freeeが、オンラインアシスタントサービスを運営する「キャスター」と業務提携。協業施策第一弾、「freee カード」の特典に「CasterBiz」を採択【PR】

  • 2017/9/14

【本記事はfreee株式会社様からのプレスリリースです】

freeeは、オンラインアシスタントサービス「CasterBiz(キャスタービズ)」を展開する株式会社キャスターと業務提携を開始しました。協業施策の第一弾として、「CasterBiz」を事業用クレジットカードの「freee カード」の特典に採択します。今回の協業を皮切りに、中小企業向けのバックオフィス業務支援を共同で強化してまいります。

170913_casterbiz

多くの中小企業の課題である「人材不足」

帝国データバンクの調査によれば、「人手不足による倒産件数」は4年前と比較して2.9倍に増加しており、その多くが中小企業です(注1。人口減少を背景に、景気回復や雇用のミスマッチなどで人手不足の深刻さが増すなか、2025年には約600万人の人手不足が懸念されています(注2。企業が成長を続けるためには、従来の採用に変わる新たな人材リソース確保や、生産性向上が一層求められている状況です。

freeeとキャスターで取り組む、バックオフィスの課題解決に向けた提携

freee はこれまで「クラウド会計ソフト freee」や事業用クレジットカード「freee カード」を通して、スモールビジネスの経理業務全般の最適化を支援してまいりました。一方、キャスターは、「リモートワークを当たり前にする」をミッションに掲げ、オンラインアシスタントサービス「CasterBiz(キャスタービズ)」を運営しています。これまでに中小企業を中心とした200以上の企業に対して、オンラインアシスタントが秘書・人事・経理・Web運用等の業務支援を行うことで、人材リソース確保や生産性向上等の経営課題を解決してまいりました。

そこで今回、両社の事業リソースを活かし、中小企業のバックオフィスにおける課題解決を強化するべく業務提携を開始することになりました。

「freeeカード」との連携を通じて、「CasterBiz(キャスタービズ)」の導入を加速

業務提携の第一弾として、freeeが9月19日に発行を予定している事業用クレジットカード「freee カード」の会員特典に「CasterBiz」を採択いたします。
「freee カード」は、これまで事業用クレジットカードの利用機会がなかった中小企業や個人事業主の方々が利用することによって、経費精算や仕入れなど現金取引のキャッシュレス化につなげ、経理業務の効率化・自動化や経営状況の可視化を実現するものです。「CasterBiz」を特典に加えることで、人手不足に陥りがちなスモールビジネスのバックオフィス業務を効率化し、本業や創造的活動だけにフォーカスできる環境を構築してまいります。

  • 具体的な取組みとして、「freee カード」の利用者に以下の特典を提供します。
    「freee カード」の特典窓口(9月19日公開予定)から「CasterBiz」への問合せが可能であり、申込み手続きを簡素化します
  • 「freee カード」の利用者は、「CasterBiz」を【初月10%オフ】で利用可能です

freee は、今回の協業施策を皮切りに、キャスターと共同でバックオフィス業務全般の課題解決に向けた施策の実施に順次取り組んでまいります。

注1)株式会社帝国データバンク「『人手不足倒産』の動向調査(2013年1月~2017年6月)
注2)株式会社パーソル総合研究所「労働市場の未来推計

株式会社キャスターについて

<会社概要>
会社名                :株式会社キャスター
代表取締役          :中川 祥太
設立                   :2014年9月
資本金                :1億8,097万円(資本準備金含む)
所在地                :東京都渋谷区道玄坂1-20-1 大沢ビル5F
従業員数 :170名(業務委託を含む)
ホームページ       :http://caster.co.jp/

<提供サービス>
オンラインアシスタントサービス「CasterBiz(キャスタービズ)」https://cast-er.com/
デザインエージェンシー「Remote Style」http://remotestyle.cast-er.com/biz/

freee 株式会社について

「スモールビジネスに携わるすべての人が創造的な活動にフォーカスできるよう」をミッションに掲げ、人工知能(AI)技術を使った最先端の機能開発や金融機関との連携により、バックオフィス業務効率化のソリューションを提供しています。

<会社概要>
会社名  freee 株式会社(登記名:フリー株式会社)
代表者  代表取締役 佐々木大輔
設立   2012 年 7 月 9 日
資本金  96億603万円(資本準備金等含む)
所在地  東京都品川区西五反田2-8-1 ファーストビル9F

<提供サービス>
「クラウド会計ソフト freee」   https://www.freee.co.jp
「人事労務 freee」                      https://www.freee.co.jp/hr
「マイナンバー管理 freee」    https://www.freee.co.jp/my-number
「会社設立 freee」        https://www.freee.co.jp/launch/
「開業 freee」          https://www.freee.co.jp/kaigyou
「経営ハッカー」            https://keiei.freee.co.jp/
「パラキャリ」                           https://parallelcareer.freee.co.jp/

引用元:freeeが、オンラインアシスタントサービスを運営する「キャスター」と業務提携。協業施策第一弾、「freee カード」の特典に「CasterBiz」を採択

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公認会計士ナビが転職をサポート!

公認会計士のための転職エージェント

過去の注目記事

  1. freee_サムネイル
    公認会計士ナビをご覧の皆様、こんにちは freee株式会社の高木です。 独立を目指す人や税務業…
  2. このコーナーでは、“くわえもん”こと高桑昌也氏が、厳しく、優しく、ユーモラスに公…
  3. public
    有限責任監査法人トーマツのパブリック・ヘルスケア部門が人材を積極募集中です。 こんな人材を求め…
  4. 税理士や公認会計士の増加、日本経済の停滞などの影響から会計業界の停滞や閉塞感が叫ばれる中、それを切り…
  5. 来る2015年3月21日(土)に第3回・公認会計士ナビonLive!!(テーマ:ベンチャーキャピ…
  6. 公認会計士はどのように英語力を高めているのか? PwC出身の宮地俊充氏が起ち上げたオンライン英会話…

更新情報

公認会計士ナビの更新情報は下記よりご購読頂けます。

follow us in feedly

公認会計士ナビをフォロー
公認会計士ナビ RSS

公式サービス

公認会計士のための転職エージェント

公認会計士ナビの人材紹介サービス

公認会計士ナビのスポンサー募集

会計事務所求人名鑑

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサーにサポート頂いております。

[プラチナスポンサー様]

あらた監査法人

株式会社エッサム

弥生会計

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

青山綜合会計事務所

太陽有限責任監査法人

税理士法人平成会計社

ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷

企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ

[ゴールドスポンサー様]

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ

企業の持続的成長を支援するエスネットワークス

海外進出支援のCaN International

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

→スポンサー企業一覧

→スポンサープラン詳細

会計士の独立に!:PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■クラウド・Eラーニング

会計士の税務スキル習得にクラウド・Eラーニング

■JCBの法人・事業者カード

会計士の独立にJCB法人カード

ページ上部へ戻る