PwCあらた、ウルシステムズ、クラスメソッド、ネオス、エンタープライズ領域におけるAWS活用推進コンソーシアムを設立【PR】

【PR:PwCあらた監査法人様】

PwCあらた有限責任監査法人_ロゴ_記事トップ_202007_new

2020年9月8日
PwCあらた有限責任監査法人

PwCあらた有限責任監査法人(東京都千代田区、代表執行役:井野 貴章)、ウルシステムズ株式会社(東京都中央区、代表取締役社長:漆原 茂、以下 ウルシステムズ)、クラスメソッド株式会社(東京都千代田区、代表取締役:横田 聡、以下 クラスメソッド)、ネオス株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:池田 昌史)の4社はこのたび、エンタープライズ分野におけるアマゾン ウェブ サービス(AWS)の活用推進を目的としたコンソーシアム『APNセキュリティコンソーシアム・ジャパン』を設立しました。

コンソーシアムの設立背景

今日、多くの企業ではデジタルトランスフォーメーションが重要な経営課題となっています。ビジネス環境の変化に柔軟性をもって対応するには、システム開発のスピードアップが欠かせません。こうした要件を満たすため、エンタープライズ領域ではクラウドネイティブなシステム構築が主流となっています。構築において適切なセキュリティ対策をとることは重要な課題ですが、業界標準となる体系化されたガイドラインは存在していませんでした。

クラウドネイティブなシステムでは、開発効率を高めるため多岐にわたるサービスを積極的に利用します。それぞれのサービスの特性を把握しておかなければ、セキュリティインシデントやサービスレベルの低下を生むリスクがあります。

また、IT監査への対応コストも課題です。現在、クラウドを使ったシステムのIT監査に関して知見をもつシステムの設計者は限られています。システムリリース後に監査の指摘を受けて改修が発生するケースは珍しくありません。

活動概要と展望

PwCあらた、ウルシステムズ、クラスメソッド、ネオスの4社は共同で『APNセキュリティコンソーシアム・ジャパン』を設立しました。アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社による全面的な協力の下、セキュリティやSLA、監査の観点を盛り込んだエンタープライズ分野におけるクラウド活用のベストプラクティスをコンソーシアムのスペシャリストメンバーと研鑽してまいります。本コンソーシアムは4社を主幹事としてAWSパートナーネットワーク(APN)コンサルティングパートナーであるコンサルティング企業やシステムインテグレータから広く参加を募ります。コンソーシアム会員同士での事例共有や、共同研究、ガイドライン策定などの活動を通じて、ノウハウを高める活動を推進いたします。

主な活動内容

  • コンソーシアム内での事例共有(成功事例、失敗事例)を通して、クラウド活用におけるセキュリティへの理解を深める。
  • 会員同士による共同評価/検証および結果を共有し、AWS活用のポイントを技術的な観点から明らかにする。
  • クラウドセキュリティ導入・運用の実績を通して、新しい情報部門の役割を議論・検討する。
  • クラウドセキュリティ活用について議論、検討する。
  • AWSおよびAPNパートナーの新サービスや事例発表を通して、AWS活用セキュリティソリューションへの理解を深める。
  • マネジメントからエンジニアまでを対象に、クラウド導入の不安を払拭および、活用を推進するための情報を体系化した各種ガイドラインを執筆する。

ガイドライン構想

セキュリティガイドラインは4つの構成としています。マネジメントとエンジニアのそれぞれでクラウドセキュリティへの認識合わせを可能とし、AWSのホワイトペーパーやさまざまなナレッジが、どのタイミングでどのように活用すれば適切なのかを体系的にまとめます。

  1. クラウド導入の選定および選定を提案するマネジメント向けに、クラウド利用のメリットと考慮すべき事項のガイドライン
  2. クラウド利用での検討、事業者選定、導入・運用のプロセスとリスク管理のガイドライン
  3. 国内・グローバルの公知の基準とも整合したリスクコントロールのガイドライン
  4. AWSホワイトペーパーにも準拠した、サービス対策や設計アーキテクチャのガイドライン

APNセキュリティコンソーシアム・ジャパン会員資格

APN セレクトティア以上のパートナーであることを条件としております。

AWSサミットでの発足紹介

AWS Summit Online(2020年9月8日(火)~9月30日(水))でのクラスメソッドセッション『APN-05 クラスメソッドも参加する、APN Security Consortium Japan の発足と今後の取り組みについて』にて、本コンソーシアムの発足を紹介しております。

アマゾン ウェブ サービス、AWSは、Amazon.com, Inc.または、その関連会社の商標です。

以上

PwCあらた有限責任監査法人について

PwCあらた有限責任監査法人は、卓越したプロフェッショナルサービスとしての監査を提供することをミッションとし、世界最大級の会計事務所であるPwCの手法と実務を、わが国の市場環境に適した形で提供しています。さらに、国際財務報告基準(IFRS)の導入、財務報告に係る内部統制、また株式公開に関する助言など、幅広い分野でクライアントを支援しています。

詳細はこちら

引用元:PwCあらた、ウルシステムズ、クラスメソッド、ネオス、エンタープライズ領域におけるAWS活用推進コンソーシアムを設立 | PwC Japanグループ

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


南青山アドバイザリーグループ


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


太陽有限責任監査法人

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

税理士法人令和会計社


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー


英語コーチングのプログリット


会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


企業の持続的成長を支援するエスネットワークス


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. 中小企業向けクラウド会計ソフト『ネットde会計』が目指す“経営を支…

  2. 【開催報告】 若手公認会計士のための勉強会 第2回:事業承継

  3. 全自動のクラウド型会計ソフト freee(フリー)の衝撃【シリーズ:…

  4. 平成28年公認会計士試験合格者・大原簿記専門学校

    会計士試験の合格者は昨年を上回る1,108人!平成28年(2016年)公認…

  5. 弥生PAPカンファレンス2018

    会計事務所の未来を見通すポイントはテクノロジーの進化と社会的背…

  6. 女性会計士のキャリアと主婦会計士の新しい働き方トレンド_サムネイル

    女性会計士のキャリアと主婦会計士の新しい働き方トレンドとは!?…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント