freee が西日本シティ銀行と業務提携 freeeとして初めて、銀行のお客様向けプロダクトの提供を開始【PR】

【本記事はfreee株式会社様からのプレスリリースです】

freeeは、西日本シティ銀行との業務提携を開始し、freee として初めてとなる金融機関のお客様向けプロダクト「freee for 西日本シティ銀行」を2018年3月5日より提供開始します。この提携を通じ、福岡地域のスモールビジネス支援をより強化してまいります。

freee for ncb

福岡での創業支援・地域経済の活性化を目指した業務提携

中堅・中小企業や個人事業主の方にとって、金融機関は資金繰りをはじめとした経営課題を相談する重要なパートナーです。福岡市が21大都市のうちで開業率No.1(*)になるなど、福岡では開業率向上に向けた取り組みを強化しており、より金融機関における経営支援コンサルティングの重要性は高まっています。この度、freee は、より地域性を高め、お客様のニーズに沿った金融サービスを享受いただけるよう、西日本シティ銀行との業務提携を開始します。

これまで西日本シティ銀行では、「NCB創業応援サロン」を福岡、北九州の2拠点に設け、創業カウンセラーによる、創業時や創業後の課題に関するご相談や創業資金の調達支援等の創業者向けのサポートを行ってまいりました。今回の提携により、freee のサービスを通じた、バックオフィス自動化による生産性向上や、リアルタイムな経営データを活用した経営改善コンサルティングなど、より福岡地域の事業者ニーズに沿った経営サポートが可能となります。

(*)福岡アジア都市研究所「Fukuoka Growth July2016」、各都道府県労働局より

業務提携内容について

福岡の事業者に対し、創業当初からサポートを強化することで、ビジネスの成長による経済活性化、並びに新たな雇用機会の創出を目指し、西日本シティ銀行のお客さま向けに「freee for 西日本シティ銀行」(*)の提供を開始します。今後も両社の協業を強化し、さらなる連携施策を検討してまいります。

(*)「freee for 西日本シティ銀行」について

freee が提供する「クラウド会計ソフト freee」を西日本シティ銀行向けに一部カスタマイズしたOEM版です。

提供開始日:2018年3月5日
機能概要 :口座情報やクレジットカードの明細を登録するだけで、会計帳簿や各種レポートを自動で作成
主な機能 :①業務支援と記帳機能 ②決算・分析資料の作成機能 ③申告・届出
利用条件 :以下の①②をともに満たす方

  • ①個人事業主・法人の方
  • ②西日本シティ銀行のキャッシュカードを発行済の普通預金口座をお持ちの方
    ※ご利用には西日本シティ銀行インターネットバンキングの「西日本シティ銀行(ライトプラン)」へのご契約(ご利用手数料無料)が必要となります。

お申し込み方法:西日本シティ銀行の専用ページからのお申し込み
http://www.ncbank.co.jp/hojin/freee/

九州エリア専門の freee 導入支援コンサルチームを立ち上げ、サポートを強化

この度 freee は、西日本シティ銀行との提携に合わせ、増加する福岡のベンチャー企業ををはじめとした、九州エリアの成長企業を対象にした導入支援コンサルチームを九州支社でも立ち上げました。金融機関と連携しながら、九州エリアにおけるお客様サポートの強化、ならびにクラウド活用を促進し、地域経済の活性化に貢献してまいります。

九州エリア専門サポートお問い合わせはこちら
https://www.freee.co.jp/cloud-erp/

今回の提携に対するコメント

篠原公認会計士事務所 代表 篠原俊様

「クラウド会計ソフト freee」は、直感的な取引登録で仕訳が生成されるため、経理未経験者にとっても使いやすいシステムです。また、請求業務や経費精算などのワンパッケージ提供やAPIによる他社システムとの連携など、バックオフィスの画期的な効率化に強みを持つシステムであると実感しています。 この度の西日本シティ銀行様とfreee株式会社様との提携は、起業・創業を目指す事業者の強力な牽引役となり、ユーザー企業の発展に大きく寄与するものと期待しております。

アスモア税理士法人 代表 梅山聡様

今回のfreeeと西日本シティ銀行との業務提携は福岡地域経済の活性化を牽引する施策となるでしょう。 本施策はお客様の利便性を飛躍的に高める新しい取り組みであり、また融資、リース等資金調達手段の提供をfreeeを通して行える事は会計事務所としてもお客様への価値提供の幅が広がります。 我々の経営理念は、会計を通じて地域社会に貢献する事です。freee、銀行、会計事務所が一体となって地域経済を盛り上げていきたいと思います。

freee 株式会社について

「スモールビジネスに携わるすべての人が創造的な活動にフォーカスできるよう」をミッションに掲げ、人工知能(AI)技術を使った最先端の機能開発や金融機関との連携により、バックオフィス業務効率化のソリューションを提供しています。

<会社概要>
会社名  freee 株式会社(登記名:フリー株式会社)
代表者  代表取締役 佐々木大輔
設立   2012 年 7 月 9 日
資本金  96億603万円(資本準備金等含む)
所在地  東京都品川区西五反田2-8-1 ファーストビル9F

<提供サービス>
「クラウド会計ソフト freee」   https://www.freee.co.jp
「人事労務 freee」                      https://www.freee.co.jp/hr
「マイナンバー管理 freee」    https://www.freee.co.jp/my-number
「会社設立 freee」        https://www.freee.co.jp/launch/
「開業 freee」          https://www.freee.co.jp/kaigyou
「freee カード」         https://www.freee.co.jp/card
「経営ハッカー」            https://keiei.freee.co.jp/
「パラキャリ」                           https://parallelcareer.freee.co.jp/

引用元:freee が西日本シティ銀行と業務提携 freeeとして初めて、銀行のお客様向けプロダクトの提供を開始

公認会計士ナビの編集部です。公認会計士や監査法人業界の様々なニュースや情報をお届けしています。

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


Ohwa_banner_應和監査法人_agn INTERNATIONAL_バナー用


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ


令和アカウンティング・ホールディングス



【ゴールドスポンサー様】


南青山アドバイザリーグループ


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー

株式会社アイティーフィット_ロゴ


TKW M&Aファイナンス会計税務事務所_ロゴ


会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. 株式会社弥生_記帳代行支援サービス_様々な記帳ツールをとことん比較した結果、選んだのは弥生の記帳代行支援サービス_西山税理士事務所_西山優一郎氏_サムネイル_thumbnail

    様々な記帳ツールをとことん比較した結果、選んだのは弥生の記帳代…

  2. 弥生PAPカンファレンス2020秋_弥生_岡本浩一郎氏

    年末調整や電子インボイスなど「社会的システムのデジタル化」を弥…

  3. 全自動のクラウド型会計ソフト freee(フリー)の衝撃【シリーズ:…

  4. すかいらーくのIFRS上場はどう実現されたのか? ~すかいらーくのIP…

  5. 令和3年度公認会計士試験修了考査合格発表サムネイル

    合格率が大幅回復!令和3年度・修了考査合格発表に関する速報と考察

  6. CPAナビコミ_会計士あつまれ!CPAナビコミはじめます!参加受付中

    【告知】会計士集まれ!CPAナビコミ ~公認会計士によるサークル活…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント