通帳アプリ『デジタル通帳』、紙の通帳を使わない口座に切り替えができる「無通帳申し込み機能」を提供:マネーフォワード【PR】

【PR:マネーフォワード様】

MF_マネーフォワード_クラウド_新ロゴ_new_記事トップ_クラウド会計ソフト・MFクラウド

第一弾として『栃木銀行 かんたん通帳』に導入

 株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO: 辻庸介、以下「当社」)は、当社が金融機関向けに開発提供する通帳アプリ『デジタル通帳』において、「無通帳申し込み機能」(以下「本機能」)を開始しました。これにより、『デジタル通帳』をご利用のお客さまは、アプリ上で、紙の通帳を使用しない口座への切り替えが可能になります。

 『デジタル通帳』は、金融機関の口座をお持ちのお客さまが口座の入出金履歴や残高情報を紙の通帳のように閲覧できるアプリです。ご利用いただくことで、通帳への記帳が不要となり、いつでもどこからでも簡単に口座を管理することが可能になります。現在当社は、『デジタル通帳』を14の金融機関に対し提供しています。

 本機能を通じて、紙の通帳をご利用のお客さまは、金融機関の窓口に出向く必要なく、無通帳化の手続きを行うことができます。また、金融機関は、『デジタル通帳』の利用者を拡大とお客さまの利便性向上を促すと共に、通帳発行におけるコスト削減が可能になります。

 今後も当社では、金融機関向けに提供するサービスを通じて、金融機関の業務支援を強化していくと共に、金融機関をご利用のお客さまの利便性向上に努めてまいります。

「無通帳申し込み機能」について

「無通帳申し込み機能」は、当社が金融機関向けに提供する『デジタル通帳』をご利用のお客さまが、紙の通帳を使用しない無通帳口座への切り替えを、アプリを通じて申し込める機能です。第一弾として本機能を『栃木銀行 かんたん通帳』に導入し、2月17日よりご利用いただけます。他金融機関についても順次対応していく予定です。

通帳アプリ『デジタル通帳』について

 『デジタル通帳』は、当社が金融機関向けに提供しているサービスです。『デジタル通帳』を通じて、アプリ上で、口座の入出金履歴や残高情報を紙の通帳のように閲覧することができます。

特 長

  • 口座の情報を自動的に取得する
  • 記帳や来店などの手間なく最新の情報を得ることができる
  • データの永年保存が可能
  • 金融機関は、通帳発行や管理におけるコスト削減を実現できる

※金融機関によって保存期間は異なります

これまでの通帳アプリ『デジタル通帳』導入金融機関

2017年6月 群馬銀行(https://corp.moneyforward.com/news/release/service/20170526-mf-press/
2017年11月 東邦銀行(https://corp.moneyforward.com/news/release/service/20171124-mf-press/
2018年3月 栃木銀行(https://corp.moneyforward.com/news/release/20180306-mf-press/
2018年5月 大光銀行(https://corp.moneyforward.com/news/release/service/20180517-mf-press/
2018年6月 筑波銀行(https://corp.moneyforward.com/news/release/service/20180618-mf-press/
2018年8月 みちのく銀行(https://corp.moneyforward.com/news/release/service/20180731-mf-press-2/
2019年2月 北陸銀行(https://corp.moneyforward.com/news/release/service/20190215-mf-press/
2019年2月 千葉銀行(https://corp.moneyforward.com/news/release/service/20190225-mf-press/
2019年2月 北洋銀行(https://corp.moneyforward.com/news/release/service/20190222-mf-press-2/
2019年3月 滋賀銀行(https://corp.moneyforward.com/news/release/service/20190328-mf-press/
2019年3月 JAバンク(https://corp.moneyforward.com/news/release/service/20190322-mf-press/
2019年4月 第四銀行(https://corp.moneyforward.com/news/release/service/20190408-mf-press/
2019年5月 中国銀行(https://corp.moneyforward.com/news/release/service/20190513-mf-press/
2019年10月 労働金庫(https://corp.moneyforward.com/news/release/20191010-mf-press/

株式会社マネーフォワードについて

名称  :株式会社マネーフォワード
所在地 :東京都港区芝浦 3-1-21 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21F
代表者 :代表取締役社長CEO 辻庸介
設立  :2012年5月
事業内容:PFMサービスおよびクラウドサービスの開発・提供
URL :https://corp.moneyforward.com/
主要サービス:
お金の見える化サービス『マネーフォワード ME』 https://moneyforward.com/
バックオフィスSaaS『マネーフォワード クラウド』 https://biz.moneyforward.com/
※記載されている会社名および商品・製品・サービス名は、各社の商標または各権利者の登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社マネーフォワード 
広報担当:稲増、石田 
E-mail:pr@moneyforward.co.jp

引用元:通帳アプリ『デジタル通帳』、紙の通帳を使わない口座に切り替えができる「無通帳申し込み機能」を提供|株式会社マネーフォワード

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


南青山グループ


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


太陽有限責任監査法人

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

税理士法人令和会計社


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー


英語コーチングのプログリット


会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


企業の持続的成長を支援するエスネットワークス


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. freee_サムネイル

    税理士登録ってどうやるの?会計士が税理士登録するまでのリアルな…

  2. 川口 達也氏_株式会社Loco Partners_経営管理部_部長/川勇商店_三代目/公認会計士

    【会計士の副業】日本酒×会計士で理想の働き方を実現する会計士が語…

  3. なんでPwCあらた有限責任監査法人を選んだの?:あらたの若手会計士…

  4. 【保存版】公認会計士の独立・開業に必要なものは?必須の準備物やお勧めツールまとめ_サムネイル

    【保存版】公認会計士の独立・開業に必要なものは?必須の準備物や…

  5. 税理士や会計士の仕事は明日クラウドやAIに淘汰されるわけではない…

  6. 会計事務所の業務効率を維持しながらクラウド対応を実現!「弥生会…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント