PwCコンサルティング、武田薬品と、パンデミックで得られたデータをもとに危機における患者さんの行動および医療提供体制の変化を予測し医療の需給をシミュレーションするツールを開発【PR】

【PR:PwCあらた監査法人様】

PwCあらた有限責任監査法人_ロゴ_記事トップ_202007_new

2021年12月23日
PwCコンサルティング合同会社

PwCコンサルティング合同会社(東京都千代田区、代表執行役CEO:大竹 伸明、以下「PwCコンサルティング」)は、武田薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、以下「武田薬品」)と、PwCの人体モデリング・シミュレーション技術であるBodylogical®(以下「Bodylogical」)、人間の行動シミュレーション技術であるBehavior PredictorTMおよび医療の提供と患者側の需要のシミュレーション技術であるDemand Simulatorを活用した新たな取り組みに着手しました。本取り組みでは武田薬品の知見と、厚生労働省の公開データおよび第三者提供のデータを活用し、様々な危機に対する患者さんの行動や医療提供体制の変化を予測し、医療の需給ギャップをシミュレーションするツールを開発しました。

PwCコンサルティングと武田薬品は、2019年9月にクローン病を対象としたデジタルツインシミュレーションツールの開発を発表しました*。その後、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の感染が拡大し、医療システムに甚大な影響をもたらしましたが、患者さんは常に最優先とされるべきであり、医療の提供を止めることは出来ないため、両社は医療システムを最適化するために、同じデジタルツインシミュレーションの概念を用いる案を打ち出しました。シミュレーションの対象をクローン病患者から全人口に拡大し、パンデミックのみならず災害なども含めた様々な危機的事象が患者行動や医療提供体制に与える影響をコンピュータ上で再現し分析しました。

* ニュースリリース「武田薬品とPwC、PwCのモデリング・シミュレーション技術「Bodylogical®」を活用し、クローン病向けアプリケーション開発のためのプロジェクトを開始」

両社はCOVID-19のパンデミックにおける、患者さんの個人および集団としての行動を観察し、様々なことを学びました。例えばマクロな視点では、感染の第二波、第三波では第一波ほどの大きな集団反応は観られなかった事が分かりました。一方、ミクロの視点では、通院頻度の変化のようなリスクに対する行動変容に人によってばらつきがが観られました。両社はこのような観察結果から得られた危機や混乱に対する人間の反応に対する洞察を、地震などの災害や社会・経済的危機といった、危機的事象への備えに生かすことが出来ることを確認しました。

患者さんは、診断から治療、その後の経過観察という長く複雑な医療提供を経験します。PwCコンサルティングはこの長く複雑なプロセス全体およびパンデミックによる患者さんの行動および医療提供体制の変化がそのプロセスに与える影響を分析し深い洞察を提供しました。そして、需要(患者さん)と供給(医療システム)の不一致こそが今回の最大の課題であり、次のブラックスワン・イベントに備えるためには現状のままではいけないという共通認識を作ったのです。

武田薬品のジャパンメディカルオフィスヘッドであり、武田薬品のペイシェント・ファースト・プログラムのリーダーであるジュベル・フェルナンデス氏は、「危機的事象が発生した際、患者さんはご自身の治療を長時間待つことは出来ないので、医療は”Sense & Respond(感応)”するべきです。デジタルツインは、対応すべきタイミングと対象を見極めることができるだけではなく、より効果的に需要と供給の不一致を予測することができます。」と述べています。

PwC USのパートナーでBodylogicalのグローバルリーダーであるポール・ダレッサンドロは、次のように述べています。「データは過去の分析ではなく将来の予測に活用でき、またその予測により医療システムは患者さんのニーズに応えることができます。デジタルツインは、パンデミックを通して得られた様々な人間の行動変容に関する知見をまさにこうした課題解決に生かすことができます。」

今後PwCコンサルティングは武田薬品と共に、危機によって変化する医療の需給ギャップをシミュレーションするツールの精度を向上させていきます。来年には、共同研究の初期結果を広く共有し、開発したツールが医療システム最適化の支援に使用され始めることを目指しています。今回のようにパンデミックの間に収集したデータを分析し活用する機会は多くありません。PwCコンサルティングは、次の課題に直面したときにこの2年間の混乱が繰り返されることのないよう、デジタルツインのような新しい発想を取り入れながらこうした社会における重要な課題の解決に邁進してまいります。

以上

PwCコンサルティング合同会社について

PwCコンサルティング合同会社は、経営戦略の策定から実行まで総合的なコンサルティングサービスを提供しています。PwCグローバルネットワークと連携しながら、クライアントが直面する複雑で困難な経営課題の解決に取り組み、グローバル市場で競争力を高めることを支援します。

詳細はこちら

PwCについて

PwCは、社会における信頼を構築し、重要な課題を解決することをPurpose(存在意義)としています。私たちは、世界156カ国に及ぶグローバルネットワークに295,000人以上のスタッフを擁し、高品質な監査、税務、アドバイザリーサービスを提供しています。詳細はwww.pwc.com をご覧ください。

詳細はこちら

引用元:PwCコンサルティング、武田薬品と、パンデミックで得られたデータをもとに危機における患者さんの行動および医療提供体制の変化を予測し医療の需給をシミュレーションするツールを開発 | PwC Japanグループ

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ


令和アカウンティング・ホールディングス



【ゴールドスポンサー様】


南青山アドバイザリーグループ


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー

株式会社アイティーフィット_ロゴ


南富士有限責任監査法人グループ

会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. あなたはいくつ知ってる?公認会計士に知って欲しい、PwCあらたFS FRAの6つの特徴【PR】

    あなたはいくつ知ってる?公認会計士に知って欲しい、PwCあらたFS F…

  2. 監査法人を設立するには?,有限責任監査法人の設立手順

    有限責任監査法人はどうやって設立するのか?:南富士有限責任監査…

  3. 中島亮介氏 株式会社経営共創基盤(IGPI)マネジャー/公認会計士

    監査法人で積める経営コンサルに必要な訓練とは?経営コンサルで働…

  4. 公認会計士のリアル_7_高木悟氏_サムネイル

    大手監査法人を2年で辞めてfreeeに飛び込んだ会計士の話(公認会計…

  5. 令和2年度公認会計士試験修了考査合格発表サムネイル

    今年も低い合格率!令和2年度・修了考査合格発表に関する速報と考察

  6. 弥生会計×クラウド請求書サービスMisoca

    会計ソフト最大手がスタートアップ買収を決断した理由:弥生がMisoc…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント