Gunosyとマネーフォワードが業務提携 新サービス「Gunosy Platform」の第一弾提携パートナーとして参画【PR】

  • 2014/11/12

【本記事は株式会社マネーフォワード様からのプレスリリースです】

お金のプラットフォームを提供する株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO 辻庸介、以下当社)は、株式会社 Gunosy(本社:東京都港区、代表取締役 CEO:福島良典 以下 Gunosy)と業務提携し、Gunosyの新サービス 「Gunosy Platform」に第一弾提携パートナーとして参画し、「マネーフォワードチャンネル」を通じて、自動家計簿・資産管理サービスを提供することが決定いたしました。本サービス開始は、12月以降となる予定です。

情報キュレーションアプリ「グノシー」上に新設される「マネーフォワードチャンネル」を通じて、主に銀行預金の残高情報・入出金情報を一元管理できるサービスを提供いたします。はじめに金融機関の口座情報を登録するだけで、入出金明細や保有資産の情報が毎日自動的にアップデートされますので、ユーザーは最新の支出や保有資産状況を「グノシー」上で気軽に確認できるようになります。累計700万ダウンロードを超える、日本最大級の情報キュレーションアプリ「グノシー」と、170万以上のユーザーを誇る日本最大級の家計・資産管理サービス「マネーフォワード」が提携することで、ユーザーに新たな付加価値を提供してまいります。

「マネーフォワード チャンネル(仮称)」の概要

以下のサービスを提供予定です。本サービス開始後、ユーザーの利用状況を踏まえて随時機能拡充いたします。

<主な提供予定機能>

1.銀行口座の残高、入出金明細の確認

はじめに金融機関の口座情報を登録することで、「グノシー」上で手軽に銀行残高や入出金明細を確認することができます。ビジネスマンの給料日前後の残高状況確認など、便利にご利用いただけます。

2.残高や入出金に関するプッシュ通知機能

ユーザーがあらかじめ選択したタイミングで残高情報をプッシュ通知でお知らせします。ユーザー自身が定期的にご自身の資産情報を把握できるようにし、お金の動きの見える化をサポートします。

3.お金に関する役立つ情報マガジン「マネトク」の配信

お金に関する様々なトクする情報、家計・資産管理に役立つ情報等を定期的にお知らせします。

マネーフォワードAPIについて

本サービスは、マネーフォワードAPIを通じて提供されるサービスです。本APIをご利用いただくことで、ユーザー自身が許可すれば、外部パートナーが提供するサービス上で、マネーフォワードの家計・資産データを活用した様々なサービスを利用できるようになります。当社は、「個人のお金に関する課題を解決する」というビジョンを共有できる様々なパートナーと連携し、ユーザーの課題解決に役立つサービスの提供してまいります。なお、API提供は、マネーフォワードの提携パートナーに限定されます。
API提携に関するお問い合わせは、メールアドレス:api.partner@moneyforward.comまでご連絡ください。

URL:https://github.com/moneyforward/api-doc (※APIの仕様についてウェブサイトにて公開)

提供予定のサービスイメージ(マネーフォワードAPIを通じて、自動家計簿・資産管理サービスを提供)

※まずは、銀行口座を対象としたサービスからご提供開始予定です。

pdf

提供予定の画面イメージ

「グノシー」Topページ

pdf

チャンネル一覧ページ

pdf

チャンネルTop

pdf

株式会社Gunosyについて

Gunosyは、累計700万ダウンロードを超える情報キュレーションアプリ「グノシー」を提供しています。Web上から、現在話題になっている情報を取得・配信する「カテゴリニュース」や、ユーザーの興味関心を分析し、最適な情報を個別に編集・配信する「マイニュース」、100以上のメディアがパートナーとして参加する「チャンネル」といった機能を備えています。「チャンネル」では、興味や関心のあるチャンネルをフォローすることで、様々なコンテンツを楽しむことができます。
「Gunosy Platform」についてはこちら:http://gunosy.co.jp/news/19

株式会社マネーフォワードについて

マネーフォワードは、個人・法人向けにお金に関する課題を解決するプラットフォームを提供しています。2012年5月の設立以来、自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」やビジネス向けクラウドサービス「MFクラウド」シリーズ、お金に関するウェブメディアなどを展開しています。

≪提供サービス一覧≫
・自動家計簿・資産管理サービス『マネーフォワード』 https://moneyforward.com/
・クラウド型会計ソフト『MFクラウド会計』https://biz.moneyforward.com/
・クラウド型確定申告ソフト『MFクラウド確定申告』https://biz.moneyforward.com/tax_return/
・クラウド型請求書一括管理サービス『MFクラウド請求書』https:/invoice.moneyforward.com/
・お金に関する正しい知識やお得な情報を発信するウェブメディア『マネトク!』 http://manetoku.com/ 

引用元:Gunosyとマネーフォワードが業務提携 新サービス「Gunosy Platform」の第一弾提携パートナーとして参画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公認会計士ナビが転職をサポート!

公認会計士のための転職エージェント

過去の注目記事

  1. 2016年8月20日(土)に東京・日本橋にて公認会計士と「FAS・コンサルティング」「ベンチャー・ス…
  2. 公認会計士はどのように英語力を高めているのか? PwC出身の宮地俊充氏が起ち上げたオンライン英会話…
  3. 来る2015年3月21日(土)に第3回・公認会計士ナビonLive!!(テーマ:ベンチャーキャピ…
  4. 独立・開業は公認会計士の多くが憧れる夢のある選択肢です。一方で、実際に独立するとなると、資金やオフィ…
  5. 来る2016年2月20日(土)に第5回・公認会計士ナビonLive!!in大阪が開催されます。 本…
  6. 四大監査法人を比較する【2017年10月版】トップ画像
    BIG4監査法人(四大監査法人)の業績を2017年10月版としてまとめました。 今回、2017…

更新情報

公認会計士ナビの更新情報は下記よりご購読頂けます。

follow us in feedly

公認会計士ナビをフォロー
公認会計士ナビ RSS

公式サービス

公認会計士のための転職エージェント

公認会計士ナビの人材紹介サービス

公認会計士ナビのスポンサー募集

会計事務所求人名鑑

スポンサー企業

公認会計士ナビは以下の企業様をはじめとするスポンサーにサポート頂いております。

あらた監査法人

株式会社エッサム

弥生会計

税理士法人平成会計社

ディスクロージャーのパイオニア 宝印刷

企業の経営支援コンサルティングは山田ビジネスコンサルティング

東京共同会計事務所

リンクパートナーズ法律事務所

企業の持続的成長を支援するエスネットワークス

海外進出支援のCaN International

管理部門支援のプロフェッショナル集団・Bridgeグループ

無料で使える請求書・見積書管理サービスmisoca

全自動の会計クラウドフリー お申し込みはこちら!

自動型クラウド会計ソフト MFクラウド

レアジョブ英会話・本気塾

→スポンサー企業一覧

→スポンサープラン詳細

PR:会計士の独立に!

■税理士開業塾

税理士会業塾:公認会計士の独立支援

■JCBの法人・事業者カード

会計士の独立にJCB法人カード

ページ上部へ戻る