クラウド乗り換えを支援する「10億円軍資金キャンペーン」を開始:マネーフォワード【PR】

【PR:マネーフォワード様】

MF_マネーフォワード_クラウド_新ロゴ_new_記事トップ_クラウド会計ソフト・MFクラウド

「この国の働き方を、本気で変える10億円。」をスローガンに、中小企業のクラウド化促進を目指す

株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO: 辻庸介、以下「当社」)は、2019 年8月1日より、「10億円軍資金キャンペーン」(以下「本キャンペーン」)を開始いたします。

(写真:「クラウド会計推進部長」に就任した山本美月さんと当社代表取締役社長 CEOの辻)

本キャンペーンは、「この国の働き方を、本気で変える10億円。」というスローガンのもと、『マネーフォワード クラウド』を新規に契約する中小企業※1や会計事務所に対して、総額10億円を支給するものです。

2019年10月の消費税改正にともない、軽減税率制度が始まります。複数税率の処理はバックオフィス業務を複雑化するため、企業はシステムや運用の見直しを迫られています。また(1)ITを導入できる人材がいない、(2)導入効果がわからない、(3)コストが負担できないという理由※2から、クラウド導入に踏み切れていない企業がまだ多く存在しています。そのような企業を後押しし、企業の生産性向上、働き方改革を推進するため、当社は「10億円軍資金キャンペーン」を開始しました。
当社は、本キャンペーン通じて、中小企業の生産性向上や働き方変革を目指してまいります。

※1 本キャンペーンは、中小企業以外も対象です。
※2 出典:中小企業白書2016

社会背景

日本国内の企業421万社のうち99.7%を占める中小企業は、日本の柱とも言える存在です。一方で、近年急速に進行している少子高齢化により、生産年齢人口が減少し、中小企業では人手不足や事業承継などの課題が深刻化しています。こうした課題解決に向け、経済産業省が発表したFinTechビジョン※3では、中小企業のバックオフィス業務のクラウド化率の向上が政策指標として掲げられています。

※3 出典:経済産業省 FinTechビジョン
https://www.meti.go.jp/report/whitepaper/data/pdf/20170508001_2.pdf

「10億円軍資金キャンペーン」概要

キャンペーン期間:2019年8月1日(木)〜2019年12月31日(火)※4
支給総額:10億円※5
お申し込み方法:キャンペーンサイトのキャンペーン申し込みフォームよりお申し込みください
キャンペーンサイト:https://biz.moneyforward.com/campaign/one-billion/

※4 キャンペーン期間中であっても、支給額が10億円に達したと当社が判断した場合は、本キャンペーンを途中終了いたします。
※5 Amazonギフト券を含む総支給額です。

企業向け

対象:『マネーフォワード クラウド』を初めて利用する企業
支給額:5万円(Amazonギフト券)※6
適用条件:※11

  • キャンペーン期間中に「法人ビジネス年額プラン」(クレジットカード決済)に新規契約※7すること
  • クレジットカードの初回登録が、キャンペーン期間中であること
  • 2020年1月1日〜2020年4月30日の間に、『マネーフォワード クラウド会計』上で毎月10件以上の仕訳の登録があること
  • 2020年4月30日時点で「法人ビジネス年額プラン」を継続していること

会計事務所向け

対象:「マネーフォワード クラウド公認メンバー」で以下に該当する会計事務所
プラチナメンバー / ゴールドメンバー / シルバーメンバー ※8
特典:10万円※9 ※10
適用条件:※11

  • キャンペーン期間中に顧問先が「法人ビジネス年額プラン」(クレジットカード決済)に新規契約※7すること
  • 顧問先のクレジットカードの初回登録日がキャンペーン期間中であること
  • 顧問先が2020年1月1日〜2020年4月30日の間に、『マネーフォワード クラウド会計』上で毎月10件以上の仕訳の登録を行うこと
  • 顧問先が2020年4月30日時点で「法人ビジネス年額プラン」を継続していること
  • 「パートナー画面」に顧問先が紐づいていること

※6 キャンペーンにお申し込みいただいたメールアドレス宛に2020年7月中にご送付を予定しております。
※7 過去に『マネーフォワード クラウド』で有料登録(有料プロダクトキー・会計記帳代行プラン含む)をされたことがある企業はキャンペーンの対象外です。
※8 2019 年 1月改訂後の、ゴールドメンバー(年会費 24万円)・シルバーメンバー(年会費 12 万円)を指します。
(https://cpta.biz.moneyforward.com/about-member)
※9 上限顧問先数・支給上限について
プラチナメンバー 100 社まで(支給額上限 1,000万円)
ゴールドメンバー 50 社まで(支給額上限 500万円)
シルバーメンバー 10 社まで(支給額上限 100万円)
※10 士業の方が個人事業主の場合、外交員報酬に関する源泉所得税を控除した金額をお支払いします。
※11 適用条件を満たさない場合は、本キャンペーンの対象外となります。
※12 その他、キャンペーンの詳細についてはキャンペーンサイト等をご確認ください。

本キャンペーンに関するお問い合わせ窓口

マネーフォワード クラウド 10億円軍資金キャンペーン事務局
電話:050-5357-5084(平日10:30〜17:00)
メール:biz.campaign2019@moneyforward.com

株式会社マネーフォワードについて

名称  :株式会社マネーフォワード
所在地 :東京都港区芝浦 3-1-21 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21F
代表者 :代表取締役社長CEO 辻庸介
設立  :2012年5月
事業内容:PFMサービスおよびクラウドサービスの開発・提供
URL :https://corp.moneyforward.com/
主要サービス:
お金の見える化サービス『マネーフォワード ME』 https://moneyforward.com/
ビジネス向けクラウドサービス『マネーフォワード クラウドシリーズ』 https://biz.moneyforward.com/

本件に関するお問い合わせ先

株式会社マネーフォワード
広報担当:稲増、石田
E-mail:pr@moneyforward.co.jp

引用元:クラウド乗り換えを支援する「10億円軍資金キャンペーン」を開始|株式会社マネーフォワード

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


南青山アドバイザリーグループ


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ


令和アカウンティング・ホールディングス


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー

株式会社アイティーフィット_ロゴ


南富士有限責任監査法人グループ

会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. 公認会計士業界時事ニュース

    新日本が監査でAIを実用化、デロイト トーマツ グループが新拠点を…

  2. ベンチャーはいつIPOを目指すべきなのか!?インターワークスCFOがI…

  3. 東京共同会計事務所 公認会計士・原田昌平氏

    第1回:金融専門の公認会計士、ロンドンへ行く【連載:不動産金融の…

  4. 会計士3年目の転機、BIG4監査法人金融部からスタートアップの世界へ。エンジェル投資家の支援やベンチャーキャピタリストとしてキャリアを磨く。

    会計士3年目の転機、BIG4監査法人金融部からスタートアップの世界へ…

  5. 公認会計士ナビチャンネル【YouTube】_YouTubeサムネイル画像_公認会計士とIPO監査のキャリア

    なぜIPO専門なのか?ESネクスト監査法人に聞く:会計士とIPO監査の…

  6. わたなべたかえが聞いてきた_vol5_サムネイル

    会計士はもっとマルチに活躍できる!くわえもんが真面目に語った&#8…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント