トーマツ監査イノベーション&デリバリーセンター開所、監査法人の交代が急増…など3件:今月の会計士業界ニュース(2018年1月その3)

  • 2018/1/14

2017年12月27日から2018年1月7日にかけて、トーマツ監査イノベーション&デリバリーセンター開所、監査法人の交代が急増しているニュース、公認会計士の“監査”離れなどに関する複数のニュースがリリースされています。

2017年12月に他の監査法人に先駆けて開所したトーマツ監査イノベーション&デリバリーセンターのその後、監査法人の交代が1割急増した原因、公認会計士5人が語る監査現場の現実に関する記事など幅広くご紹介します。

トーマツ監査イノベーション&デリバリーセンター開所。働き方改革の行く末は

昨年2017年12月に監査業務の専従部隊を発足するとニュースリリースした監査法人トーマツ。品質向上と業務の効率化を目指して、会計士ではないスタッフが会計士の知識がなくてもできるデータの入力・集計・チェック作業を行うというものです。

トーマツの成功いかんでは自分の法人で同じ仕組みを取り入れたいと考える監査法人も多いのではないでしょうか。そのためには、今まで会計士が行っていた業務を非資格者が行って支障を来たさないのか、また、監査業務は効率化されるのかなど気になるところですね。

トーマツ監査イノベーション&デリバリーセンター(AIDC)が開所されたましたが、運用状況はどうなっているのでしょうか。2017年12月に開所したばかりのAIDCに関する記事を、DIAMOND onlineがリリースしています。

AIDCは2017年11月から社員のトレーニングを開始しており、今期3月決算(2018年3月)に対応する人員はすでに確保済み。現在はPCデスク30席が稼働、続いて2018年11月までに150席、2019年11月までに250席の体制を目指す。

引用元:トーマツが千葉で始める 監査業務のイノベーションと働き方改革(DIAMOND online 2017年12月27日付)

記事によれば、標準化した業務をAIDCに集中することで、2021年5月までにトーマツの公認会計士が関与する年間業務時間の10%を補完できるようになるそうです。

分業化で招きかねない情報流出や作業ミスへの対応策

監査業務が効率化されたとしても、会計士と同等の専門知識や守秘義務を持たないスタッフを採用することで、何らかの支障が起きないのか気になるところです。記事によると以下のような対策がなされているようです。

システムは、監査業務のデジタルトランスフォーメーションと高度なセキュリティを実現する情報テクノロジーで構築されている。執務スペースにあるPCブースの端末は、通常のPCとは異なり、ユーザー側の端末の機能は必要最小限にとどめ、サーバー側で処理を行なう仕組みになっている。すべての設定をサーバー側で管理する「ゼロ・クライアント」を基本に作られているため、端末に一切のデータ(作業した文書やログデータなど)が残らない。

引用元:トーマツが千葉で始める 監査業務のイノベーションと働き方改革(DIAMOND online 2017年12月27日付)

記事によると、「ゼロ・クライアント」方式というシステムを採用することでデータがユーザー端末に残らない仕組みになっているとともに、携帯電話なども持ち込み制限することで、情報の流出に備えているそうです。

先陣を切って改革を行うだけあって体制は万全のようです。本格稼働となる繁忙期を何事もなく乗り切れば、追随する監査法人も出てきそうです。

ところで、定型化された業務を行う職業はAIに淘汰される職業と言われていて、会計士も含まれていることが話題になっていますよね。ですが会計士の業務は定型的な部分もあれば創造的な部分もあります。

AIDCの導入は会計士業務から定型化された部分を切り取ることでもあります。今まで作業に追われていた会計士も、専門知識と企業への対話力だけで勝負する時代を迎えました。AIDCの導入は、会計士の真価を問う改革にもなりそうです。

監査法人交代が昨年比1割増

不正を見逃した監査法人に監査してもらっても金融市場から信頼してもらえないので、監査法人を交代したいと考える企業は多いでしょう。

一方の監査法人側も、指導しても改善しない企業とは契約を打ち切ることがあります。またリスクが高いと多くの監査時間がかかりますが、きちんとタイムチャージできなければ監査法人の経営が立ち行きません。正当な報酬を企業が認めない場合も辞任する可能性があります。

このような諸々の事情で監査法人を交代した企業が昨年1割増になったとする記事が、日本経済新聞よりリリースされています。

上場企業の決算書が正しいかどうかをチェックする監査法人の交代が相次いでいる。2017年は124社と前年に比べ1割(13社)増えた。東芝の会計不祥事を見抜けなかった新日本監査法人を代える企業が多いのが特徴だ。監査法人側から自ら契約を断るケースも出始めた。会計監査に対する投資家の信頼が揺らぐ中、監査法人と企業の蜜月ともいえる関係に変化の兆しが出ている。

引用元:監査法人との蜜月に変化 交代実施企業、昨年1割増 東芝会計不祥事受け (日本経済新聞 2018年1月7日付

記事によると、監査法人の変更は2017年に急増しており、特に新日本監査法人から代わる動きが目立っているそうです。また適時開示で公表される監査法人の変更理由についても言及しており、企業と監査法人とで意見の相違がなかったかなど具体的な理由を盛り込むべきだと指摘しています。

決別するからには、企業、監査法人双方の言い分が一致しないことが多いでしょう。具体的に理由を公表すれば、大人の喧嘩では終わらない事態に発展する可能性も。そしてそのとき痛手を負うのは、監査法人という気がしてなりません。

“監査”離れ。公認会計士5人が語る現実

AIにとって代わられる職業、金融市場から非難を浴びる監査法人、受験者数の減少、監査業務に関わらない会計士。公認会計士の最近のニュースは、どれもマイナスなイメージのものばかりです。難関試験を受験すると決めた時は、会計士の仕事に憧れを持って努力していたと思うのですが。

このような公認会計士のイメージは本当なのでしょうか。現職の5人の公認会計士に“会計士の現実”についてインタビューした記事が、Business Journalよりリリースされています。

――人手不足は、受験者や合格者の減少だけが原因なのでしょうか?
A 優秀な人からどんどん辞めているということは聞きます。東芝を監査していた新日本監査法人が行政処分を受けて、公認会計士協会からも処分された。かつて同じく粉飾決算が発覚したカネボウを担当していた監査法人は消滅してしまいました。「泥船に乗っているわけにはいかない」ということで、優秀な人は独立したりコンサルティングのほうに行っている傾向があります。

引用元:公認会計士は「泥船」職業?「監査」離れ鮮明…ひたすらマニュアル仕事、トチればクビ(Business Journal 2018年1月7日付)

記事では、就職環境は良好で選ばなければ誰でも監査法人に入れる一方で、マニュアル通りの業務を行っているので独立するための経験が積めないことを指摘しています。また、仕事がつまらなくなった上に訴えられるリスクが高くなっているので、会計士が監査法人から離れる傾向にあるそうです。

現職の会計士の実感は残念ながら報道通りのようです。もしかしたら、AIに淘汰される前に、監査法人に勤める会計士自体がいなくなってしまうのでは…、そんな危惧の念を抱かざるをえません。

(ライター 大津留ぐみ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公認会計士ナビが転職をサポート!

公認会計士のための転職エージェント

過去の注目記事

  1. 汐留パートナーズ_PKF_サムネイル
    2018年6月1日、37歳の若手会計士である前川研吾氏が代表を務める汐留パートナーズグループが、…
  2. 会計士・渡邉孝江が聞いてきた!Vol.4
    みなさん、こんにちは。少しご無沙汰していました。会計士・渡邉孝江が聞いてきた!のコーナー第4弾です。…
  3. 公認会計士業界時事ニュース
    2018年1月17日から1月29日にかけて、新日本監査法人、異業種から公認会計士資格取得、仮想通貨な…
  4. 会計士_起業家_startup
    日本でもここ数年、スタートアップ・ベンチャー業界が活況ですが、そんな中で、公認会計士出身者で、起…
  5. みなさんは公認会計士という資格に縛られてしまってませんか? 公認会計士の資格をうまく使うことによっ…
  6. 来る7月5日(土)に「独立・開業」「海外・グローバル!」をテーマにした第2回・公認会計士ナビonLi…

更新情報

公認会計士ナビの更新情報は下記よりご購読頂けます。

follow us in feedly

公認会計士ナビをフォロー
公認会計士ナビ RSS

公式サービス

公認会計士のための転職エージェント

公認会計士ナビの人材紹介サービス

公認会計士ナビのスポンサー募集

会計事務所求人名鑑

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサーにサポート頂いております。

[プラチナスポンサー様]

あらた監査法人

株式会社エッサム

弥生会計

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

青山綜合会計事務所

太陽有限責任監査法人

税理士法人平成会計社

ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷

企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ

[ゴールドスポンサー様]

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ

企業の持続的成長を支援するエスネットワークス

海外進出支援のCaN International

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

レアジョブ英会話・本気塾

→スポンサー企業一覧

→スポンサープラン詳細

会計士の独立に!:PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■クラウド・Eラーニング

会計士の税務スキル習得にクラウド・Eラーニング

■JCBの法人・事業者カード

会計士の独立にJCB法人カード

ページ上部へ戻る