自分の限界に挑戦。1ヶ月でTOEIC®の115点アップ達成!次に目指すは950点!:英語コーチングのプログリット【PR】

プログリット_利用者インタビュー転載_サムネイル_thumb

本コーナーでは、英語学習に興味のある公認会計士の皆様に向けて、英語コーチングのプログリットを利用頂いた方々へのインタビューをお届けします。

自分の限界に挑戦。1ヶ月でTOEIC®の115点アップ達成!次に目指すは950点!

川合 紘喜

短期間で英語力を飛躍的に伸ばす。それを可能にするのが、短期で伸びる英語コーチング プログリット。今回は1ヶ月でTOEIC®805→920の115点アップを達成した川合さんにお話を伺いました。

まずはじめに、英語学習の目的を伺ってもよろしいですか?

私は監査法人に勤務しており、現状英語をほとんど使用しない業務をしているのですが、いつかは海外で仕事をしてみたいとずっと思っていました。

また、日本のような先進国ではなく、東南アジア等の発展途上国で働いて自分も一緒に成長したいと思っています。

そのためには当然英語が話せる必要があるので、このタイミングで英語力を強化しようと考えました。

また、社会人になってから5、6年働いた中で、少しだれてしまうことがあったので、仕事以外の分野で自分の能力の限界に挑戦してみたいと思ったからです。

プログリットを受講し、目的は達成できましたか?

はい。プログリット受講前のTOEICスコアは805点で、2ヶ月後の目標をTOEIC900点と決めていたのですが、実際はログラム開始後1ヶ月で920点を取得することができました。

常にコンサルタントの方から的確なアドバイスを頂いたおかげだと感じています。1ヶ月で900点を超えられたことは、自分の中で非常に自信になりました。

次の目標は950点を取得することですが、頂戴したアドバイスを基に学習を続ければ、確実に達成できると感じています。

他の英語スクールと比較し、なぜプログリットを選ばれたのでしょうか?

まずは、英会話スクールとコーチングスクールを比較しました。

実は昔英会話スクールに通っていたのですが、週1回通うのみで、成長実感が全くなく辞めてしまいました。コーチングスクールは自主学習を徹底的にサポートしていただけるので、短期間で成長するためにはコーチングスクールの方が良いと考えました。

また、その中でもプログリットを選んだ理由は、カウンセリングの際に「TOEICスコアをここまで上げたい」という目標をお伝えすると、他のスクールとは違い、非常に説得力のあるカリキュラムを提示して頂けたためです。

受講する前まではマンツーマンと集団の違いをあまり気にしていなかったのですが、一人一人に柔軟に合わせたカリキュラムに大きな魅力を感じました。

実際にプログリットのプログラムはいかがでしたか?

非常に細かくサポートしていただき、本当に受講して良かったと思っています。特に、LINEを使って、毎日シャドーイングした自分の音声を添削してくれるのはとても魅力的でした。

一人でシャドーイングをしていると、自分の発音が良いのか悪いのか分からないまま終わってしまいがちですが、添削をしていただいたことで改善点が明確になりました。

また、毎週1回の週間面談では、その週の学習で良かった点や改善点をその都度認識することができました。

学習がうまくいっていないと感じる時も、面談の中で何が原因となっているかを担当コンサルタントの方と一緒に深掘りし、認識できたので、早めに軌道修正することができました。

モチベーションはどのように維持していましたか?

期間がしっかり定まっていたので、その期間中にすべきことを常に明確にするようにしていました。

また、目標のTOEICスコアを明確に設定していたのも良かったです。

川合さんはプログラム期間中に会社の夏休みがありましたが、だれないように何か対策されましたか?

主に2つの対策を行いました。

一つ目は1日を3分割し、朝、昼、夜で学習する場所を変えたことです。主にプログリットの自習室と自宅を使っていましたね。

また、家ではシャドーイング、自習室では文法、模試というように、それぞれの場所で何をするのかも決めて、ルーティン化していました。

二つ目の対策は、飲み会をシャットアウトしていたことです。周りの人には、夏休みは海外にいると言って連絡が来ないようにしていました(笑)

仕事が通常通りある期間はどのように時間捻出を行いましたか?

1日中勉強できる時はそこまで朝の時間を重視していませんでしたが、仕事が始まってからは朝の時間を重視するようになりましたね。

また、仕事をどのように早く終わらせるかをしっかり考えるようになり、仕事のやり方も変わりました。

目標退社時間を二つ設定し、17時半が無理でも19時には必ず帰るようにしました。

今後の英語学習における目標をお聞かせください。

スピーキング力、ライティング力をさらに伸ばしたいです。特にスピーキングは、ビジネスシーンで通用するようなスマートな表現がまだまだできないので、注力したいと思っています。

プログラム終了時に担当コンサルタントの方に作っていただいた年間プログラムを基に、今後も学習を継続していきたいです。

最後にプログリットの受講を検討している方へメッセージをお願いします。

なんとなく本屋さんでテキストを買って挑戦するも、なかなか英語力が伸びずに悩んでいる方は大勢いらっしゃると思います。英語学習法が溢れすぎていて、どの学習法が一番良いのかわからないという方も多いと思います。

プログリットは、短い期間を設定して、その人のレベルに合わせた科学的なカリキュラムを設計してくれます。

短期間で集中して学習すれば、TOEICのスコアや英会話力は伸びるはずなので、是非多くの方に受講してほしいです。

→他のインタビューを見る

本気の英語学習ならプログリット

英語コーチングのプログリット_広告バナー

まずは無料カウンセリングへ

公認会計士の受講者も多数!英語の初級者・中級者・上級者などのレベルに関わらず、あなたの英語学習の状況や課題をヒアリングさせて頂き、最適な学習プログラムを設計いたします。

無料カウンセリングのお申し込みはこちら

引用元:自分の限界に挑戦。1ヶ月でTOEIC®の115点アップ達成!次に目指すは950点! | 英語コーチング プログリット(PROGRIT) | 一生モノの、英語学習体質を。

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


南青山グループ


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


太陽有限責任監査法人

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

税理士法人令和会計社


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー


英語コーチングのプログリット


会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


企業の持続的成長を支援するエスネットワークス


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. 公認会計士のリアル_6_渡辺匡章氏_サムネイル

    リーマンショックに翻弄された若手会計士の話(公認会計士のリアル …

  2. 東京共同会計事務所 窪澤さん連載画像

    第5回:税務顧問の契約書はなぜ重要なのか?【会計事務所が知ってお…

  3. 東京共同会計事務所 進化するFSビジネス thumb

    第2回:不動産から再生可能エネルギーへ、新たなプロジェクトファイ…

  4. BridgeConsulting 取締役COO・公認会計士・税理士・大庭 崇彦

    会計士はライバルから仕事を貰える!?会計士は独立後も仕事に困り…

  5. 会計士が資産税業務に取り組むリスクとリターンとは!?第4回・公認…

  6. 辻・本郷税理士法人とアルトアが目指す財務支援の新たな形

    オンライン融資が会計事務所の仕事を変える-辻・本郷税理士法人と…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント