PwC Japan、AIを経営の中枢に据え、経営革新を実現する包括的支援サービス「AI経営」の提供を開始【PR】

【PR:PwCあらた監査法人様】

PwCあらた有限責任監査法人_ロゴ_記事トップ_202007_new

企業活動のバリューチェーンにAIを組み込み、状況把握から意思決定・実行までの高速化を実現

2020年9月8日
PwC Japanグループ

PwC Japanグループ(グループ代表:木村 浩一郎)は9月8日、企業がAIを中枢に据えた経営「AI経営」を実現するための包括的支援サービスの提供を開始しました。

AI経営が目指す世界、戦略的にAIとデータの力を最大化し経営の中枢に活用

企業を取り巻く環境が大きく変化する中、迅速な経営戦略の実行の重要性が増しています。新たな時代への適応を模索している企業にとって、AIやIoT、ビッグデータ、5Gといったデジタルテクノロジーを活用し、競争優位性を確立する抜本的なビジネス構造変革が急務となっています。テクノロジーの進化により、企業が収集できるデータは爆発的に増加しています。リアルタイムにさまざまなデータを収集し、解析することで得たインサイトを意思決定に結び付けることが、これからの時代を勝ち抜いていくための重要な要件となっています。一方で、いち早くAIなどの先進テクノロジーを活用した変革に取り組んでいるにもかかわらず、ビジョンが不明確であったり、場当たり的な分析やPoC(概念実証)を繰り返すなどで、期待した成果を得ることができないといった例も多くみられます。

このような背景や課題を踏まえ、当社は、新たに提唱するコンセプト「AI経営」を通じ、経営においてAIが当たり前に存在している世界の実現を目指します。企業活動のバリューチェーンの至る所でAIを活用するソリューションを提供、ビジョンの策定、マネジメント変革、デジタルテクノロジー導入までを一貫して担い、AI経営の実現を支援します。

最先端の豊富なAI活用事例から得た知見をもとにAI経営を実現、クライアントの自走を支援

PwCは世界157カ国のグローバルネットワークで連携し、最先端のAI活用事例をテンプレート化(40超)・ユースケース化(1400超)しています。これらの豊富な知見を活用することで、早期にAI経営の成果を生み出すことが可能になります。

AI経営を推進していくためには、ビジネスとテクノロジー両方の理解に加え、働く人々に行動変容を促すための心理的側面の理解が非常に重要であり、その3つを統合したビジョンを描き出すことが求められます。PwCは、独自のフレームワークBXT(Business eXperience Technology)を用い、AI活用推進に向けたフレームワークやソリューションを基に、ビジョン策定やビジネスプロセス・マネジメント変革、さらには、データ活用を行う上で必要となるデータの整備や基盤構築まで、AI経営の実現に向けたロードマップを策定します。

これらの戦略を実行していく上では、AIが生み出すさまざまなリスクをコントロールするAIガバナンス・監査や、不足するケーパビリティをM&Aなどで補うなどの対応が必要です。PwCでは、コンサルティング、監査、M&Aなどのアドバイザリーの複合体制で支援します。また、これまでのユースケースから得た知見を体系化し、クライアント企業に共有することで、最終的にはクライアント企業における自走の実現を支援します。

図1:AI経営概要説明図

AI経営が実現されると、経営者は意思決定を行う上で必要となるデータをバリューチェーン全体から収集し、分析、インサイトが導出されたダッシュボード形式でリアルタイムに把握でき、経営の高速化、最適化を図ることができます。

図2:AI経営ダッシュボード サンプル(アジャイル経営に求められるデータドリブン業績管理)

以上

PwC Japanグループについて

PwC Japanグループは、日本におけるPwCグローバルネットワークのメンバーファームおよびそれらの関連会社の総称です。各法人は独立した別法人として事業を行っています。

複雑化・多様化する企業の経営課題に対し、PwC Japanグループでは、監査およびアシュアランス、コンサルティング、ディールアドバイザリー、税務、そして法務における卓越した専門性を結集し、それらを有機的に協働させる体制を整えています。また、公認会計士、税理士、弁護士、その他専門スタッフ約9,000人を擁するプロフェッショナル・サービス・ネットワークとして、クライアントニーズにより的確に対応したサービスの提供に努めています。

