PwCコンサルティング、次世代型需要予測ソリューションをサブスクリプションモデルで提供開始【PR】

【PR:PwCあらた監査法人様】

PwCあらた有限責任監査法人_ロゴ_記事トップ_202007_new

独自開発のAI・機械学習アルゴリズムを用いた、広範囲な予測算出により、クライアント事業の生産性向上およびブランド力向上を支援

2021年9月7日
PwCコンサルティング合同会社

PwCコンサルティング合同会社(東京都千代田区、代表執行役CEO:大竹 伸明)は、サプライチェーン上の広範囲な計画業務を対象とする需要予測ソリューション「Multidimensional Demand Forecasting(以下、MDF)」を、本日よりサブスクリプション(年間定額課金)モデルで提供開始します。各種計画業務には、販売、生産、在庫、調達、設備、人員などが含まれます。

需要予測は古くからあるテーマで多くの企業が取り組んでいますが、データが潤沢にある量産品、定番品の一部や、時系列において顕著なパターンが見られる受注・出荷・販売に対する予測が主流で、移動平均といったきわめてシンプルな手法に留まっていました。しかし、デジタル化や消費者購買行動や需要構造の変化、天災やパンデミックの影響など、事業を取り巻く環境の複雑化に伴い、これら従来型の予測アプローチで対応可能な範囲は、ますます限定的になってきています。

図1 需要予測に影響を与える事業を取り巻く環境変化

このような背景を踏まえ、当社は、従来型のアプローチでは対応が困難な領域における需要予測を、独自開発のAI・機械学習アルゴリズムにより可能にするMDFを開発しました。時系列パターンを捉えにくい予測対象、新商品やリニューアル品、ロングテール化(多品種化/少量化)に伴い従来予測が難しいとされていたものなどへ、予測の対象範囲を大幅に拡張しています。コネクテッドデータなど新種のデータへの活用も可能です。高負荷な学習アルゴリズムに頼らない、独自開発の高速・高精度処理により、予測精度向上を実現します。これにより、在庫過多を防ぐと同時に欠品の発生も抑えることが可能になり、顧客に対する即納率・サービス率の改善や、フードロス削減などSDGs目標の達成にも貢献することで、企業のブランド力向上を図ることもできます。なお、クライアント企業のシステムとは、ファイルによる連携となり独立性が高いため、ユーザー(需要予測担当者)の既存業務オペレーションに変更を及ぼすことなく導入することも可能です。

図2 今後の需要構造と、MDFによる対応

MDFの主な機能は以下です。

  • 新商品予測
  • 既存品予測
  • ロングテール品/低頻度品予測
  • 補修部品予想
  • 新店売り上げ予測
  • 客数予測
  • イレギュラー対応

図3 Multidimensional Demand Forecastingの主な機能

当社ではこれまでにもオンプレミス型(クライアント企業の環境使用)にてMDFを複数の企業に提供していましたが、このたびSaaS型(Software as a Service、PwCクラウド環境使用)でも提供開始することで、より多くの企業の需要予測を支援したいと考えています。当社は本ソリューションを通じ、企業の各種計画の高度化・整流化、欠品・機会損失の抑制、短納期化への貢献を目指します。

Multidimensional Demand Forecastingに関するお問い合わせ先
Email: jp_cons_tc_mdf_info@pwc.com

Multidimensional Demand Forecastingについて
https://www.pwc.com/jp/ja/services/consulting/analytics/df.html

以上

PwCコンサルティング合同会社について

PwCコンサルティング合同会社は、経営戦略の策定から実行まで総合的なコンサルティングサービスを提供しています。PwCグローバルネットワークと連携しながら、クライアントが直面する複雑で困難な経営課題の解決に取り組み、グローバル市場で競争力を高めることを支援します。

詳細はこちら

PwCについて

PwCは、社会における信頼を構築し、重要な課題を解決することをPurpose(存在意義)としています。私たちは、世界155カ国に及ぶグローバルネットワークに284,000人以上のスタッフを擁し、高品質な監査、税務、アドバイザリーサービスを提供しています。

詳細はこちら

PwC Japanグループについて

PwC Japanグループは、日本におけるPwCグローバルネットワークのメンバーファームおよびそれらの関連会社の総称です。各法人は独立した別法人として事業を行っています。

複雑化・多様化する企業の経営課題に対し、PwC Japanグループでは、監査およびアシュアランス、コンサルティング、ディールアドバイザリー、税務、そして法務における卓越した専門性を結集し、それらを有機的に協働させる体制を整えています。また、公認会計士、税理士、弁護士、その他専門スタッフ約9,400人を擁するプロフェッショナル・サービス・ネットワークとして、クライアントニーズにより的確に対応したサービスの提供に努めています。

詳細はこちら

引用元:PwCコンサルティング、次世代型需要予測ソリューションをサブスクリプションモデルで提供開始 | PwC Japanグループ

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


南青山アドバイザリーグループ


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ


令和アカウンティング・ホールディングス


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー

株式会社アイティーフィット_ロゴ


南富士有限責任監査法人グループ

会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. 弥生株式会社 代表取締役社長 岡本浩一郎 氏

    【本日一斉発売】弥生 19 シリーズで何が変わる?法令改正対応、機…

  2. 公認会計士への税理士資格付与について考える

  3. これが会計士の独立のリアル!30人に聞いた独立1年目の年収や魅力・悩みとは!?

    これが会計士の独立のリアル!30人に聞いた独立1年目の年収や魅力・…

  4. 弥生の記帳代行支援サービスで営業活動の余力も!ひとり会計事務所の可能性が広がる-大森順子税理士事務所 様

    弥生の記帳代行支援サービスで営業活動の余力も!ひとり会計事務所…

  5. くわえもんの「会計士の悩みは俺に聞け!」

    理系出身会計士ってメリットある?文理どちらから会計士を目指すの…

  6. 会計士のキャリア小六法_第7回サムネイル

    【第7回】いつか転職したい若手会計士におすすめの4つの準備:会計…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント