PwCコンサルティング、Blockchain Laboratoryを開設【PR】

【PR:PwCあらた監査法人様】

PwCあらた有限責任監査法人_ロゴ_記事トップ_202007_new

先進的なブロックチェーン技術を活用し、ニューノーマル時代における企業の未来を切り拓く

2020年11月11日
PwCコンサルティング合同会社

PwCコンサルティング合同会社(東京都千代田区、代表執行役CEO:大竹 伸明)は11月11日、ブロックチェーンを活用して企業及び社会の課題解決を支援する「Blockchain Laboratory(ブロックチェーンラボラトリー)」を開設しました。

世界最大級のプロフェッショナルサービスネットワークであるPwCにはブロックチェーン開発ラボが複数あり、100人以上の技術者を含む計500人以上のスタッフがブロックチェーン技術に関する研究や社会実装に取り組んでいます。当社が設立したBlockchain Laboratoryは、こうしたPwCの各国法人が有するブロックチェーンに関する幅広い情報を集積して発信します。また、当社がビジネスコンサルティングにおいて培った各産業・ビジネスに関する豊富な知見と、PwC独自のBXT(Business eXperience Technology)アプローチによる未来予測・アジェンダ設定を組み合わせ、企業の事業変革、大学・研究機関の技術イノベーション、政府の産業政策を総合的に支援します。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、社会は急速にニューノーマルへの適応を迫られています。特定の管理主体に依存せず信頼を担保できるブロックチェーン技術にあらためて注目が集まっています。データ保全や在庫管理などに活用するケースが出始めているほか、健康情報や行動履歴の管理、さらには“脱ハンコ”に至るまで、さまざまな課題を解決する技術として期待が高まっています。PwCが先ごろ発表したグローバル調査レポート「Time for Trust-The trillion-dollar reasons to rethink blockchain」では、ブロックチェーンは2030年までに世界のGDPを185兆円、日本のGDPを7.7兆円押し上げる可能性があると予測しています。一方でブロックチェーンは技術も市場もまだまだ成熟しているとは言えず、現状は関連するユースケースの9割は実証実験レベルに留まり、実用化、商用化が大きな課題となっています。

こうした背景を受けて、当社はニューノーマル時代における日本企業の成長支援を加速させるためにBlockchain Laboratoryを設立しました。所長に就任した丸山 智浩は次のように述べています。

「PwCは、ブロックチェーンソリューションを提供してきた豊富な実績と、業界および規制に関する深い知識を備えています。私たちは数年間にわたり、数多くのグローバル機関向けの戦略策定、運用モデル設計、および技術実装プロジェクトに携わってきました。多様なステークホルダーが参画し、エコシステムが拡大するほど効果を発揮するブロックチェーンにおいて、PwCは150カ国以上に広がるグローバルネットワークと多数のアライアンスパートナーとの連携を強みに、クライアントの長期的なビジネス成長を支える戦略パートナーとして価値を提供し続けます」

Blockchain Laboratory概要

  • 名称:Blockchain Laboratory(ブロックチェーンラボラトリー)
  • 所在地:PwCコンサルティング合同会社内
  • WebサイトURL:https://www.pwc.com/jp/blockchain
  • 開設日:2020年11月11日
  • 所長:PwCコンサルティング合同会社 シニアマネージャー 丸山 智浩
  • 体制:専任担当者8名を中心に社内有識者と連携した組織を立ち上げ、順次体制を拡充していきます

主な活動内容

ブロックチェーン技術に関連する調査、分析、実証、実装など、可能性の検討から戦略策定、実行まで一貫して支援します。

  • ブロックチェーン導入の可能性検討、ビジネス戦略策定
  • BXTアプローチなどデザイン思考を駆使し、ユースケースの早期抽出
  • PoC(概念実証)でMVPを短期開発し、仮説やビジネスケースを反復検証
  • 組織全体の人、プロセス、テクノロジーを、ブロックチェーンエコシステムのために調整
  • ブロックチェーンエコシステムを監査するプロセスの検討
  • イノベーションを加速するためのチャネルパートナーの選定
  • クライアント組織のブロックチェーン教育

PwCコンサルティング合同会社について

PwCコンサルティング合同会社は、経営戦略の策定から実行まで総合的なコンサルティングサービスを提供しています。PwCグローバルネットワークと連携しながら、クライアントが直面する複雑で困難な経営課題の解決に取り組み、グローバル市場で競争力を高めることを支援します。

詳細はこちら

PwCについて

PwCは、社会における信頼を築き、重要な課題を解決することをPurpose(存在意義)としています。私たちは、世界155カ国に及ぶグローバルネットワークに284,000人以上のスタッフを有し、高品質な監査、税務、アドバイザリーサービスを提供しています。詳細はwww.pwc.com をご覧ください。

詳細はこちら

PwC Japanグループについて

PwC Japanグループは、日本におけるPwCグローバルネットワークのメンバーファームおよびそれらの関連会社の総称です。各法人は独立した別法人として事業を行っています。

複雑化・多様化する企業の経営課題に対し、PwC Japanグループでは、監査およびアシュアランス、コンサルティング、ディールアドバイザリー、税務、そして法務における卓越した専門性を結集し、それらを有機的に協働させる体制を整えています。また、公認会計士、税理士、弁護士、その他専門スタッフ約9,000人を擁するプロフェッショナル・サービス・ネットワークとして、クライアントニーズにより的確に対応したサービスの提供に努めています。

詳細はこちら

引用元:PwCコンサルティング、Blockchain Laboratoryを開設 | PwC Japanグループ

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


南青山グループ


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


太陽有限責任監査法人

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

税理士法人令和会計社


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー


英語コーチングのプログリット


会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


企業の持続的成長を支援するエスネットワークス


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. 公認会計士のリアル_2_井上健氏_サムネイル

    本当に監査人になりたかったのか?(公認会計士のリアル 第2回:井…

  2. 渡辺 匡章_株式会社エスネットワークス_第8回 公認会計士ナビonLive!!

    会計士を成長させる“金を使う経験”、若手会計士に知って欲しいコン…

  3. くわえもんの「会計士の悩みは俺に聞け!」

    将来、起業するために監査法人時代をどう過ごすべきでしょうか?:…

  4. 東京共同会計事務所 窪澤さん連載画像

    第8回:業務日報の作成のポイント【会計事務所が知っておきたい税理…

  5. エスネットワークスのオフィスを見学!:会計ファームのオフィス見…

  6. くわえもんの「会計士の悩みは俺に聞け!」

    外資系金融機関を辞めて地方で独立して成功するにはどうすればよい…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント