PwCあらた、2021年末LIBOR公表停止に伴う代替金利指標移行金利計算ソリューションの金融機関・事業会社への提供を本格化【PR】

【PR:PwCあらた監査法人様】

PwCあらた有限責任監査法人_ロゴ_記事トップ_202007_new

ウェビナーにて解説・デモンストレーションを実施

2021年11月22日
PwCあらた有限責任監査法人

PwCあらた有限責任監査法人(東京都千代田区、代表執行役:井野 貴章、以下「PwCあらた」)は、2021年末のLIBOR(ロンドン銀行間取引金利)の公表停止に伴う代替金利指標への移行に際し、後決め複利計算などに対応する金利計算ソリューション*を2021年3月より提供開始していますが、LIBOR公表停止が迫るなか、金融機関や事業会社からの問い合わせが急増していることから、本日より配信開始するウェビナーにて解説と金利計算ツールのデモンストレーションを実施し、対応を本格化します。

* LIBOR移行対応金利計算ソリューション
https://www.pwc.com/jp/ja/industries/fs/fs-consulting/risk/libor-transition.html

ウェビナー概要

タイトル

LIBOR公表停止以降の世界と翌日物金利に基づく金利指標への対応

アジェンダ

  • LIBOR移行の概要と複数金利への対応
  • 後決め複利の計算方法と管理態勢
  • 金利計算ソリューションのご紹介

登壇者

PwCあらた有限責任監査法人パートナー 安達 哲也 他

金利計算 サンプルツールイメージ

LIBORは、デリバティブ、貸出及び債券などの参照金利として広く使用されている世界で最もポピュラーな金利指標でしたが、その基礎資金市場の実取引高が著しく減少してきており、世界の主要銀行の資金調達コストの実態を反映していないことが問題となっていました。そして、2012年にパネル銀行による不正操作事件が発覚し、金利指標改革が始まりました。このような中、2017年7月に英国FCAのベイリー長官(当時)が2021年末をもってLIBOR算出に使用するためのレート提示をパネル銀行に強制しない旨の発表を行いました。その後、世界中でLIBORからの移行作業が本格化し、2021年3月、FCAおよびIBA (ICE Benchmark Administration)がLIBOR公表停止に係る公式発表を行い、35のLIBOR テナー(期間)全てについて「恒久的停止」または「代表性喪失」が宣言されました。

各国・地域の移行検討体、業界団体および金融監督当局が推奨するLIBORの後継金利の一つとして、翌日物金利から計算される「後決め複利金利」があります。各国・地域でリスク・フリー・レートとして選定された翌日物金利は、その基礎とする資金市場の流動性が顕著に高く、マニピュレーションに対して頑健な金利であることからLIBOR問題の根本を解決する金利指標として金融市場から期待されています。後決め複利金利を参照する清算デリバティブ(OIS)取引も流動性を高めてきています。

 ただし、取得した金利を直接利用して一定期間の利息計算が可能なLIBORなどのターム物金利と異なり、後決め複利金利は日次で公表される翌日物金利を積み上げて一定期間内の利息を計算する必要があります(後決め)。このため、一定期間の利息額が確定するのは利息支払日直前となることから、利払い時までの時間的余裕を確保するための業界慣習(コンベンション)が多数存在しており、利息計算方法が多岐にわたりかつ複雑になる傾向があります。

後決め複利金利を参照可能なのは、デリバティブ、貸出、変動利付債、証券化商品など多様な商品にわたるため、後決め複利金利が市場に浸透するにつれて、大手金融機関だけでなく、地域金融機関や運用会社、および後決め複利金利で資金調達を行う事業会社なども対応が必要となる可能性があります。

PwCあらたでは、LIBOR移行対応が先行している大手金融機関への豊富な支援実績と、PwCグローバルネットワークとの連携により得られた知見から、短期間で金利計算機能の開発支援などを行う金利計算ソリューションを提供開始し、複数の金融機関に提供しています。当該ソリューションの支援実績をもとにツールの改善を行うとともにその信頼性を高めており、今後、多くの金融機関や事業会社のLIBOR移行対応を、残された期間内にスムーズに支援できるよう努めてまいります。

以上

PwCあらた有限責任監査法人について

PwCあらた有限責任監査法人は、PwCグローバルネットワークのメンバーファームとしてデジタル社会に信頼を築くリーディングファームとなることをビジョンとしています。世界で長年にわたる監査実績を持つPwCネットワークの監査手法と最新技術により世界水準の高品質な監査業務を提供するとともに、その知見を活用した会計、内部統制、ガバナンス、サイバーセキュリティ、規制対応、デジタル化対応、株式公開など幅広い分野に関する助言(ブローダーアシュアランスサービス)を通じて社会の重要な課題解決を支援しています。

詳細はこちら

PwCについて

PwCは、社会における信頼を構築し、重要な課題を解決することをPurpose(存在意義)としています。私たちは、世界156カ国に及ぶグローバルネットワークに295,000人以上のスタッフを擁し、高品質な監査、税務、アドバイザリーサービスを提供しています。

詳細はこちら

引用元:PwCあらた、2021年末LIBOR公表停止に伴う代替金利指標移行金利計算ソリューションの金融機関・事業会社への提供を本格化 | PwC Japanグループ

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


南青山アドバイザリーグループ


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ


令和アカウンティング・ホールディングス


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー

株式会社アイティーフィット_ロゴ


南富士有限責任監査法人グループ

会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. 会計士はどうやって営業力をつければ良いのか!?第2回・公認会計士…

  2. 東京共同会計事務所 進化するFSビジネス 第5回 thumb

    第5回:証券化の創世記よりスキームに向き合ってきた。税務会計審理…

  3. onlive5_第5回_公認会計ナビonLive!!

    会計を知っていても起業はできなかった-会計士起業家が語った関西…

  4. くわえもんの「会計士の悩みは俺に聞け!」

    会計士と看護師、どちらを目指すか迷っています:くわえもんの“会計…

  5. 長田 新太氏_グローウィン・パートナーズ株式会社_第8回 公認会計士ナビonLive!!

    監査法人から転職して感じた開放感とは!?若手会計士が語ったFAや…

  6. 会計士のキャリア小六法_第8回サムネイル

    【第8回】公認会計士はTOEICを何点とれば転職に有利なのか?:会計…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント