PwCコンサルティング、経営変革を支援する戦略部門を拡充【PR】

【PR:PwCあらた監査法人様】

PwCあらた有限責任監査法人_ロゴ_記事トップ_202007_new

デジタル時代のビジネストランスフォーメーションを戦略から実行まで総合的に支援

2021年10月14日
PwCコンサルティング合同会社

PwCコンサルティング合同会社(東京都千代田区、代表執行役CEO:大竹 伸明、以下「PwCコンサルティング」)は、不確実な時代においてデジタルトランスフォーメーション(DX)を加速させ、大規模なビジネス変革に取り組む企業・組織を支援するために、ストラテジーコンサルティング部門を新たに強化・拡大し、本格的に活動開始したことをお知らせします。

長引く新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響をはじめ、テクノロジーによる破壊的な変革、気候変動、地政学的分断、そして緊迫する社会状況などにより、ビジネスのさまざまな領域でこれまでの前提が大きく変わり始め、多くの企業は経験したことのない新たな課題に直面しています。PwCは、こうした今日の世界を形作る重要な課題に取り組む企業や組織が対応を迫られているなか、「ゆるぎない成果(Sustained Outcomes)」「信頼の構築(Trust)」の二つの重要なニーズに応えていくことを経営の中心に据えています*1

クライアント企業の経営戦略の策定から実行まで、総合的なコンサルティングサービスを提供するPwCコンサルティングは、これまでもクライアント企業が直面するDXの実現やグローバル市場での競争力向上など、複雑で困難な課題を解決するための支援を行ってきました。この度さらに、先述の重要な二つのニーズ、とりわけ「ゆるぎない成果(Sustained Outcomes)」に対応するクライアント企業の変革支援を目的として、戦略コンサルティング部門のStrategy&、テクノロジー部門、そしてM&A・提携・再編を含む変革実務に特化した部門における戦略機能を統合して戦略部門を拡充しました。体制を新たにしたこの戦略部門は、クライアント企業の変革の推進者として、ケイパビリティの特定から戦略策定、そして将来への成長に向けた事業・組織・コスト構造変革を目指した支援を行います。さらに、将来を見据えたあるべき産業・社会構造についても積極的に提案していきます。

新体制の特長は、以下のとおりです。

新体制の主な特長とサービス概要

  • 長年にわたり数多くの経営課題の解決支援を行ってきた戦略コンサルティング部門のStrategy&と、テクノロジー、M&A・提携・再編を含む変革実務に特化した部門における戦略機能を統合して、300人体制で「戦略から実行」までを総合的に支援。総合プロフェッショナルファームにおいて最大規模の戦略部門として、マネジメントコンサルティング、アシュアランス、税務、ディールなどのサービスと連携しながら総合的に変革を推進
  • Practical Strategy(即座に実行でき、将来にも効果をもたらす戦略を構築すること)の策定、それを起点としたトランスフォーメーションを通して、クライアント企業の「ゆるぎない成果」実現を支援
  • 個別案件ではなく、経営層とともに企業全体の変革をデザインし、全体の事業の在り方を見直し、新たな価値を見出すためのビジネストランスフォーメーションを支援

新体制がクライアントに提供する支援フレームワークの全体像*2

PwCストラテジーコンサルティングおよびStrategy&リーダーの矢吹 大介は、以下のように述べています。

「先行きの見えづらい不透明な時代に、企業トップは明確な目標を打ち立て、スピードをもって実現し、結果を出すことがこれまで以上に求められています。デジタル化によって産業の垣根がなくなり、産業構造が大きな転換を迎える中、企業変革は、大きな戦略を描きながら即座に実行するとともに、それを永続させるための組織人材が必要です。今回、PwCはコンサルティングにおける戦略チームを集結させることにより、戦略とデジタルの力を最大限に活用し、クライアント企業が『ゆるぎない成果』を生み出す持続的な成長を支援します。」

*1: 2021年にPwCが新たに打ち出した経営ビジョン「The New Equation」において、PwCが支援していく企業・組織の重要な二つのニーズとして定義

*2: 『成長への企業変革―ケイパビリティに基づくコスト削減と経営資源の最適化(Fit for Growth)』において、Strategy&が定義する企業がコストを戦略的に削減・再配分することでコスト削減と成長を同時に実現するアプローチを基に構築したフレームワーク

以上

PwCコンサルティング合同会社について

PwCコンサルティング合同会社は、経営戦略の策定から実行まで総合的なコンサルティングサービスを提供しています。PwCグローバルネットワークと連携しながら、クライアントが直面する複雑で困難な経営課題の解決に取り組み、グローバル市場で競争力を高めることを支援します。

詳細はこちら

Strategy&について

Strategy&は、他にはないポジションから、クライアントにとって最適な将来を実現するための支援を行う、グローバルな戦略コンサルティングチームです。そのポジションは他社にはない差別化の上に成り立っており、支援内容はクライアントのニーズに応じたテイラーメイドなものです。PwCの一員として、私たちは日々、成長の中核である、勝つための仕組みを提供しています。圧倒的な先見力と、具体性の高いノウハウ、テクノロジー、そしてグローバルな規模を融合させ、クライアントが、これまで以上に変革力に富み、即座に実行に移せる戦略を策定できるよう支援しています。

詳細はこちら

引用元:PwCコンサルティング、経営変革を支援する戦略部門を拡充 | PwC Japanグループ

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


南青山アドバイザリーグループ


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ


令和アカウンティング・ホールディングス


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー

株式会社アイティーフィット_ロゴ


南富士有限責任監査法人グループ

会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. ベンチャーはいつIPOを目指すべきなのか!?インターワークスCFOがI…

  2. 南青山アドバイザリーグループ_進化する会計ファーム

    進化する会計ファーム、会計税務・FAS・金融の融合で企業オーナーを…

  3. TACの業績を分析してみた_財務・会計分野編_サムネイル画像

    TACの会計士講座の受講者数や業績の状況は!?:資格の学校TACを徹…

  4. 東京共同会計事務所 窪澤さん連載画像

    第6回:事故と税賠保険との関係【会計事務所が知っておきたい税理士…

  5. 従業員満足度No.1チーム!PwCあらた監査法人の若手マネージャーが語…

  6. 渡邉孝江が食べてきた!サムネイル画像

    汐留のオシャレなハワイアンカフェのオーナーは会計士!?:会計士…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント