みずほ銀行とマネーフォワードが『マネーフォワード for 〈みずほ〉』におけるデータ連携環境に AWSの導入を決定【PR】

【PR:マネーフォワード様】

クラウド会計ソフト・MFクラウド

株式会社みずほ銀行(頭取:藤原弘治、以下「みずほ銀行」)と株式会社マネーフォワード(代表取締役社長CEO: 辻庸介、以下「マネーフォワード」)は、『マネーフォワード for 〈みずほ〉』(*1)における家計に関するデータの受け渡し環境において、クラウドサービス「アマゾン ウェブ サービス(以下「AWS」)」導入を決定しました。AWS活用により、データ移送を安全に実施できるだけでなく、移送データを元にした高度な分析やお客さま向けにタイムリーな商品・サービスのご案内を行うことができる環境を構築していきます。

AWS活用の背景

 昨今、主要システム等をクラウドで実現する企業が増え続けており、金融業界においてもクラウド化は重要な戦略の一つです。みずほ銀行では、最新のセキュリティを確保した上で、必要に応じて情報基盤を柔軟に利用できるよう、クラウドサービスの利用を開始します。クラウド上で必要なシステム等を連携させ、各種FinTechサービス等との親和性を高め、お客さまにとってより魅力的な価値を創造できる効果が期待されます。

 そのような中、みずほ銀行とマネーフォワードは、『マネーフォワード for 〈みずほ〉』(*1)におけるデータ受け渡し環境において、クラウドサービスであるAWSの導入を決定しました。これによりマネーフォワードのサーバーに蓄積されている『マネーフォワード for 〈みずほ〉』の家計に関するデータを、インターネットに公開しない専用環境経由(プライベートAPI)で取り出すことが可能になります。

 みずほ銀行とマネーフォワードでは、お客さまに承諾いただいた家計に関するデータをAWS 上でより安全・迅速に連携し分析することで、今後タイムリーな商品・サービスのご案内等を実現するとともに、引き続きお客さまの中長期的な資産形成の実現をサポートしていきます。

(*1)『マネーフォワード for〈みずほ〉』について
サービス概要URL: https://www.mizuhobank.co.jp/retail/products/direct/cooperation/index.html
サービスURL :https://mizuho.x.moneyforward.com/

特 長:
  • メールアドレスと任意に設定したパスワードを登録することで、利用開始。
  • 金融関連サービスを連携(*2)することで、銀行や証券口座の入出金明細と残高の確認、クレジットカードや電子マネーの利用明細、ECサイトでのショッピング履歴等明細情報の一括管理が可能。
  • みずほ銀行口座、みずほ証券口座、みずほマイレージクラブクレジットカード等の〈みずほ〉関連サービスを連携(*2)することで、連携以降の入出金明細等の過去データを無期限で閲覧可能。
  • 銀行の入出金やクレジットカードの履歴をもとに、支出等の明細が食費や光熱費などのカテゴリに自動で分類され、家計簿が作成される。
  • 見やすいグラフで毎月の支出や資産の推移がわかり、家計管理・資産管理が簡単に実現。

(*2)金融関連サービスのサイトにログインする際に必要となる「ログインID、パスワード」等を『マネーフォワードfor〈みずほ〉』にお客さまが登録いただくと、その情報をもとにマネーフォワードのプログラムが自動で連携先サイトにログインすることで、ご登録いただいた各金融関連サービスの情報が取得できます。ログイン情報および反映された情報は、 マネーフォワードが金融機関と同水準のセキュリティ体制により管理・保管しています。

株式会社マネーフォワードについて

名称  :株式会社マネーフォワード
所在地 :東京都港区芝浦 3-1-21 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21F
代表者 :代表取締役社長CEO 辻庸介
設立  :2012年5月
事業内容:PFMサービスおよびクラウドサービスの開発・提供
URL  :https://corp.moneyforward.com/
主要サービス:
お金の見える化サービス『マネーフォワード ME』 https://moneyforward.com/
ビジネス向けクラウドサービス『マネーフォワード クラウドシリーズ』 https://biz.moneyforward.com/

<サービス名称変更について>
2018年11月27日より、当社サービスの名称を以下に変更いたしました。
(1)お金の見える化サービス
変更前:『マネーフォワード』
変更後:『マネーフォワード ME』
(2)ビジネス向けクラウドサービス
変更前:『MFクラウドシリーズ』
変更後:『マネーフォワード クラウドシリーズ』

*アマゾン ウェブ サービス、AWSは、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社マネーフォワード
広報担当:柏木、稲増、早川
E-mail:pr@moneyforward.co.jp

引用元:みずほ銀行とマネーフォワードが『マネーフォワード for 〈みずほ〉』におけるデータ連携環境に AWSの導入を決定|株式会社マネーフォワード

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


南青山グループ


あらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


青山綜合会計事務所


太陽有限責任監査法人

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

税理士法人令和会計社


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー


全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!


自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


企業の持続的成長を支援するエスネットワークス


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. 弥生会計 代表 岡本氏 クラウド請求書サービスMisoca 代表 豊吉氏 その1

    会計ソフトは消え、コマースソフトへと進化する!?会計士や税理士…

  2. 公認会計士のための企業再生勉強会 第一部

    【開催報告】 若手公認会計士のための企業再生勉強会

  3. 東京共同会計事務所FASパートナー編サムネイル

    会計士が最も成長できるFAS系ファームはどこか?外資系投資銀行の手…

  4. Bridge_thumbnail_1024_683

    設立5年半で伝統と格式あるオフィスへ!BridgeConsultingのオフィス…

  5. あずさ監査法人の業績ってどうなの?過去6年間の決算書を分析!

  6. 第9回 公認会計士ナビ on Live

    【開催報告】第9回 公認会計士ナビonLive!! が開催されました!

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援