freee、テレワークに関するアンケート調査を実施【PR】

【PR:freee様】freee株式会社

freee株式会社(本社:東京都品川区、CEO:佐々木大輔、以下「freee」)は、2020年4月13日、1~300名規模のスモールビジネス従事者1146人に対して、「テレワーク」に関するアンケート調査を実施しました。

  • 中小企業の64%がテレワークを許可しておらず、許可されていてもテレワーク中に出社しなければならない人は77%も!
  • 出社理由として「取引先から送られてくる書類の整理作業」が最も多く、産業界全体でペーパーレス化を推進することが急務!
  • 出社対応が必要な書類Top3は「契約書」「請求書」「経費精算の申請書」。社外へのペーパーレス化の働きかけだけでなく、社内申請書の電子化も必要!

中小企業の64%がテレワークを許可しておらず、許可されていてもテレワーク中に出社しなければならない人は77%も!

 まず、「テレワークの許可」について質問すると、64.0%の方が「許可されていない」と回答しています。また、残り36%のテレワークが許可されている人に「テレワークで働いている際に、出社する頻度」について聞くと、「ほぼ毎日」が16.3%、「週に2,3回程度」が21.6%、「週に1回程度」が21.1%、「月に2~3回程度」が17.7%と、出社しなければいけない人は77%もいることが分かりました。このように、スモールビジネスにおいては大多数が何らかの理由で出社せざるを得ないことが分かります。

出社理由として「取引先から送られてくる書類の整理作業」が最も多く、産業界全体でペーパーレス化を推進することが急務!

続いて、「テレワーク中でも出社が必要となる理由」について質問すると、「取引先から送られてくる書類の確認・整理作業」が38.3%と最も多かった回答です。その他に「請求書など取引先関係の書類の郵送業務」が22.5%、「契約書の押印作業」が22.2%と、いずれもバックオフィス業務で紙やハンコの押印が必要な作業の為に出社が必要となっている人が多いことが分かります。
また、「社内の業務システムがオフィスからしかアクセスできない」が21.8%、「社内の紙による書類の申請・承認(押印やサインなど)作業」が17.1%、「社内資料の大部分が紙ベース(確認・印刷)」が14.2%と、社内の業務システムや業務フローがテレワークに対応できておらず出社が必要となるケースも多いことが分かります。

出社対応が必要な書類Top3は「契約書」「請求書」「経費精算の申請書」。社外へのペーパーレス化の働きかけだけでなく、社内申請書の電子化も必要!

「出社しての対応が必要となる書類について」質問すると、最も多かったのが「契約書」45.9%、続いて「請求書」45.0%と多く、取引先など社外とのやり取りを紙に依存したフローにしていることが要因であることがわかります。さらに、「経費精算の申請書」40.2%と、社内フローでも紙に依存していることが回答数からもわかり、社外とのやり取りをペーパーレス化するだけでなく、社内申請書もペーパーレス化する必要があることが分かります。

有効だと思う対策Top3は「ノートPCの持ち出しの許可と通信回線準備」「データ共有のクラウド化」「書類のペーパーレス化」

また、「テレワーク推進にあたり、あなたの職場で有効だと思う対策について」質問すると、「ノートPCやモバイルなどの持ち出し、および通信回線」と答える人が32.8%、続いて「ファイル保管・データ共有のクラウド化」が26.5%、「書類の電子化(ペーパーレス化)」25.1%と、自宅でも通常業務を行うためにクラウドを活用しペーパーレス化していくことが有効だと思っている人が多いことが分かります。

74%の企業がテレワークに関する課題解決できそうな目途が立っていない!

「テレワークに関する課題が実際に解決できそうな時期」について質問すると、「見込みは立っていない」と回答した人が74.2%と大半を占めました。現状の課題や解決策は見当ついているものの、実際に取り組む目途が立っていないことがわかります。

freeeはコロナ対策支援プロジェクト「PowerToスモールビジネス」を開始、テレワークノウハウや融資・助成金等についてのオンラインセミナーを開催


 freeeは、4月21日にスモールビジネスに向けた新型コロナ対策支援プロジェクト「PowerToスモールビジネス」を開始しました。「PowerToスモールビジネス」は、個人事業主や中小中堅企業に向け、freeeが提供する、新型コロナ対策支援のプロジェクトの総称です。「スモールビジネスを、世界の主役に。」というミッションを掲げるfreeeにおいても、強みを活かせる継続的な支援をおこなうことを目的とし、本プロジェクトを開始しました。来月予定しているオンラインセミナーでは、3月より全従業員テレワークを実践してきたfreeeのバックオフィスを支える経理担当、労務担当やカルチャー推進担当が、テレワークでも効率的に、そして一体感を保ちながら業務を進めていく具体的なノウハウをご説明します。他にも融資・助成金・補助金等についての情報も発信してまいります。

「PowerToスモールビジネス」特設サイト:https://www.freee.co.jp/power-to-smb/
※経理セミナー、労務セミナー、カルチャーセミナーを5月に予定しており、特設サイト内で随時公開してまいります

freeeが提供する関連サービス

調査概要

調査方法:インターネット上でのアンケート調査
調査対象:1~300名規模の中小企業従事者 1146名
調査実施日:2020年4月13日

引用元:freee、テレワークに関するアンケート調査を実施 | プレスリリース | freee株式会社

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


南青山グループ


あらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


太陽有限責任監査法人

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

税理士法人令和会計社


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー


英語コーチングのプログリット


全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


企業の持続的成長を支援するエスネットワークス


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. 青山綜合会計事務所記事(大野氏)サムネイル

    専門性をかけ合わせながら知識が深まっていく、監査法人を辞めて証…

  2. 中小企業向けクラウド会計ソフト『ネットde会計』が目指す“経営を支…

  3. 監査経験はFASやコンサルで活きるのか?公認会計士がFASやコンサル…

  4. 第9回 公認会計士ナビ on Live

    【開催報告】第9回 公認会計士ナビonLive!! が開催されました!

  5. 会計士がスタートアップに転職する際の不安は3つ。経済合理性を考…

  6. 平成29年度_修了考査_2017_thumb

    1,065名が合格!平成29年度・修了考査合格発表に関する速報と考察 …

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント