ビジネスカード事業に参入 「 freeeカード Unlimited」β版を2021年秋から提供開始【PR】

【PR:freee様】

freee_新ロゴnew_2021.6_記事トップ

freee finance lab株式会社(本社:東京都品川区、CEO:小村充広、以下「freee finance lab」)は法人向けに、企業成長を支援するための統合型ビジネスカード「freeeカード Unlimited」β版の提供を2021年秋から開始します。
統合型クラウド会計ソフトを開発する会社による日本初のビジネスカード発行であり、決済機能と業務システムが双方向にデータ連携して一体となって機能します。
この「freeeカード Unlimited」β版は創業期のスタートアップを主な対象として提供するビジネスカードで、本日から申込受付を開始します。 freeeカード Unlimited

freeeカード Unlimited β版提供開始の背景と狙い

従来の事業用クレジットカードにおいて、「中小企業や創業間もないスタートアップはクレジットカードが発行できない・限度額が少ない」「クレジット利用明細が確認できるまでに時間がかかる」「従業員の不正利用や利用内容が把握できない」などの利用における障壁がありました。
「freeeカード Unlimited」β版では28万超の事業者のデータを独自のモデルで分析することで、銀行口座をfreee会計に同期していれば創業期でも代表者の個人信用情報によらず高い限度額の実現と、カード利用明細を1日*で同期することが可能となります。スピーディーな利用明細同期により月次決算をタイムリーに行うことができバックオフィス業務の負担を軽減します。また、将来経費精算やワークフローと連携して従業員のカード利用管理を行うことができます。
なお、「freeeカード Unlimited」正式版の提供は冬ごろを予定しています。

この度のカード事業開始にあたり、freee株式会社はビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:スティーブン・カーピン 以下、Visa)の「Fintechファストトラックプログラム」に参画しています。

Visaの代表取締役社長スティーブン・カーピン氏より今回の取り組みについて下記のコメントを頂戴しております。
「freeeは法人・B2B分野におけるキャッシュレス決済の拡大を進めるVisaにとって重要なパートナーです。このたび、カード事業の本格参入及び新たなビジネスカード発行開始に際して『Fintechファストトラックプログラム』にお迎えし、新たな協働ができることに期待しております。また、VAA、VRM、VSRMといったVisaの革新的なセキュリティーソリューションを導入いただくことで、利用者の皆さまに安心・安全な決済手段を提供できることを大変嬉しく思っています。」

*加盟店などの状況によっては遅れる場合があります。

freeeカード Unlimited β版の特徴

  • キャッシュフローデータと独自の与信モデルによる高い限度額
    同期銀行口座のデータから、独自の審査方法によりスタートアップの急成長を支えられるだけの大きな限度額を提供します。
    広告費やサーバー代の支払いで事前入金をする手間から解放されます。
  • 月締めできる明細連携で経理作業もスムーズ
    利用から数日以内に全ての利用明細が、freee会計に同期されます。
    カード利用明細情報が月締め作業に間に合わないというバックオフィス業務の悩みから解放されます。
    freee独自でカード明細の管理画面を提供し、クラウドERPの一部として最適なコーポレートカードを提供します。
  • リアルタイムにカード利用をコントロールできる利用ブロック設定
    設定している間カードが一切利用できないように利用ブロック設定が可能です。役員や従業員に渡しているカードの意図しないタイミングでの利用を防ぐことができます。
    さらにカードが利用された場合にリアルタイムで管理者にメール通知を行い、不審な利用を感知することが可能です。
  • Visaの革新的なセキュリティーソリューションを導入
    Visaのグローバルのデータを活用したAIスコアリングソリューション「Visa Advanced Authorization」(VAA)および、不正検知システム「Visa Risk Manager」(VRM)を導入し、不正取引と真正利用阻害の極小化を図ります。 また当該VAA/VRM関連サービスとして、Visaが保有する国内外マーケットでの最新取引傾向を活用し、freeeの戦略に合致した取引の管理を行うVisa Serviced Risk Management(VSRM)が活用されます。

freeeカード Unlimited β版申し込み方法

「freeeカード Unlimited」の事前申し込みは下記のウェブサイトをご確認ください。
URL: https://www.freee.co.jp/finance/card/unlimitedcard/
【カード名称】 freeeカード Unlimited
【発行会】freee finance lab株式会社
【年会費】 無料
【入会資格】freee会計に銀行口座を同期している法人様
【入会方法】 オンライン申し込み
【カード有効期限】 5年

「Fintechファストトラックプログラム」とは

Visaが展開する「Fintechファストトラックプログラム」は、パートナー企業によるVisaの決済ネットワークを利用した新たな決済体験をより迅速かつ簡潔に構築可能にするプログラムです。本プログラムは、Visaのネットワークを開放し、新たな決済体験を開発する幅広い企業をサポートするVisaのグローバル戦略のひとつです。
成長段階にある企業はより容易に、Visaのグローバル決済ネットワークにアクセスすることが可能となります。

本件に関するお問い合わせ先

freee 株式会社 広報 (PR) 野澤真季
E-mail: pr@freee.co.jp

会計事務所の強みになるクラウド会計ソフトfreee

freee_新ロゴnew_2021.6_記事トップ

freeeを活用する会計事務所が増えているのには理由があります

スモールビジネスと向き合い、唯一無二の強みを一緒に作りませんか?無料のオンライン説明会実施中。
まずは気軽にご参加ください。

オンライン説明会のお申し込みはこちら

引用元:ビジネスカード事業に参入 「 freeeカード Unlimited」β版を2021年秋から提供開始 | プレスリリース | corp.freee.co.jp

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ


令和アカウンティング・ホールディングス



【ゴールドスポンサー様】


南青山アドバイザリーグループ


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー

株式会社アイティーフィット_ロゴ


南富士有限責任監査法人グループ

会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. onlive5_第5回_公認会計ナビonLive!!

    “世界最強の外資系企業”で活躍する会計士が東京を選んだ理由-東京…

  2. Bridge×霞ヶ関キャピタル_サムネイル

    3.11からの出発。東北発の自然エネルギー&不動産金融ベンチャーは…

  3. 渡邉孝江が食べてきた!サムネイル画像

    汐留のオシャレなハワイアンカフェのオーナーは会計士!?:会計士…

  4. 渡辺 匡章_株式会社エスネットワークス_第8回 公認会計士ナビonLive!!

    会計士を成長させる“金を使う経験”、若手会計士に知って欲しいコン…

  5. 求人情報_画像_求人用thumb_ipoランキング

    2017年・監査法人IPOランキング!トーマツが首位に返り咲き!IPO件…

  6. くわえもんの「会計士の悩みは俺に聞け!」

    外資系金融機関を辞めて地方で独立して成功するにはどうすればよい…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント