新日本監査法人から金融庁への業務改善報告が終了、法人名もEY新日本監査法人へ変更…など3件:今月の会計士業界ニュース(2018年2月その1)

  • 2018/2/12

2018年1月17日から1月29日にかけて、新日本監査法人、異業種から公認会計士資格取得、仮想通貨などに関する複数のニュースがリリースされています。

金融庁への業務改善報告が終了した新日本監査法人の今後、プロバスケットボールプレイヤー岡田優介氏が会計士資格を取得した理由、仮装通貨の資金調達(ICO)の会計処理を巡る問題に関する記事など幅広くご紹介します。

金融庁への業務改善報告が終了。新日本監査法人の今後

東芝問題で金融庁から行政処分を受けた新日本監査法人。新規業務停止や課徴金など重い処分が下されて、会計士業界に衝撃が走ったことは記憶に新しいですね。さらに新日本は、金融庁に対して業務改善報告を続けていました。

今回は、新日本監査法人の金融庁への報告が終了したことについて、日本経済新聞より記事がリリースされています。

 複数の関係者によると、今月までに新日本と金融庁の間で「(東芝問題後の業務改善策についての)報告は今後不要」とするやり取りがあったという。同庁が一定の評価をしたことで、新日本は自社のホームページで公開していた業務改善の取り組みについても掲載を取りやめた。

引用元:新日本、金融庁への報告終了 東芝問題受け業務改善(日本経済新聞 2018年1月26日付)

記事では、金融庁から業務改善終了のお墨付きを得たものの、新日本監査法人が企業や投資家の信頼を回復するのは容易ではないと指摘しています。新日本は、年内に社名を「EY新日本監査法人」に変更するとのことで、国際会計事務所のメンバーファームというグローバルなイメージを前面に打ち出すようです。

イメージ戦略に一定の効果があるかもしれませんが、新日本監査法人からのクライアント流出に歯止めをかけるためには、時間をかけて監査業務に取り組んでいくほかないのではないでしょうか。

現役プロバスケットボールプレイヤー岡田優介選手が公認会計士資格を取得した理由

Bリーグ京都ハンナリーズ所属で現役プロバスケットボールプレイヤーとして活躍するかたわら、公認会計士試験に合格した岡田優介選手。オールスター戦での活躍ぶりや、会計士試験を受験した経緯などを取材した記事が、YAHOO!ニュースよりリリースされています。

 「こういうふうにBリーグができる前はバスケ界は非常に良くない時代でした。こんなに面白いスポーツなのになんで日本でメジャーになっていないんだという思いが強くあって、自分の中で何かできることがあるんじゃないかと思ったんです。会計士になりたいというよりは、そういった知識とか資格を持つことによって1つの武器になると思ってやってました。」

引用元:3ポイント王者に輝いた岡田優介はなぜ公認会計士資格を取得したのか?(YAHOO!ニュース 2018年1月17日付)

バスケットボールを辞めて、第二の人生のために資格取得したというなら話は分かりやすいのですが。記事によると、岡田選手はセカンドキャリアとして会計士を考えているわけではなく、軸足はバスケに置きながら、バスケに関わることをいろいろやっていきたい思いから、公認会計士試験を受験したそうです。

オールスター戦で3ポイント・コンテストで優勝した活躍中の現役選手が、会計士資格でどのようにバスケットボールを盛り上げ、ビジネスを展開するのか。コート外での今後の活躍にも注目です。

仮想通貨の資金調達に会計基準なし。監査法人苦戦!?

東証マザーズ上場企業のメタップスが、仮想通貨の資金調達(ICO)に関する会計処理を巡り、四半期報告書の提出期限延長を申請しているそうです。この記事が、東洋経済ONLINEよりリリースされています。

*2018年2月12日現在。延長後の提出期限は2月15日。

それによれば、メタップスは2017年9〜11月の四半期報告書の提出期限延長を申請。今回のICOの会計処理について追加的な検討を行うためだ。さらに翌日、同社は資料の一部を訂正。「監査法人との協議の結果」という文言を削除し、協議がまだ終わっていない点を強調した。

引用元:仮想通貨で資金調達、「ICO」に監査法人も困惑(東洋経済ONLINE 2018年1月29日付)

記事では、上場会社傘下のICOはメタップスが世界初で、国際会計基準はもちろん日本基準にも明確な指針がないそうです。

世界初の事例となるメタップス子会社のICO。今後ICOが行われた場合の参考事例になるため、監査法人も慎重な対応を取らざるをえません。会計士協会から指針の提示など、助け船は出されるのでしょうか。

(著者:大津留ぐみ / 大津留ぐみの記事一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公認会計士ナビが転職をサポート!

公認会計士のための転職エージェント

過去の注目記事

  1. 本日、平成27年度修了考査の合格発表が行われました。 本年のこの「平成27年度修了考査」は、平成1…
  2. IPO・株式公開 求人情報_画像_求人用thumb
    2014年1月1日~12月31日までの監査法人IPOランキングをまとめました。 2014年のI…
  3. このコーナーでは、“くわえもん”こと高桑昌也氏が、厳しく、優しく、ユーモラスに公認会計士のみなさ…
  4. 税理士や公認会計士はテクノロジーに淘汰されるのか? ここ数年、「クラウド会計」「フィンテック」「人…
  5. 公認会計士に専門特化した転職エージェント
    公認会計士ナビをご覧のみなさん、こんにちは。 いつも公認会計士ナビをご覧頂きましてありがとうござい…
  6. エッサム_サムネイル
    【本記事は株式会社エッサム様からのプレスリリースです】 「これからの会計事務所」創りのノウハウ…

更新情報

公認会計士ナビの更新情報は下記よりご購読頂けます。

follow us in feedly

公認会計士ナビをフォロー
公認会計士ナビ RSS

公式サービス

公認会計士のための転職エージェント

公認会計士ナビの人材紹介サービス

公認会計士ナビのスポンサー募集

会計事務所求人名鑑

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサーにサポート頂いております。

[プラチナスポンサー様]

あらた監査法人

株式会社エッサム

弥生会計

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

青山綜合会計事務所

税理士法人平成会計社

ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷

企業の経営支援コンサルティングは山田ビジネスコンサルティング

[ゴールドスポンサー様]

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ

企業の持続的成長を支援するエスネットワークス

海外進出支援のCaN International

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

レアジョブ英会話・本気塾

→スポンサー企業一覧

→スポンサープラン詳細

会計士の独立に!:PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■クラウド・Eラーニング

会計士の税務スキル習得にクラウド・Eラーニング

■JCBの法人・事業者カード

会計士の独立にJCB法人カード

ページ上部へ戻る