計事務所 窪澤さん連載画像

    第1回:税務顧問の契約書はなぜ重要なのか?【会計事務所が知ってお…

  6. 監査法人 IPO

    2013年の監査法人IPOランキング(件数・時価総額・騰落率)をまとめ…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント