PEファンドで活躍する会計士が語ったメザニン投資のキャリアと魅力【第11回・公認会計士ナビonLive!!(2)】

赤塚佳弘氏 公認会計士 みずほキャピタルパートナーズ株式会社 ヴァイスプレジデント

来る202037日(土)に東京・丸の内にて「経営を支える公認会計士たち ~事業会社を動かすキャリアの身につけ方~」「強みを活かして独立した公認会計士たち ~会計士の独立と専門性~」をテーマに12回・公認会計士ナビonLive!!が開催されます。

本記事では第12回の開催に向けて、昨年8月に開催された11回 公認会計士ナビonLive!!の内容を振り返ります。

11回 公認会計士ナビonLive!!の第1部トークセッションでは、「“ファイナンス”で輝く会計士のプロフェッショナルスキル」をテーマに、PEファンド、FAS、経営コンサルティングの分野でファイナンススキルを活かして活躍する3名の公認会計士と、会計業界に精通した転職エージェントでもある公認会計士ナビ編集長が、公認会計士のキャリアについて語りました。

※本記事はセッションでの発言を一部補足・編集した記事となっております。

11回 公認会計士ナビonLive!!
“ファイナンス”で輝く会計士のプロフェッショナルスキル/好きなことを仕事にした会計士たち ~本業・副業・パラレルキャリア~

【日時】 2019年8月3日(土)13151615
【場所】 FinGATE KAYABA
【トークセッション テーマ】“ファイナンス”で輝く会計士のプロフェッショナルスキル
【登壇者】
・赤塚 佳弘(みずほキャピタルパートナーズ株式会社 ファンドビジネスグループ ヴァイスプレジデント/公認会計士)
・清水 寛司(東京共同会計事務所 コンサルティング部 スーパーバイザー/公認会計士)
・中島 亮介(株式会社経営共創基盤(IGPI) マネジャー/公認会計士)
【モデレーター】
・手塚 佳彦(公認会計士ナビ編集長/株式会社ワイズアライアンス 代表取締役 CEO

※登壇者の役職、肩書等はイベント開催時のものです。

本記事では、第1部トークセッション「“ファイナンス”で輝く会計士のプロフェッショナルスキル」より、みずほキャピタルパートナーズ株式会社の赤塚 佳弘氏(公認会計士)のコメントをご紹介します。

赤塚佳弘氏 公認会計士 みずほキャピタルパートナーズ株式会社 ヴァイスプレジデント

赤塚 佳弘
みずほキャピタルパートナーズ株式会社
ファンドビジネスグループ
ヴァイスプレジデント/公認会計士

2007年、公認会計士試験合格。同年、あらた監査法人(PwC)に入所し、東証1部上場企業の財務諸表監査や内部統制監査、外資系企業のリファードワーク等に4年半従事し、複数クライアントの現場責任者を務める。2012年、山田ビジネスコンサルティング株式会社(現 山田コンサルティンググループ株式会社)に入社。小売業、製造業の事業再生支援、中期事業計画策定、海外現地法人調査、人事評価制度構築支援等に従事。2017年、みずほキャピタルパートナーズ株式会社に入社。資本増強や成長資金調達、買収ファイナンスなどのニーズに対応した、優先株式や劣後ローン等のメザニンファイナンスに従事。

※所属企業・役職等はイベント登壇時のものです。

 

公認会計士には多様な活躍フィールドがあるが、その中でも「ファイナンス」の専門性を武器に活躍する会計士たちがいる。みずほキャピタルパートナーズにて「メザニン投資」に従事する赤塚佳弘氏もそのひとりだ。
PwCあらた監査法人から山田コンサルティンググループでの事業再生経験を経て、メザニン投資の領域で活躍する赤塚氏がこれまでのキャリアや現職での仕事について語った。

メザニンとは?ミドルリスク・ミドルリターンのファイナンス

あらた監査法人(現:PCあらた有限責任監査法人)での監査業務、山田ビジネスコンサルティング株式会社(現:山田コンサルティンググループ株式会社)での企業再生を中心としたコンサルティング経験を経て、みずほキャピタルパートナーズ株式会社にてメザニン投資に従事する赤塚氏。

セッションの冒頭で、現在勤務するみずほキャピタルパートナーズの概要及びPEファンドでのメザニン投資業務について説明した。

当社はみずほキャピタルパートナーズという会社で、成長企業や成熟企業を対象に投資をしています。
なお、みずほフィナンシャルグループには、みずほキャピタルというベンチャーキャピタルがあり、名前が似ていますが、そちらはベンチャー投資を行っている会社になります。 

当社、みずほキャピタルパートナーズでは、ファンドやコンサル、みずほ以外の銀行も含む銀行出身者などが働いています。
ファンド規模は約300億円で、投資家から資金を集め、リターンを出してお金を返していくというファンドビジネスを行っています。

赤塚佳弘氏 公認会計士 みずほキャピタルパートナーズ株式会社 ヴァイスプレジデント

ここで、「メザニン」という用語が出てきたが、公認会計士にとっても耳慣れない用語かもしれない。これについて、赤塚氏から説明があった。

資金調達手段としては普通株式増資や銀行借入(融資、シニアローン)が一般的ですが、議決権が希薄化するため普通株式での調達をしたくないという企業、銀行借入で可能な調達額を超えて調達したいという企業からのニーズに対応するのが、普通株式でも銀行借入でもない、その中間の「メザニン」ファイナンスです。

メザニンは普通株式と銀行借入の中間で内容を自由に設計できるのが特色です。また、投融資先企業への関与度についても投資先と協議の上、柔軟に決めることができます。

メザニンファイナンスとは?

「議決権」「担保」「返済順位」「期待リターン」を投資先企業のニーズやファンドの対応方針に合わせて調整し、優先株式や劣後ローンなどのプロダクトを利用して、投融資を行っています。

また、ファンドとしての投融資先企業との関与の仕方も柔軟に設定できます。
一般的にイメージされるPEファンドのように議決権の過半数を取得するのではなく、人材が足りていない場合に外部から人材を紹介して中に入り体制整備したり、しっかりしている会社であれば定期的な財務状況の報告を受けてモニタリングだけ行うなど、投資先の状況に応じてフレキシブルな支援を行っています。

赤塚佳弘氏 公認会計士 みずほキャピタルパートナーズ株式会社 ヴァイスプレジデント

PEファンドとコンサルファームの違いとは?

コンサルティングファームからPEファンドへ転職した赤塚氏だが、具体的にどのような違いを感じているのだろうか。モデレーターからの質問に対して、現職での仕事内容や、コンサルの仕事との違いについて語った。

投資ファンドの仕事は、案件の発掘、投資検討、投資意思決定、モニタリングもしくは会社を良くしていく活動というように、いくつかのステップに分かれています。

監査法人ですと案件を発掘するのは主にパートナーの仕事なので、案件発掘(ソーシング)の部分は会計士の方にとっては慣れない業務かもしれません。私も目下修行中ですが、一方で、我々には会計知識というバックボーンがあります。投資対象となる会社や案件を紹介してくれる方としっかりお話することで、会計士ならではの信頼関係を築いていくことができ、案件の発掘につなげていくことができるのではと考えています。

赤塚佳弘氏 公認会計士 みずほキャピタルパートナーズ株式会社 ヴァイスプレジデント

 また、赤塚氏はファンドとコンサルの仕事の厳しさの違いについても触れた。

コンサルティングファームでもファンドでも結果にコミットしなければならないということは同じで、いずれの仕事もプレッシャーはあります。

コンサルの仕事では、例えば、企業再生の仕事で、社長様が個人保証をして借入をしている会社様がクライアントの場合は、結果が出ないと社長や家族の生活がかかっていますので心が痛みますし、プレッシャーは大きいです。

一方で、ファンドの仕事では、損失が自分たちにダイレクトに影響を及ぼす点は大きな違いです。
ファンドは、外部の投資家様からお金を預かって運用するビジネスのため、しっかりリターンをお返ししなければならないというのがビジネスの根幹にあります。私が投資判断を誤ると投資家の方が期待しているリターンをお返しできなくなるというプレッシャーは非常に大きいです。

また、働き方の違いもあります。コンサルタント時代は自分の時間を使うことで対価を得ていましたが、ファンドはお金を投資先の会社様に使ってもらうため、お金に働いてもらうような部分もあります。そのため、投資はプレッシャーの大きい厳しい仕事ではあるものの、労働時間は実はコンサルほどではなかったりします。

 会計士がPEファンドを目指すのに必要な素養、スキルよりも泥臭さ

赤塚佳弘氏 公認会計士 みずほキャピタルパートナーズ株式会社 ヴァイスプレジデント

PEファンドへの転職に興味を持つ公認会計士も少なくないだろう。ファンドへとキャリアを進めたいなら、監査法人時代にどのような知識や経験を身に付けておくべきなのだろうか。モデレーターからの「監査法人での経験で、今の仕事に活きているものはあるか?」との質問に、赤塚氏はこう答えた。

組織再編に関する会計知識は当然ファンドでも活きますが、私が会計士になって一番良かったと思うのは、プロフェッショナリズムが身に付いたことです。会計士は資本市場の番人であり、仕事において完璧が求められる職業です。社会人として最初に身についたそういったマインドセットが現在も活きています。

ファンド業務と監査は親和性が高く、スキル不足は入ってから研鑽できますので、ファンドの仕事に興味があるなら、まずは決断して飛び込んでみるのも良いと思います。

また、自社の採用活動において面接を担当することもあるという赤塚氏。チェックするのはスキルだけではなく、覚悟の部分だという。

 私は面接の際にスキルも見ますがそれより、やる気やガッツを見ます。

ファンドを格好の良いイメージで捉えている方も多いかもしれませんが、8割は泥臭い仕事です。ファンドイコール華やかな仕事、すごく儲かる仕事というイメージは外れではありませんが、それだけ見て入ると、こんなに大変なんだ!とギャップに負けてしまいます。
「投資家に対してしっかりリターンをお返ししなければならない」という点は、ファンドとしては絶対に妥協できない部分ですので、その覚悟を持って入ってきてもらうのが良いと思います。

答え合わせができる、それがファンドの魅力

赤塚佳弘氏 公認会計士 みずほキャピタルパートナーズ株式会社 ヴァイスプレジデント

セッションの最後に、赤塚氏は会場の参加者に以下のメッセージを送った。

私自身は、監査法人、コンサルティングファーム、ファンドと転職してきて、今年で35歳になり、そろそろ落ち着く業界を決めようと思う時期に入りつつあります。

これまでいくつかの仕事を経験してきて、「最終のキャリアを選ぶ」という観点から投資の仕事はどうかと考えてみると、悪くないものだと思っています。投資の仕事は、投資実行から回収まで投資先とお付き合いしますので、投資検討時に考えていた通りの結果が出すことができたかどうか、答え合わせができます。投資の仕事を続けることによって、自分の中でスキルが積みあがっていく感覚があり、おそらく、長くやればやるほどうまくなる仕事であろうと感じています。

会計士の方にはキャリアについて悩まれている人も多いと思いますが、モヤモヤしたまま今の仕事を続けている方がもしいらっしゃれば、どこかで決断が必要になります。その際に今日の話が少しでも参考になればと思っています。

公認会計士ナビの転職エージェントサービス

公認会計士に専門特化した転職エージェント

公認会計士ナビを運営するワイズアライアンスでは、公認会計士を専門とした転職エージェントサービスを行っております。業界屈指のノウハウをもとに、転職を希望する業界や職種についてわかりやすく解説。転職活動やキャリアプランの作成を親身に、かつ、論理的にサポートします。

本格的に転職やキャリアアップをされたい方はもちろん、まずは転職するか相談されたい方までどなたでもご利用可能です。ご希望の方は下記よりお申込みください。

転職エージェントサービスを見る


会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


南青山グループ


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


太陽有限責任監査法人

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

税理士法人令和会計社


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー


英語コーチングのプログリット


会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


企業の持続的成長を支援するエスネットワークス


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. 公認会計士 タブレット

    有名・話題になった公認会計士、ユニークな公認会計士をまとめてみた

  2. 公認会計士のリアル_9_豊田康一郎氏_サムネイル

    東大大学院卒の会計士が経営の修羅場で学んだリアルな経営改善と本…

  3. 会計士・渡邉孝江が聞いてきた!Vol.4

    上場できるベンチャーをどう選んだの?名古屋のCFO会計士が語る会計…

  4. 株式会社ビーブレイクシステムズ_ロゴ_thumb

    ビーブレイクシステムズ 様にゴールドスポンサーにご協賛頂きました…

  5. 公認会計士のリアル_8_富山直哉氏_サムネイル

    大手監査法人を辞めて税理士法人に転職した公認会計士の4年間の話(…

  6. 藤田耕司氏・経営心理士・公認会計士

    会計士はAIには負けない。会計士・税理士の能力を最大化する「経営…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント