デジタル自動車レポート2019 現実を直視すべき時 -変革する市場における機会:PwCあらた監査法人【PR】

【PR:PwCあらた監査法人様】

PwCあらた監査法人

PwC Strategy&はこのたび、「デジタル自動車レポート」の日本語版を発表いたしました。

これは、Strategy&による第8回目の年次レポートで、米・欧・中市場を対象とした調査です。
定量的な市場予測に加え、関係者へのインタビューに基づく分析で構成しております。
現在自動車業界は、テクノロジーへの投資が膨大化し、従来型の事業モデルで得られる収益では賄いきれなくなっているという課題に直面しています。
レポートは、CASE時代に自動車メーカー、サプライヤーがとるべき方策について示す内容となっております。

主な調査結果は以下のとおりです。

  • 欧州での自動車保有台数は2025年に2億7300万台でピークを迎えた後で減少。中国では今後も増大し続け、米国でもより緩やかだが増大し続けると予測
  • 自動車本体にかかるコストは増加。電動パワートレインや自動運転機能の実装により、部品コストが2030年までに20~40%増大する見通し
  • 顧客の値頃感と業界の経済的リターンを両立させるためには、サブスクリプション(定額制)やライドヘイリング・ライドシェアリングといった代替的所有モデルと自動車メーカーにとっての新たな収益機会が必要。モビリティ市場は欧・米・中で2030年までに1.2兆ドルに達し、年20%以上の成長率で拡大すると予測
  • 自動車メーカーやサプライヤーが新たな事業モデルを探索する中で、プロフィットプールに大きな変化が生じる。自動車販売、部品、アフターサービスで構成される従来型の事業が自動車業界全体の利益に占める割合は現在の70%から2030年までに55%以下へと減少する一方、新興プレイヤーによる事業の占める割合は現在の5%から最大25%へ増加
  • その結果、自動車メーカーやサプライヤーは今後数十年にわたりテクノロジーコストを抑制するための懸命な努力が必要となり、例えば、ADAS(Advanced Driver Assistance Systems)=先進運転支援システムのコストを65~75%削減することが必要
  • 各技術の普及の将来予測は下記のとおり
    • コネクテッド:5G対応車両の販売は2030年までに欧・米・中で1600万台に達する見通し
    • 自動運転:2021年までに制限速度が時速50km未満の区域で自動運転レベル4の乗客運搬車が稼働するが、レベル4または5の高度自動運転車が路上で運転できるようになるのは2029年まで遅延する見通し
    • シェアリング:広域で利用可能で値頃な自動運転ロボタクシーサービスがあれば、欧州における消費者の47%が自家用車所有を止めてそちらに切り替えることを検討すると回答
    • 電動化:2030年までに中国における新車登録の46%は電気自動車となる見通し

詳細は『デジタル自動車レポート2019 現実を直視すべき時:変革する市場における機会』をご覧ください。

本レポートは、2013年から2016年まで『コネクテッドカーレポート』として発行していたものを、2017年から『デジタル自動車レポート』とタイトルを刷新し、発行しているものです。

Strategy&について

Strategy&は、他にはないポジションから、クライアントにとって最適な将来を実現するための支援を行う、グローバルな戦略コンサルティングチームです。そのポジションは他社にはない差別化の上に成り立っており、支援内容はクライアントのニーズに応じたテイラーメイドなものです。PwCの一員として、私たちは日々、成長の中核である、勝つための仕組みを提供しています。圧倒的な先見力と、具体性の高いノウハウ、テクノロジー、そしてグローバルな規模を融合させ、クライアントが、これまで以上に変革力に富み、即座に実行に移せる戦略を策定できるよう支援しています。

詳細はこちら

PwCコンサルティング合同会社

PwCコンサルティング合同会社は、経営戦略の策定から実行まで総合的なコンサルティングサービスを提供しています。PwCグローバルネットワークと連携しながら、クライアントが直面する複雑で困難な経営課題の解決に取り組み、グローバル市場で競争力を高めることを支援します。

詳細はこちら

PwCコンサルティング合同会社 ストラテジーコンサルティング(Strategy&)

広報担当 須田
Tel:03-6250-1209
Fax:03-6250-1201
Email: info.japan@strategyand.jp.pwc.com

引用元:デジタル自動車レポート2019 現実を直視すべき時:変革する市場における機会 | PwC’s Strategy&Japan

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


南青山グループ


あらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


青山綜合会計事務所


太陽有限責任監査法人

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

税理士法人令和会計社


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー


全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!


自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


企業の持続的成長を支援するエスネットワークス


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. 公認会計士 男女

    公認会計士の年収ってどれくらい?統計データから見る会計士の年収

  2. 四大監査法人を比較する_2019年10月版

    【最新・2019年10月版】四大監査法人の決算比較!BIG4の業績(売上…

  3. 公認会計士のリアル_4_山田一也氏_サムネイル

    26歳の公認会計士がベンチャーに飛び込んだ話(公認会計士のリアル …

  4. 会計士がスタートアップに飛び込んでみたらどうにかなるのか? 公認…

  5. 今年の公認会計士試験合格者は数年後のキャリアをどう考えればよい…

  6. 納富 隼平(トーマツベンチャーサポート株式会社 事業開発部)

    監査法人に何年いるべきとか、いつまでいるべきとか関係ない-スタ…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント