「クラウド会計ソフト freee」がオンラインストレージサービス 「Dropbox」と連携。今後は領収書保存要件の規制緩和に対応予定で、書類の完全電子化を推進【PR】

  • 2015/9/3

【本記事はfreee株式会社様からのプレスリリースです】

クラウド会計ソフトfreee(フリー)は、クラウド会計ソフトシェア No.1 (※)の個人事業主・中小企業のための会計ソフトです。銀行口座やクレジットカードの明細を自動で取り込み、記帳を自動化。簿記の知識がなくても簡単にご利用いただけます。

2015 年 9 月 3 日、クラウド会計ソフト freee はオンラインストレージサービス「Dropbox」とのデータ連携を開始致しました。この度の連携により、「Dropbox」の所定のフォルダに保存した画像が自動的に freee の証憑管理機能「ファイルボックス」にアップロードされるようになります。

dropbox

領収書や請求書などの証憑を電子データ化し Dropbox で管理すると、Dropbox に画像をアップロードするだけで、画像が自動的にクラウド会計ソフト freee に取り込まれます。freee へ画像を再度アップロードする必要がなくなり、更に大量の画像のアップロードも簡単に行えますので、記帳や帳票の管理にかける手間を大幅に削減できます。

今回のDropboxとの連携に関しまして、Dropbox Japan株式会社 代表取締役社長 河村浩明様よりコメントをいただいております。
 
Dropbox Japan は、個人事業主・中小企業のためのクラウド会計ソフト freee と Dropbox の機能が連携されたことを歓迎します。Dropboxは、重要なファイルや情報を効率的に保存・活用するサービスで、効率的な会計管理をサポートするfreeeとの親和性や相性も抜群です。Dropbox Japan は、今後も freee とのパートナーシップを図りスモールビジネスの紙帳票管理の自動化や効率性を高めるソリューションの提供を支援します。

Dropbox Japan株式会社
代表取締役社長 河村 浩明

freee は領収書保存要件の緩和にいち早く対応

2016 年 1 月から始まる「電子帳簿保存法」の領収書・レシート等のスキャナ保存の規制緩和を受け、クラウド会計ソフト freee の「ファイルボックス」は年内に新要件に対応予定です。
タイムスタンプ付与等のスキャナ保存要件に対応するのに加え、申請に必要な各種書類をカンタンに作成できる機能も提供予定です。本機能の提供を通して、freee はスモールビジネスの負担になっている紙帳票の管理を徹底的に電子化していきます。

電子帳簿保存法の規制緩和とは

2016年1月より電子帳簿保存法のスキャナ保存要件が緩和され、一定の要件を満たせば全ての書類を「スキャンしてデータ化→電子保存→原本廃棄」の流れで管理することが可能になります。この緩和条件を適応するには国税庁へ事前に申請が必要となります。事前申請の開始が 2015 年 9 月 30 日、その後新要件での保存が可能になるのは、最短で 2016 年 1 月 1 日となります。

電子帳簿保存法改正freee の「ファイルボックス」について

クラウド会計ソフト freeeの「ファイルボックス」には、領収書や請求書など日々のお金の流れに関連のある帳票を撮影もしくはスキャンしてアップロードすることが可能です。「ファイルボックス」にアップロードされた画像を freee が自動で解析し、日付や金額・勘定科目を予測して記帳の手間を大幅に削減する機能です。
「ファイルボックス」上の画像は取引と関連づけられるため、証憑の管理・検索も簡単に行うことが出来ます。

クラウド会計ソフトfreee – ファイルボックス from freee株式会社
 

Dropbox について

Dropbox のミッションは、重要な情報を保存するための場所と活用できる機能をユーザーに提供することです。多くのユーザーが自宅や職場でファイルに簡単にアクセスして共有や共同作業を行い、生産性向上につながる Dropbox サービスを活用しています。
詳細については、https://www.dropbox.com/about をご覧ください。

freee では「バックオフィス最適化」「クラウド完結型社会」につながる機能開発に今後も注力し、「スモールビジネスに携わるみんながより創造的な活動にフォーカスできるように」というミッションの実現を目指します。

(※)2015年8月シード・プランニング社「クラウド型会計ソフトの利用動向調査」より

会社概要

  • 会社名  freee 株式会社(登記名:フリー株式会社)
  • 代表者  代表取締役 佐々木大輔
  • 設立   2012 年 7 月 9 日
  • 資本金  52億5619万円(資本準備金含む)
  • 所在地  東京都品川区西五反田1-18-9 五反田NTビル7F

メディア

本件に関するお問い合わせ

引用元:「クラウド会計ソフト freee」がオンラインストレージサービス 「Dropbox」と連携。今後は領収書保存要件の規制緩和に対応予定で、 書類の完全電子化を推進。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公認会計士ナビが転職をサポート!

公認会計士のための転職エージェント

過去の注目記事

  1. 来る7月5日(土)に「独立・開業」「海外・グローバル!」をテーマにした第2回・公認会計士ナビonLi…
  2. サイバーダインでは、USGAAPやIFRS関連の会計や開示業務に取り組んで頂ける公認会計士や経理経験…
  3. 公認会計士試験 合格者数
    去る、平成24年11月12日(月)、平成24年公認会計士試験の合格者が発表されました。 今年度…
  4. 様々な公認会計士にスポットライトを当てるシリーズ企画 公認会計士のリアル。 日本経済が成熟し、公認…
  5. 2014年もいよいよ終わりとうことで、個人事業者の方や12月決算の法人の方々は年が明けると今年1…
  6. 来る2015年8月29日(土)に第4回・公認会計士ナビonLive!!が開催されます。本記事では第4…

更新情報

公認会計士ナビの更新情報は下記よりご購読頂けます。

follow us in feedly

公認会計士ナビをフォロー
公認会計士ナビ RSS

公式サービス

公認会計士のための求人情報

公認会計士のための求人情報

公認会計士ナビ・スポンサー募集のご案内

会計事務所求人名鑑

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサーにサポート頂いております。

あらた監査法人

株式会社エッサム

弥生会計

税理士法人平成会計社

ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷

企業の経営支援コンサルティングは山田ビジネスコンサルティング

IPO・J-SOX・M&Aコンサルの汐留パートナーズ

東京共同会計事務所

企業の持続的成長を支援するエスネットワークス

海外進出支援のCaN International

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

無料で使える請求書・見積書管理サービスmisoca

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

MacでもWindowsでも使える中小企業向け会計クラウド

オンライン英会話ベストティーチャー

→スポンサー企業一覧

→スポンサープラン詳細

PR:会計士の独立に!

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■JCBの法人・事業者カード

会計士の独立にJCB法人カード

ページ上部へ戻る