freee、「freee スマート受発注」の提供を開始 スモールビジネス間の面倒な発注・請求プロセスを効率化【PR】

【PR:freee様】freee株式会社

 freee株式会社(本社:東京都品川区、CEO:佐々木大輔、以下「freee」)は、フリーランスなどの外注・業務委託を活用している企業向けに、発注作業や請求書の回収を効率化し、やりとりを一元化できるサービス「freee スマート受発注」(https://www.freee.co.jp/deals/)を本日から無料で提供開始します。これにより、人手不足に悩むスモールビジネスの外注業務を効率化し、社外の人材に仕事を簡単に頼める世界の実現を目指します。スマート受発注

「freee スマート受発注」とは

 外注先活用をはじめとした企業、スモールビジネス間の受発注業務を効率化するサービスです。発注者である企業と受注者であるフリーランスが、一緒にクラウド上において電子データで発注や請求のやりとりを直接行うことで、転記や確認の手間をお互いに大きく削減することができます。なお、これらの機能は全て無料でご利用可能です。
 本サービスはこれまで「freee 受発注サービス β版」として昨年12月から提供しており、すでに登録事業所数は約3,700事業所以上にのぼります。今回、UI・UXの全面改定に加え、「自動化機能」を追加し、サービス名称も新たに正式リリースされることとなりました。

フロー

開発の背景 ~加速する働き方の多様化、副業解禁により個人と企業の取引数増加~

 労働人口の減少により、多くの企業で人手不足が顕在化しています。特にリソースの限られるスモールビジネスにおいては、状況はより深刻です。一方で、企業の副業解禁などにより、フリーランス人口は年々増加を続けています。今後はそのような外部の人材をいかに活用していくかが、経営において重要な鍵となってきます。
 しかし、外部人材の活用には発注や請求などの面倒な事務手続きが発生するほか、下請法などの法律を遵守する必要があります。現状それらはエクセルやメールを使って煩雑に行われていることが多く、スムーズな外注活用の妨げになっていました。また、大企業においてはEDI(※)などの高価なシステムが一部活用されていますが、スモールビジネス向けの無料で使えるサービスは存在しませんでした。

※:Electronic Data Interchangeの略。「電子データ交換」の意味。専用回線や通信回線を通じ、ネットワーク経由で標準的な書式に統一された発注書、納品書、請求書などのビジネス文書を電子的に交換することを指す。

【特徴①】発注や請求回収など外注作業を自動化

【特徴①】発注や請求回収など外注作業を自動化

 これまでの外注は「企業側が発注書をエクセル等で作成しメールで送信」「フリーランスはそれを転記して請求書を作成し送信」というフローで行われ、双方それぞれが面倒な処理を行なっている状態でした。freee スマート受発注を使うことで、「発注内容は電子データでそのままフリーランスに共有」「フリーランスはそのデータをそのまま請求に活用」できます。データを双方で一気通貫させることで、転記や確認の手間を大きく削減します。
さらに「自動化機能」を利用することで、発注者は発注をするだけで支払通知の送信と会計処理が自動で完了。受注者はそれを確認するだけというフローが実現します。
 取引先がExcel・PDF等で自社フォーマットで送りたいという要望から本サービスを使用しない場合も、請求書のアップロードを依頼できる機能も備えているので取引先独自の請求書を受け取ることが可能です。

【特徴②】下請法に準拠した発注が可能。情報漏洩保険の付帯など、安心な取引を実現

 発注においては、一定規模以上の企業には下請法(※1)が適用されます。下請法違反の勧告や指導が12年連続で過去最多発生しており(※2)、下請け業者が不安を抱えながら取引をしている現状があります。
 本サービスは下請法に準拠した発注が行えるほか、証憑はもちろん、請求回収までのやりとりの履歴が全て残るため、企業側もフリーランス側も安心して取引を進めることができます。他にもサービス上での取引には全て情報漏洩保険が付帯される(※3)など、外注に際するリスクを徹底的に低減してまいります。

※1下請代金支払遅延等防止法の略で、親事業者の下請事業者に対する優越的地位の濫用行為を規制する日本の法律
※2公正取引委員会2019年調べ
※32020年12月31日までの期間限定キャンペーン

 【特徴②】下請法に準拠した発注が可能。情報漏洩保険の付帯など、安心な取引を実現

【特徴③】1クリックで会計freeeと連携、PublicAPIも公開

 本サービスは会計freeeと連携することで、より便利にお使いいただけます。企業は回収した請求書を、フリーランスは作成した請求書を会計freeeにシームレスに取引として登録が可能です。
 また本サービスではAPIを公開しており( https://corp.freee.co.jp/news/orderingserviceapi_api.html )、外部システムとの連携を誰でも自由に開発することができます。リアルタイムの発注状況を販売管理システムやBIツールに取り込んだり、自社の受発注システムに本サービスを組み込んだりすることで、より柔軟な活用が可能になります。【特徴③】1クリックで会計freeeと連携、PublicAPIも公開

今後の展開

 引き続き発注や請求の効率化に向けて機能追加を続けていくほか、プロジェクト管理freeeや会計freeeのワークフロー機能との連携を進めていくことで、周辺業務も転記不要の業務フローを実現していきます。
 また、企業とフリーランスの関係にとどまらず、スモールビジネスに広く展開していくことで、スモールビジネス同士の取引を活性化させるプラットフォームを提供してまいります。

サービス概要・金額

サービス名(正式名称):freee スマート受発注
サービスサイト:https://www.freee.co.jp/deals/
利用料:無料

本件に関するお問い合わせ先

freee 株式会社 広報 (PR) 土島あずさ
E-mail: pr@freee.co.jp

会計事務所の強みになるクラウド会計ソフトfreee

クラウド会計ソフトfreee_ロゴ_new

freeeを活用する会計事務所が増えているのには理由があります

スモールビジネスと向き合い、唯一無二の強みを一緒に作りませんか?無料のオンライン説明会実施中。
まずは気軽にご参加ください。

オンライン説明会のお申し込みはこちら

引用元:freee、「freee スマート受発注」の提供を開始 スモールビジネス間の面倒な発注・請求プロセスを効率化 | プレスリリース | corp.freee.co.jp

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


南青山アドバイザリーグループ


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ


令和アカウンティング・ホールディングス


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー

株式会社アイティーフィット_ロゴ


南富士有限責任監査法人グループ

会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. Freee_AI月次監査サムネイル

    税理士や会計士の仕事はAIでどこまで自動化されるのか?freeeがAI月…

  2. 第9回公認会計士ナビon Live_俣野氏サムネイル

    独立で幸福度が倍増!?若さと勢いを武器に独立した会計士が見たフ…

  3. 東京共同会計事務所 公認会計士・原田昌平氏

    最終回(第7回):崩壊に向かって突き進んだ証券化市場、そして、こ…

  4. CPAtalk2018_サムネイル

    公認会計士には様々な可能性がある!CPA TALKs2018に行ってきた!

  5. 弥生会計×クラウド請求書サービスMisoca

    会計ソフト最大手がスタートアップ買収を決断した理由:弥生がMisoc…

  6. これが会計士の独立のリアル!30人に聞いた独立1年目の年収や魅力・悩みとは!?

    これが会計士の独立のリアル!30人に聞いた独立1年目の年収や魅力・…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント