会計士はTOEIC何点あれば転職に有利?新興M&Aアドバイザリーファームの会計士募集など:今月の会計士キャリア・転職ニュース(2018年6月その2)

  • 2018/6/17

今月のキャリア・転職ニュース

「今月の会計士キャリア・転職ニュース」のコーナーでは、月に2回程度、公認会計士ナビに掲載したキャリアや転職、求人情報に関する記事をピックアップしてお届けします。

今月のキャリア・転職記事ピックアップ!

東証一部への市場変更をどう達成したのか!?不動産金融ベンチャー・ビーロットと公認会計士たちが語る、マザーズから東証一部への道のり

ビーロット_B-lot-Bridge_サムネイル

公認会計士のキャリアにおいて「株式公開支援」というと「IPO(新規株式公開)支援」のイメージが強いですが、今回は「市場変更の支援」について取り上げました。

東証マザーズ上場から約3年で東証一部への市場変更を実現した不動産ベンチャーのビーロット社。東証マザーズへのIPOに続き、東証一部の市場変更を支援したBridge Consulting Groupの支援エピソードをお届けします!

今月の注目求人情報ピックアップ!

「注目求人ピックアップ!」では、公認会計士ナビの転職エージェントサービスにて取り扱っている求人の中からおすすめのものをピックアップしてご紹介します。今回は2件のおすすめ求人をお届けします。

新興のM&Aアドバイザリーファームが若手公認会計士を募集!

求人情報_画像_求人用thumb

【募集ポジション】公認会計士(M&Aアドバイザリーを中心としたFAS業務)
【年収】500~800万円程度

新興のM&Aアドバイザリーファームが若手公認会計士を募集します。

設立浅いため現在は10名で運営されていますが、財務DDやバリュエーション、PPAやM&A後のPMIなど、M&Aアドバイザリー領域で幅広い経験を積むことができる点が特徴です。

取扱案件の質や年収水準も良く、20代後半~40代前半のメンバーで構成されていることから、若手にも昇格のチャンスが大きい点が特徴です。

中堅会計事務所がFASチームのスタッフとマネージャーを募集!年収1,000万円~

求人情報_画像_求人用thumb

【募集ポジション】FAS担当:スタッフ~マネージャー候補
【年収】スタッフ職:700万~1,000万円、マネージャー職:1,000万円~

金融業界に強い中堅会計事務所がFASチームのスタッフとマネージャーを募集します。

財務デューデリジェンス、株価評価や債権評価業務に従事いただきます。比較的新しいチームですので、案件をこなす以外にも、社内外のリソースを使いながら、組織を作り上げていくやりがいもあるポジションです。

FAS業務の経験豊富なメンバーと共に自身の成長はもちろん、チームの成長に寄与してくれるFAS経験者の方を求めています。

その他の求人情報はこちら

開催中の転職・キャリアセミナー、イベント情報

公認会計士ナビでは、転職やキャリアに関するセミナーやイベントも開催しています。本コーナーでは、現在開催中のセミナーやイベントの中からお勧めのものをご紹介します。

FAS(M&Aや企業再生)分野での転職を希望する公認会計士のための転職・キャリアセミナー(個別形式・予約制)

転職セミナー(個人相談)用

M&Aや企業再生といったFAS分野での転職を希望される公認会計士の方のための転職・キャリアセミナーです。

初めてFASにチャレンジする方から、既にFAS経験があり他のファームでその経験を活かしたい方のいずれの方もご参加が可能です。予約制で個別にじっくりと解説&ご相談にのらせて頂くセミナーです。ご興味のある方はお気軽にお申し込みください。

その他のセミナー情報はこちら

今月のワンポイントナレッジ!

今月のワンポイントナレッジでは、公認会計士のキャリアや転職に関するナレッジをお届けします。

Q:公認会計士はTOEICで何点くらいあれば転職に有利ですか?

A:書類選考で有利になる点数としてはTOEIC800点が目安です。履歴書に記載するのであれば600点くらいから、印象が良くなるのは700点くらいからのイメージです。

将来転職を考えている方は、まずはTOEIC700点を目標に、800点を理想として英語力を高めるのがお勧めです。

公認会計士ナビの転職エージェントサービス

公認会計士専門の転職エージェントサービス

公認会計士ナビを運営するワイズアライアンスでは、公認会計士を専門とした転職エージェントサービスを行っております。業界屈指のノウハウをもとに、転職を希望する業界や職種についてわかりやすく解説。キャリアプランの策定や面接に向けての対策など親身に、かつ、論理的にサポートします。

本格的に転職やキャリアアップをされたい方はもちろん、まずは転職するか相談されたい方までどなたでもご利用可能です。ご希望の方は下記よりお申込みください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公認会計士ナビが転職をサポート!

公認会計士のための転職エージェント

過去の注目記事

  1. 前回のキャリア小六法では、公認会計士はTOEICを何点とればいいのか?と題して、…
  2. 税理士や公認会計士の増加、日本経済の停滞などの影響から会計業界の停滞や閉塞感が叫ばれる中、それを切り…
  3. もし、ある日突然、あなたが所属している組織が事業を撤退することとなったらどうするだろう? かつて業…
  4. 弥生会計×クラウド請求書サービスMisoca
    去る2016年2月26日、会計ソフトシェアNo.1の「弥生」がクラウド請求書サービス「Misoca(…
  5. 監査法人が処分を受けた理由は?TOP・サムネイル画像
    最近、金融庁の監査法人に対する行政処分が厳しくなっているような気がしませんか?金融庁対応に時間を…
  6. 公認会計士業界時事ニュース
    東芝の不正会計問題を巡り、各メディアが毎日のように報道しています。 膨大な記事の中から、東芝事件の…

更新情報

公認会計士ナビの更新情報は下記よりご購読頂けます。

follow us in feedly

公認会計士ナビをフォロー
公認会計士ナビ RSS

公式サービス

公認会計士のための転職エージェント

公認会計士ナビの人材紹介サービス

公認会計士ナビのスポンサー募集

会計事務所求人名鑑

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサーにサポート頂いております。

[プラチナスポンサー様]

あらた監査法人

株式会社エッサム

弥生会計

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

青山綜合会計事務所

太陽有限責任監査法人

税理士法人平成会計社

ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷

企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ

[ゴールドスポンサー様]

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ

企業の持続的成長を支援するエスネットワークス

海外進出支援のCaN International

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

レアジョブ英会話・本気塾

→スポンサー企業一覧

→スポンサープラン詳細

会計士の独立に!:PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■クラウド・Eラーニング

会計士の税務スキル習得にクラウド・Eラーニング

■JCBの法人・事業者カード

会計士の独立にJCB法人カード

ページ上部へ戻る