PwC Japanグループ、エクスペリエンスセンターを大手町に開設【PR】

  • 2017/11/24

【本記事はPwCあらた有限責任監査法人様からのプレスリリースです】

「人材」「環境」「ソリューション」のエコシステムにより、未来のエクスペリエンスを共創

2017年11月22日
PwC Japanグループ

PwC Japanグループ(グループ代表:木村 浩一郎)は11月22日、東京・大手町にエクスペリエンスセンターを開設しました。企業や社会が抱える課題の解決に向け、デジタル領域で新たなイノベーションを共創する拠点として始動します。

エクスペリエンスセンターは、BXT(Business=ビジネス、Experience=エクスペリエンス、Technology=テクノロジー)のコンセプトを核に、カスタマーエクスペリエンスの分析に基づいて企業のビジネスを再構築し、デジタルテクノロジーによるイノベーションを創出することを目的としています。PwCのデジタルサービスに所属するデザインやデジタルテクノロジーを専門とする「人材」、大企業からスタートアップまで規模や業界の垣根を越えて協働するオープンでフレキシブルな「環境」、斬新なアイデアや専門知識により課題を解決する「ソリューション」で構成されたエコシステムです。

PwCは、フロリダ、フランクフルト、上海など30を超える都市でエクスペリエンスセンターを展開しており、3,000名を超える専門コンサルタントが、グローバルに連携しながらサービスを提供しています。すでに医療、保険、エネルギー、製造など幅広い業界において、デジタル領域でのイノベーション創出を支援した実績を有します。

PwC JapanグループのデジタルサービスをリードするPwCコンサルティング合同会社 パートナーの松永エリック・匡史(まさのぶ)は以下のとおりコメントしています。

「PwCが考えるデジタルとは、単にテクノロジーを意味するのではありません。デジタルとは、新しいクリエイティブな問題解決であり、ユニークな顧客視点に立ったカスタマーエクスペリエンスの構築であり、企業や社会のイノベーションを加速することを意味するのです。デジタルとは、デジタル時代におけるビジネスのあり方を再構築することであり、エクスペリエンスセンターはデジタル時代のイノベーションを実現するためのエコシステムとなるでしょう」

PwC Japanグループは、新たに開設したエクスペリエンスセンターにて、ブランドマーケティング戦略策定、カスタマーエクスペリエンスのデザイン、デジタルサービスやプロダクトのラピッドプロトタイピング、カタリストによるワークショップなどのサービスを提供します。クリエイティブエージェンシーが得意とする創造性と、コンサルティングファームが担う複雑な課題解決スキルの両輪を兼ね備え、顧客企業のデジタル領域におけるイノベーションをよりスピーディに実現することを目指します。

PwC Japanグループは、監査・コンサルティング・税務などのサービスで培った業界への知見と実績に、エクスペリエンスセンターを通じて提供するデジタル領域でのケイパビリティを加え、企業や社会における課題の解決と、イノベーションの創出を支援します。

エクスペリエンスセンターのサービス概要は以下のとおりです。

名称

エクスペリエンスセンター

所在地

〒100‐0004 東京都千代田区大手町1‐1‐3大手センタービル1F

延床面積

776.95平方メートル(235.03 坪)

サービス内容

  • カスタマーの心理・行動・ニーズの調査・分析
  • コンセプトとアイデアのビジュアル化
  • オフライン・オンライン両方におけるカスタマーエクスペリエンスのデザイン
  • ブランドマーケティング戦略立案
  • E‐コマースなどのデジタル戦略立案
  • プロダクト、サービスプロトタイプの開発
  • カタリストによるワークショップ など

サービス対象

デジタル領域におけるイノベーションに取り組む企業、組織

 

施設イメージ

イノベーション創造の場「サンドボックス」イノベーション創造の場「サンドボックス」
 
可動式のフレキシブルな作業空間可動式のフレキシブルな作業空間
 
開放的なオフィススペース開放的なオフィススペース
 
クリエイティブワーカーのための作業エリアクリエイティブワーカーのための作業エリア
 

以上 

PwCについて

PwCは、社会における信頼を築き、重要な課題を解決することをPurpose(存在意義)としています。私たちは、世界158カ国に及ぶグローバルネットワークに236,000人以上のスタッフを有し、高品質な監査、税務、アドバイザリーサービスを提供しています。詳細はwww.pwc.com をご覧ください。

詳細を見る

PwC Japanグループについて

PwC Japanグループは、日本におけるPwCグローバルネットワークのメンバーファームおよびそれらの関連会社の総称です。各法人は独立した別法人として事業を行っています。

複雑化・多様化する企業の経営課題に対し、PwC Japanグループでは、監査およびアシュアランス、コンサルティング、ディールアドバイザリー、税務、そして法務における卓越した専門性を結集し、それらを有機的に協働させる体制を整えています。また、公認会計士、税理士、弁護士、その他専門スタッフ約6,300人を擁するプロフェッショナル・サービス・ネットワークとして、クライアントニーズにより的確に対応したサービスの提供に努めています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公認会計士ナビが転職をサポート!

公認会計士のための転職エージェント

過去の注目記事

  1. Freee_AI月次監査サムネイル
    去る2018年5月21日、freeeがAI月次監査という機能をリリースしました。 これは従来よ…
  2. Kepple会計事務所 代表・公認会計士・税理士・行政書士・神先 孝裕
    来る2018年1月27日(土)に東京・日本橋にて「公認会計士が活躍できるのは事業会社かコンサルか!?…
  3. 日本経営心理士協会セミナー開催のご案内2018年5・6月
    次々と優秀な人材を育て、業績を伸ばす経営者たちはどのように人を育てているのかを心理学…
  4. 公認会計士ナビでは先日よりPwCあらた監査法人様にご協力を頂き「保険業界向けアドバイザリー」のキャリ…
  5. このコーナーでは、“くわえもん”こと高桑昌也氏が、厳しく、優しく、ユーモラスに公認会計士のみなさ…
  6. 監査法人が処分を受けた理由は?TOP・サムネイル画像
    最近、金融庁の監査法人に対する行政処分が厳しくなっているような気がしませんか?金融庁対応に時間を…

更新情報

公認会計士ナビの更新情報は下記よりご購読頂けます。

follow us in feedly

公認会計士ナビをフォロー
公認会計士ナビ RSS

公式サービス

公認会計士のための転職エージェント

公認会計士ナビの人材紹介サービス

公認会計士ナビのスポンサー募集

会計事務所求人名鑑

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサーにサポート頂いております。

[プラチナスポンサー様]

あらた監査法人

株式会社エッサム

弥生会計

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

青山綜合会計事務所

太陽有限責任監査法人

税理士法人平成会計社

ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷

企業の経営支援コンサルティングは山田コンサルティンググループ

[ゴールドスポンサー様]

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

グローウィン・パートナーズ株式会社

クラウドERPのビーブレイクシステムズ

企業の持続的成長を支援するエスネットワークス

海外進出支援のCaN International

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

レアジョブ英会話・本気塾

→スポンサー企業一覧

→スポンサープラン詳細

会計士の独立に!:PR

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■クラウド・Eラーニング

会計士の税務スキル習得にクラウド・Eラーニング

■JCBの法人・事業者カード

会計士の独立にJCB法人カード

ページ上部へ戻る