PwCあらた、AWS利用における クラウド アドバイザリー&アシュアランスサービスを提供開始【PR】

【本記事はPwCあらた有限責任監査法人様からのプレスリリースです】

企業のクラウド利用のガバナンス向上と効果的な推進を実現

2017年12月1日
PwCあらた有限責任監査法人

PwCあらた有限責任監査法人(東京都千代田区、代表執行役:木村 浩一郎)は12月1日より、クラウドサービス「アマゾン ウェブ サービス」(以下:AWS)利用におけるクラウド アドバイザリー&アシュアランスサービスの提供を開始しました。

今日では企業規模や業種・業界を問わず、クラウド利用が拡大しており、特にデジタルビジネス分野での利用は加速度的に進み、基幹システムへの適用も拡がっています。当法人ではデジタル化を進めるにあたってのガバナンス・リスク・コンプライアンスといった課題への対応支援を、「Digital GRC」として統合的にサービス提供しています。企業のデジタル化において、AWS利用におけるサービスの提供が拡大していることを背景に、AWS利用におけるクラウド アドバイザリー&アシュアランスサービスを、Digital GRCの重要なコンポーネントとして立ち上げました。

本サービスでは、当法人がセキュリティやプロジェクトなどへのアドバイザリー業務と保証および監査業務で培った幅広い知見を生かし、AWSの主要なサービスを対象に支援を提供します。すでに多くのAWS利用における相談を受けていることから、2018年末までに20件以上のサービス提供を目指します。当法人は、企業のクラウド利用のガバナンス向上と効果的な推進、さらにはより良いデジタル社会の実現に貢献したいと考えています。

AWS利用におけるクラウド アドバイザリー&アシュアランスサービス

  • セキュリティ評価、セキュリティガイドラインの策定
  • TCO分析とクラウドロードマップの策定
  • 開発および運用標準の策定
  • プロジェクト評価
  • 第三者保証、監査
本発表にあたり、アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 パートナーアライアンス本部 本部長の今野 芳弘氏は以下のように述べています。

「アマゾン ウェブ サービス ジャパンは、PwCあらた有限責任監査法人に、AWS利用におけるクラウド アドバイザリー&アシュアランスサービスを提供いただくことを歓迎します。コンプライアンスやクラウドセキュリティはAWSの最優先事項であり、AWSのお客様は、セキュリティを最も重視する組織の要件を満たすよう構築されたサービスを利用できます。今回のサービスが、お客様のセキュリティ要件に対してAWSのセキュリティ機能を効果的に適用することを支援し、お客様におけるクラウド利用のガバナンス向上に寄与できることを期待しています」 

AWSの主要なサービス

コンピューティング

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)
Elastic Load Balancing
Auto Scaling

ネットワーク

Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC)
AWS Direct Connect
Amazon Route 53

ストレージ

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)
Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS)
Amazon Glacier

管理ツール

Amazon CloudWatch
AWS CloudTrail
AWS Config
AWS Trusted Advisor

データベース

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS)
Amazon Redshift
Amazon ElastiCache

セキュリティとアイデンティティ

AWS Identity and Access Management (IAM)
AWS Key Management Service (KMS)
AWS WAF
AWS Certificate Manager

 
  • ※アマゾン ウェブ サービスは、Amazon Web Services, Inc.が提供するクラウドコンピューティングサービスです。詳細は、https://aws.amazon.com/jp/に掲載されています。
  • ※アマゾン ウェブ サービス、AWSは、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
  • ※本リリースに記載されている内容は予告無く変更することがあります。
  • ※本リリースに記載されている製品名、会社名は各社の商標または登録商標です。

以上

PwCあらた有限責任監査法人について

PwCあらた有限責任監査法人は、卓越したプロフェッショナルサービスとしての監査を提供することをミッションとし、世界最大級の会計事務所であるPwCの手法と実務を、わが国の市場環境に適した形で提供しています。さらに、国際財務報告基準(IFRS)の導入、財務報告に係る内部統制、また株式公開に関する助言など、幅広い分野でクライアントを支援しています。

詳細を見る

会計士の転職なら!

公認会計士ナビ_公認会計士専門の転職エージェント

会計士の採用なら!

公認会計士ナビの人材紹介サービス

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサー様にサポート頂いております。

【プラチナスポンサー様】


南青山アドバイザリーグループ


PwCあらた監査法人


株式会社エッサム


弥生会計


リンクパートナーズ法律事務所


青山綜合会計事務所


管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ


令和アカウンティング・ホールディングス


ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷


企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ



【ゴールドスポンサー様】


公認会計士によるM&A・IPO支援はスタンドバイシー

株式会社アイティーフィット_ロゴ


会計事務所の強みになるクラウド会計freee


バックオフィスから経営を強くする「マネーフォワード クラウド」

東京共同会計事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ


海外進出支援のCaN International


→スポンサー企業一覧


→スポンサープラン詳細

スポンサー募集中!

公認会計士ナビのスポンサー募集

  1. 公認会計士業界時事ニュース

    新日本が監査でAIを実用化、デロイト トーマツ グループが新拠点を…

  2. 【開催報告】 若手公認会計士のための勉強会 第3回:IPO支援(株式…

  3. 弥生会計 代表 岡本氏 クラウド請求書サービスMisoca 代表 豊吉氏 その1

    会計ソフトは消え、コマースソフトへと進化する!?会計士や税理士…

  4. 四大監査法人の決算比較!業績(売上・利益)、クライアント数、人…

  5. 公認会計士ナビチャンネル【YouTube】_YouTubeサムネイル画像_監査経験はスタートアップで活きる?ふたりの若手会計士がスタートアップへの転職を語る:監査法人からスタートアップへの転職

    監査経験はスタートアップで活きる?ふたりの若手会計士がスタート…

  6. 弥生会計×クラウド請求書サービスMisoca

    会計ソフト最大手がスタートアップ買収を決断した理由:弥生がMisoc…

会計士の独立に!PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

公認会計士ナビの転職エージェント