本当に会計士になりたいのかわからなくなってしまいました:くわえもんの“会計士の悩みはオレに聞け!”vol.11

このコーナーでは、“くわえもん”こと高桑昌也氏が、厳しく、優しく、ユーモラスに公認会計士のみなさんのお悩みに答えます!

さあ、みんな!くわえもんに相談してみよう!

“くわえもん”とは?

高桑昌也 通称“くわえもん”

公認会計士・税理士

麻布高等学校・慶應義塾大学卒。大学在学中(2000年)に公認会計士2次試験合格、中央青山監査法人、金融庁、エスネットワークス取締役等を経て、現職。さそり座O型。秋田県男鹿半島出身。

趣味:写真、旅行、夜の麻布・六本木

今回のお悩み:本当に会計士になりたいのかわからなくなってしまいました

今回の相談者

及川さん、会計士受験生

※写真はイメージです。

相談内容

くわえもんさん、こんにちは。

中堅私立大学に落ちて、ネットとかみて会計士を目指そうと予備校に80万円と県外に引越しのため家賃とかでいろいろお金がかかりました。

会計士の勉強を始めてまだ2ヶ月ですけど、なんか自分がしたかったことと違う感じがするし予備校なので全然友達も作れないし寂しすぎて吐きそうで死にそうです。

そこまでして会計士なりたいかって考えたらそこまでなりたくないし、大学いって趣味のサークルに入りたいし、親に相談したら大学入って何の職業につくのかと言われてもう公務員とかでもいいのかなと思い始めてます。

どーすればいいでしょうか?

くわえもんからの回答

【親へのお返しのしかた】

相談内容を聞いて、自分の子供のことを考えていました。自分の子が大人になり進路になやみ、相談内容のように悩んでいたら、親としてとても心苦しい。仕事を選ぶという本来楽しいことなのに、逆になにやら重荷になってしまっている。

及川さんは両親へのお返しなども考えているとのことですが、そこはあまり気にしないでください。けれども、親からすればある程度しっかりした職業になりたいと言えば、それで安心してくれます。

「会計士になりたい」「公務員になりたい」「弁護士になりたい」「この業界で活躍したい」

「なぜなら理由はこれこれ、こうだから」

私は監査法人→金融庁→銀行→現職というキャリアなのですが、昔を振り返ってみると、会計士に合格したときは、親は喜んでくれた。特に父はとある企業のCFOをしていたので、身近な会計士という職業に親しみと誇りをもっていたらしく、大変よろこんでいてくれた気がする。

出向で公務員になったときは両親ともにふーん、という感じだった。会計士も公務員も無差別なのだろう。

監査法人を退職して銀行に入ったときは、父から”銀行はそれほど面白くないところだ”的な感想をうけたが、そのとおりだった。僕は6ヶ月で辞めてしまった。融資を通じて企業再生を、とかいう触れ込みだったのだが、入ってみると随分なトロイカ(※)硬直組織で、あまり会計士としての能力を発揮できるとは思えなかったからだ。

※つまり3つの銀行が統合してできた職場だった。ロシアの3頭立ての乗用馬車のことを言う。

余計なことも書いたけど、親御さんには上記のような表明をすればそれでいいとして、あとは自分で腹落ちできるような職業をいかに選び、その準備をするか。ここまですれば及川さんの気持ちも多少晴れるし、落ち着くのだと思う。

【職業をどう決めるか】

会計士については、専門学校で現在勉強しているとのこと。今は簿記・財務諸表論に加え、監査論などの勉強も始まるころだと思うけれども、機械的なところ、暗記も多く、何かつまらなさを覚えてしまったのかもしれない。受験勉強なので、つまらないところも出てくるのは、ある程度割り切る必要があるのかもしれない。

さて人は仕事を通じて人や顧客にありがたがられると、自分の職業の存在価値を再認識し、次の仕事に向かう元気がでてくる。一言で表現するといわゆる「やりがい」というものが生まれる。

このやりがいについて考えると、会計士の仕事も監査法人の監査だけでなく、コンサルティングを通じて企業の課題、経営者の悩みを解決したりと、人の役に立つ形はいろいろとある。自分が本当に会計士になりたかったのかどうか、やりがいがあるのかどうかは、一度監査法人の人に話を聞いたり、コンサルタントとして活躍している人、独立開業している人に話を聞いてみたりすると具体的だし、本当のところが分かる気がする。

コンサルの人は、それなりに明るく答えてくれるだろう。独立している会計士は、「この職業を選んで満足」と答えるのではないか。何より自由裁量が利くし、働きたいときに働き、休みたいときに休めるからだ。監査法人の人は、もしかすると多少暗い感じかも知れない。(昔は無かった規制が増え、裁量の幅が狭くなっているみたいだ)

ポジティブな人もいればネガティブな感じの人もいるので、ある程度の客観性を担保するには両方から意見を聞いてみるべきだ。

ただ公務員という選択肢もどうやらありそう。私は出向という形であるが一時期公務員として働いていた。公務員という社会は年功序列の根がしっかりと張っており、監査法人よりもさらに縦社会だった。仕事の自由度を求めるなら公務員はそれほどお勧めできない。

【まとめ】

まずはすでに仕事をされている2、3人の会計士と会ってみて、話を聞いてみる。もし先輩などがいなく、ツテがないということならこのコーナーの連絡先にメールをしてくれれば、私が適切に対応します。

仕事での実際の苦労話や、逆に顧客からありがたがられたことなどを聞いてみよう。聞いたことを踏まえ、自分なりに会計士を目指そうとした最初の動機が何だったのか確認し、それと照らし合わせる作業を一度してみましょう。

もしちょっと違うな、ということなら、一息いれ、別の職業も選択肢に入れてみましょう。いままでかけたお金のこともあるとのことですが、あまり気にせず、まずは楽に考えてみてください。

くわえもんの“会計士の悩みはオレに聞け!” 過去記事一覧はこちら

くわえもんへのお悩み相談を募集しています!

くわえもんの“会計士の悩みはオレに聞け!”では、皆様からのお悩み相談を募集しています!

あなたのお悩みをお聞かせ下さい!仕事、キャリア、趣味、恋愛などなど、くわえもんが回答します!

⇒お悩み相談への申込みはこちら

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


あらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

青山綜合会計事務所


太陽有限責任監査法人

税理士法人令和会計社


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


企業の持続的成長を支援するエスネットワークス


海外進出支援のCaN International


全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!


自動型クラウド会計ソフト MFクラウド


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. 公認会計士のリアル_5_渡辺匡章氏_サムネイル

    エスネットでのアツいIPO支援の話(公認会計士のリアル 第5回:渡辺…

  2. 青山綜合会計事務所記事(大野氏)サムネイル

    専門性をかけ合わせながら知識が深まっていく、監査法人を辞めて証…

  3. 東京共同会計事務所 公認会計士・原田昌平氏

    第1回:金融専門の公認会計士、ロンドンへ行く【連載:不動産金融の…

  4. 監査法人 会計事務所 ランキング

    世界の監査法人・会計事務所 売上ランキング(2011年版)

  5. 第6回 公認会計士ナビonLive!!サムネイル

    会計士がスタートアップに飛び込むのは5年目が良い!?スタートアッ…

  6. 公認会計士試験合格発表・2018年

    会計士試験の合格者は1,305名!平成30年(2018年)公認会計士試験合…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■クラウド・Eラーニング

会計士の税務スキル習得にクラウド・Eラーニング

公認会計士ナビの転職エージェント