Money Forward Lab、慶應義塾大学の星野崇宏教授が技術顧問に就任【PR】

【PR:マネーフォワード様】

MF_マネーフォワード_クラウド_新ロゴ_new_記事トップ_クラウド会計ソフト・MFクラウド

ナッジを活用した、より良い家計や企業経営、企業の取引コストの最小化を実現

株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:辻庸介)のデータ利活用を目的とした研究所 “Money Forward Lab” に、新たに技術顧問として慶應義塾大学星野崇宏教授が就任しました。”Money Forward Lab” は今後、星野教授の知見をもとに、ナッジ(注)を活用したより良い家計や企業経営の実現、企業の取引コストの最小化などを推進します。

 星野崇宏教授は、行動経済学、統計科学、機械学習の分野において、日本を代表する研究者です。現在は、慶應義塾大学経済学部の教授に加え、国内のAI研究の中核を担う理化学研究所のAIP経済経営情報融合分析チームリーダーや総務省統計研究研修所の客員教授などを兼任し、中央省庁や企業へのコンサルテーション、共同研究も多数実施しています。
 ”Money Forward Lab” は星野教授とともに、今後「行動経済学」や「経済学・ファイナンス」の知見を活用および応用していきます。「行動経済学」については、望ましい行動を自発的に選択するよう促すナッジの活用により、より良い家計や企業経営の実現に向けた研究に取り組みます。また「経済学・ファイナンス」については、企業が取引先や資本提携先に対して、どのように会計情報を共有すれば取引コストを最小化できるかについて研究します。

主な取り組み内容

(1)ナッジを活用したより良い家計・企業経営の実現

 ナッジは、「お金の大切さは知っているけど貯められない」「リスクがわからないから怖くて投資できない」といった悩みを抱える個人や、「煩雑だけど補助金を申請しておけばよかった」「制度変更に対応すべきだけど本業が忙しい」といった課題を抱える企業などが、望ましい行動を自発的に選択するよう促す仕掛けや手法です。欧米を中心に注目されているナッジは、近年日本でも、政府および自治体の政策や企業経営に活用する取り組みが盛んに行なわれ、今後さまざまな社会課題への対応策として導入が期待されています。今後ナッジの活用により、最適な金融行動や消費行動を選択するための適切なタイミングと有効な働きかけについて研究し、悩みや課題を抱えるユーザーに対して、より良い家計や企業経営の実現を目指します。

(2)企業の取引コストの最小化

 企業が取引先や資本提携先に対して、どのように会計情報を共有すれば、企業間の取引、協業、連携、M&A、資金調達等の取引コストを最小化できるかについて研究します。例えば、リソースが限られている中小企業にとって、デットファイナンス(銀行借入等による資金調達)や補助金制度を利用する機会を判断するのは難しいのが現状です。このような課題に対して、企業の会計データを用いて、事業転換の可能性、取引先関係の変化、資金需要発生のタイミングや頻度、必要な資金調達金額などを予測することで、企業のさまざまな取引コストの最小化を図ります。

星野崇宏教授 プロフィール

慶應義塾大学経済学部教授 
理化学研究所AIP経済経営情報融合分析チームリーダー
総務省統計研究研修所客員教授

  • 専門は行動経済学、統計科学、機械学習
  • 2004年3月東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了、博士(学術・経済学)
  • 情報・システム研究機構統計数理研究所、名古屋大学大学院経済学研究科などを経て慶應義塾大学教授に就任
  • シカゴ大学客員研究員、ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院客員研究員などを歴任
  • 行動経済学会副会長(次期会長)
  • マーケティング・サイエンス学会理事
  • 45歳未満の研究者に政府が授与する最も権威のある賞である日本学術振興会賞を受賞(2017年)
  • ほかに日本統計学会研究業績賞、日本行動計量学会優秀賞、日本心理学会国際賞、慶應義塾大学義塾賞など受賞多数
  • 経済産業省ナッジプロジェクト委員

(注)行動経済学や行動科学分野において、人が望ましい行動を自発的に選択するよう促す仕掛けや手法。

株式会社マネーフォワードについて

名称  :株式会社マネーフォワード
所在地 :東京都港区芝浦 3-1-21 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21F
代表者 :代表取締役社長CEO 辻庸介
設立  :2012年5月
事業内容:PFMサービスおよびクラウドサービスの開発・提供
URL :https://corp.moneyforward.com/
主要サービス:
お金の見える化サービス『マネーフォワード ME』 https://moneyforward.com/
バックオフィスSaaS『マネーフォワード クラウド』 https://biz.moneyforward.com/
※記載されている会社名および商品・製品・サービス名(ロゴマーク等を含む)は、各社の商標または各権利者の登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社マネーフォワード 
広報担当:柏木、早川 
E-mail:pr@moneyforward.co.jp

引用元:Money Forward Lab、慶應義塾大学の星野崇宏教授が技術顧問に就任|株式会社マネーフォワード

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


南青山グループ


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


太陽有限責任監査法人

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

税理士法人令和会計社


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー


英語コーチングのプログリット


会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


企業の持続的成長を支援するエスネットワークス


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. 監査法人

    三大監査法人を比較する(規模・業績編)

  2. くわえもんの「会計士の悩みは俺に聞け!」

    将来、起業するために監査法人時代をどう過ごすべきでしょうか?:…

  3. ベストティーチャー 宮地俊充

    インチャージでもなく、CFOでもなく、僕は起業家への道を選んだ(前…

  4. 第10回公認会計士ナビonLive!!_植西 祐介氏

    人生のバリュエーションを意識したらスタートアップへの転職に抵抗…

  5. 税理士登録freee記事サムネイル

    税理士登録が驚くほど簡単に!「税理士登録freee」で会計士や税理士…

  6. 南青山グループ

    次世代会計ファームの大本命!?M&A、IPO、税務をワンストップで提…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント