クラウド会計ソフト freee が 10 億円の追加増資を実施。2015 年調達額が累積 45 億円に【PR】

  • 2015/12/28

【本記事はfreee株式会社様からのプレスリリースです】

2015 年 12 月 28 日、「クラウド会計ソフト freee 」「クラウド給与計算ソフト freee 」を運営する freee 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:佐々木大輔)は、SBIホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:北尾 吉孝)の子会社のSBIインベストメント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:川島 克哉、以下「SBIインベストメント」)が運用・管理を行う「 FinTech ファンド」を中心とする複数のファンドを引受先とし、10 億円の第三者割当増資を実施したことを発表致します。8 月に実施した増資を含めると、2015 年の累計調達額は 45 億円となり、freee 調べで未上場の IT 企業においては今年最大です。今回の資金調達で freee は、事業領域を広め推進していくべく、人材の拡充を行います。

freee の概要

「スモールビジネスに携わるみんなが創造的な活動にフォーカスできるよう」をミッションに掲げ、2013 年 3 月より中小企業・個人事業主のための「クラウド会計ソフト freee」、2014年5月より「クラウド給与計算ソフト freee」、2015年6月より「会社設立 freee」などのサービスを運営しています。クラウド会計ソフト freee はサービス開始から既に 40 万を超える有効事業所(※1)にご利用いただき、クラウド会計ソフトシェア No.1 に選ばれています。(※2)

(※1)「クラウド会計ソフト freee」を実際に利用した事業所数。freee の他サービス(クラウド給与計算ソフト freee等)を利用しているが、クラウド会計ソフト freee の利用実績のないアカウントは除く。

(※2)2015年8月シード・プランニング社「第二回 クラウド型会計ソフトの利用動向調査」より

背景:金融機関や会計事務所とのパートナー戦略の推進及びそれに伴うプロダクト開発

freee は戦略的にパートナーシップを拡充し連携することで事業領域を広めています。2015年12月には「クラウド会計ソフト freee」を導入している会計事務所の数が 2,000 事務所を突破、また三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行などをはじめとする 11 の金融機関との連携も開始しました。引き続き、このようなパートナーシップ拡充を含めた革新的なサービス開発とプロダクト開発を進めるべく、さらに人材採用を進めていきます。

2016 年はマイナンバー制度の本格化や、電子帳簿保存法改正により領収書や請求書のスキャナ保存が可能になるなど、ビジネスの業務プロセスにも大きな変化が生じる年となります。 freee はこれらの動きに合わせたベストなサービス提供をしていきます。 

「 FinTech ビジネスイノベーション投資事業有限責任組合」( SBIインベストメントからのコメントより)

同ファンドはITを活用した革新的な金融サービスである FinTech 領域の有望なベンチャー企業への投資を目的としSBIインベストメントが2015年12月に新たに設立したファンドとなります。同ファンドは出資者(主に金融機関や FinTech に関連する事業会社)と投資先企業とのオープンイノベーションを支援し、投資先企業のバリューアップを行うと共に、出資者による FinTech の導入・活用を推進してまいります。
なおこの度の freee 社への出資は同ファンドの第1号投資案件となります。 

”freee 株式会社”について

ミッションは「スモールビジネスに携わるすべての人が創造的な活動にフォーカスできるよう」。小さなビジネスにたずさわる誰もが、新しいテクノロジーやソリューションを導入することで、本当にやりたい創造的な活動にフォーカスできる、そして大企業よりも強くてかっこよくなれる、そんなワクワクする世の中を目指している会社。

会社名  freee 株式会社(登記名:フリー株式会社)
代表者  代表取締役 佐々木大輔
設立   2012 年 7 月 9 日
資本金  62 億 5619 万円(資本準備金含む)
所在地  東京都品川区西五反田 2-8-1 五反田ファーストビル

【提供サービス一覧】
「クラウド会計ソフト freee」  https://www.freee.co.jp
「クラウド給与計算ソフト freee」https://www.freee.co.jp/payroll
「マイナンバー管理 freee」https://www.freee.co.jp/my-number
「会社設立 freee」https://www.freee.co.jp/launch/
「経営ハッカー」http://keiei.freee.co.jp/

引用元:クラウド会計ソフト freee が 10 億円の追加増資を実施。2015 年調達額が累積 45 億円に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公認会計士ナビが転職をサポート!

公認会計士のための転職エージェント

過去の注目記事

  1. 公認会計士試験 合格者数
    去る、平成24年11月12日(月)、平成24年公認会計士試験の合格者が発表されました。 今年度…
  2. 会計士・渡邉孝江が聞いてきた!Vol.1
    みなさん、こんにちは。渡邉孝江です。公認会計士です。先日、「大手監査法人を2年半で辞めてスタートアッ…
  3.   独立を目指す公認会計士や既に開業している公認会計士にとっては、税務の報酬相場は気になるところで…
  4. いつも公認会計士ナビをご覧頂きありがとうございます。公認会計士ナビ運営事務局です。 この度、こ…
  5. 公認会計士の多くが所属し、会計士試験合格者の大半の就職先にもなるBIG4と呼ばれる4大監査法人(…
  6. 平成28年公認会計士試験合格者・大原簿記専門学校
    本日、平成28年11月11日(金)、平成28年公認会計士試験の合格者が発表されました。 合格者…

更新情報

公認会計士ナビの更新情報は下記よりご購読頂けます。

follow us in feedly

公認会計士ナビをフォロー
公認会計士ナビ RSS

公式サービス

公認会計士のための転職エージェント

公認会計士ナビの人材紹介サービス

公認会計士ナビのスポンサー募集

会計事務所求人名鑑

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサーにサポート頂いております。

あらた監査法人

株式会社エッサム

弥生会計

税理士法人平成会計社

ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷

企業の経営支援コンサルティングは山田ビジネスコンサルティング

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

企業の持続的成長を支援するエスネットワークス

海外進出支援のCaN International

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

無料で使える請求書・見積書管理サービスmisoca

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

→スポンサー企業一覧

→スポンサープラン詳細

PR:会計士の独立に!

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■JCBの法人・事業者カード

会計士の独立にJCB法人カード

ページ上部へ戻る