詳細はこちら

PwCについて

PwCは、社会における信頼を築き、重要な課題を解決することをPurpose(存在意義)としています。私たちは、世界157カ国に及ぶグローバルネットワークに284,000人以上のスタッフを有し、高品質な監査、税務、アドバイザリーサービスを提供しています。

詳細はこちら

引用元:PwC Japan、AIを経営の中枢に据え、経営革新を実現する包括的支援サービス「AI経営」の提供を開始 | PwC Japanグループ

公認会計士ナビの編集部です。公認会計士や監査法人業界の様々なニュースや情報をお届けしています。

  1. グローウィン・パートナーズ株式会社_ロゴ_thumb_2024年6月更新

    【セミナー】「SuiteConnect Tokyo 2024」に弊社取締役の大竹が登壇…

    2024.07.12

  2. 株式会社ビーブレイクシステムズ_ロゴ_thumb

    【ウェブセミナー】他社事例から学ぶ“正しい”プロジェクト収支管理…

    2024.07.12

  3. 株式会社藤井大丸 _マネーフォワード_サムネイル_thumbnail

    業務改善の積み重ねにより、大量の紙が半分に – マネーフォワ…

    2024.07.11

  4. YKプランニング_bixid_ビサイド_logo_ロゴ_thumbnail

    【バックオフィスの未来を切り開く】奉行DIGITALIZE 2024 in 名古屋…

    2024.07.10

  5. BRIDGE_ロゴ_1024_683_サムネイル用_thumb_2021.7_new

    【ウェブセミナー】内部監査実務を学ぶ ~未経験者向け入門セミナー~…

    2024.07.10

  6. マネーフォワード クラウド公認メンバーってどんな制度?独立会計士にとってお得なその特徴やメリットを調べてみた!【PR】_サムネイル

    マネーフォワード クラウド公認メンバーってどんな制度?独立会計士…

    2024.07.10

  1. 弥生株式会社_弥生に聞いた!会計事務所はインボイス制度・電帳法対応で何をすべき!?

    弥生に聞いた!会計事務所はインボイス制度・電帳法対応で何をすべ…

    2022.10.06

  2. 海外の公認会計士

    就職人気企業ランキングに見るBIG4の実力

    2013.04.19

  3. BridgeConsulting 取締役COO・公認会計士・税理士・大庭 崇彦

    会計士はライバルから仕事を貰える!?会計士は独立後も仕事に困り…

    2018.01.20

  4. 弥生PAPカンファレンス2018

    人材難でも勝ち残る会計事務所をどう作ったのか?ふたつの事例から…

    2018.12.18

  5. 四大監査法人を比較する_2023年12月版

    BIG4監査法人を比較!2023年12月版_四大監査法人の決算・業績(売上…

    2024.01.12

  6. 監査法人ではできない経験が若手会計士を成長させるー令和アカウンティング・ホールディングスを選んだ会計士が語ったその魅力と風土【PR】

    監査法人ではできない経験が若手会計士を成長させるー令和アカウン…

    2022.01.27

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

パートナー企業

公認会計士ナビは以下のオフィシャルパートナー様にサポート頂いております。

【プレミアムパートナー様】

Clifix_logo_330_280

【プラチナパートナー様】

Ohwa_banner_應和監査法人_agn INTERNATIONAL_バナー用

PwCJapan有限責任監査法人

株式会社エッサム

弥生会計

リンクパートナーズ法律事務所

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

令和アカウンティング・ホールディングス

【ゴールドパートナー様】

南青山アドバイザリーグループ

公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー

TKW M&Aファイナンス会計税務事務所_ロゴ

事業再生・M&Aのプロ集団「J-TAP Group」_ロゴ

会計事務所の強みになるクラウド会計freee

バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ

YKPlanning_logo_1500_500

海外進出支援のCaN International

→パートナー企業一覧

→パートナープラン詳細

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント